戻る


  月の星座と病気の関係 


 太陽が一年かけて12星座を一めぐりするのに対し、月は約1ヶ月で一めぐりします。
 ですから
月は毎月一つの星座に2〜3日滞在しています。
 各星座には、それぞれ身体の対応部位があり、その星座に月が滞在している期間は
 その身体の部位に何らかの影響があると考えられています。



しし座の特徴(月の癒しより)

星座 シンボル 支配している身体部位
主な病気
属性 器官組織 栄養素 欠けていく月 満ちていく月
しし座 血液・心臓
心臓や血液循環の病気
感覚器官 たんぱく質 8月〜2月 2月〜8月




頭・目・鼻 ●支配する身体の部位の手術を行ってはいけない。
●支配する身体の部位に
負担をかけることはよくない。
●支配する身体の部位の
手当てやケアは普段の日の倍の効果がある。

●解毒や洗浄といった『放出的治療』は、欠けていく月の期間に行うのがよい。
●補強や強化といった『吸収的手当て』は、満ちていく月の期間に行うのがよい


●しし座の日には、血液の循環が活発になる。

●背中が痛み、心臓の動きが多少おかしくなる事もある。

●時々、動悸がする。



心臓のトラブル ●心臓の悪い人は、前のかに座から動悸がしたり息切れがしたりすることがある。



高血圧 ●嗜好品の取りすぎに注意。(コーヒー アルコール ニコチン 甘いもの)
●果物の星座である、おひつじ座 しし座 いて座の日に漬け込んだ果物を食すとよい。
●夜寝るときの頭の向きは、北向きか西向きにする。
●近くに河があるのなら、川の流れを横切るように寝る。
(流れと同じ向きだと疲労感を感じ、流れに逆らうと頭が重くなる)




低血圧 ●新陳代謝を促す事が大切。
●朝の体操。
●15時から19時の間に水分をたっぷりとる。
●こってりした食事をやめる。運動をする。



痛風 ●欠けて行く時の2週間、1日2回、規則的に15時から19時の間にイラクサ茶を飲むとよい。
●電磁波などを除去する。











戻る