漢方薬  吉祥寺森岡眼科 漢方

杏林春

漢方眼科

中医眼科トップ四季の養生トピックス先生紹介漢方相談表吉祥寺森岡眼科

中医眼科

中医学

四季の養生

メール漢方相談

漢方相談表

病気 漢方治療と症例
中医師がお答えします

 吉祥寺森岡眼科内併設

 TEL: 0422-20-65411

健康な体を作るためには、季節の移り変わりに逆らえないように・・・ 四季の養生
中医眼科-目の病気・眼底病
緑内障 ぶどう膜 網膜黄斑変性 眼精疲労
目と五臓

古代中国から、目と五臓六腑の関連があると分かっています、目の病気はオーダメイド漢方薬治療で、優れた効果ができ、たくさん喜びの声があげました。
中医眼科の起源は紀元前400年の「黄帝内経」に遡ります。1000年を渡って、 著しく発展して来た、紀元900年頃の「太平聖恵惠方」に、眼科専門篇があり、60種類の眼病、500種類の処方が記載されていました。     漢方眼科

眼網膜新生血管 - 眼底出血
網膜新生血管 新生血管出血

滲出型加齢黄斑変性や、強度近視、網膜色素線条症などの病気は脈絡膜新生血管による眼底出血があります。
脈絡膜から新生血管という病的な血管が網膜に入り込んで増殖してしまう病態です。
一般の治療には、血管内皮増殖因子(VEGF)を阻害する抗体を眼内に注入する方法があります。

漢方薬は、新生血管の増殖出血治療に優れていて、抗腫瘍作用もあります。
また、中国漢方治療は、「弁証論治」で、お体内部や体質から新生血管ができた原因を調べます。
原因には、気滞、欝血、痰凝、毒聚などがあげられます。

漢方治療を通して、視力が上がって、OCTなどの検査で新生血管がよく消失できました。
その後、新生血管の再発もよくコントロールできます。

唐の時代名医・薬王孫思ばく
古代臨床医学名著(著者孫思ばく)

Copyright (C) 2010 kyourinsyun All Rights Reserved