ラボってなあに?

                                            

なぜ「ラボパーティ」って呼ぶの?

登山では、力を合わせて行動を共にするグループのことを「パーティ」と呼びます。

ラボでは

【日本語・英語を中心とした世界のことばを使って、表現しよう!交流しよう!地球のみんなと仲良くなろう!】

という、同じ目的を持つグループ・仲間という意味で、教室やクラスを「パーティ」と呼んでいます。

                                             

「テューター」って何をする人?

ラボには「テューター」がいます。テューターとは、「教える人」ではなく、子どもたちの活動をリードし、

     またサポートすることが役割の、 「世話をする人、見守る人」という意味。

ラボ活動における「お母さん」ともいえます。

                                              

ラボには何歳から入会できるの?

ラボの仲間になれるのは、なんと0歳から!子どもの感受性は大人が思うよりずっと鋭いものです。

この時期から、「ことば」に妥協しない、本当の音、発音、表現を耳にすることで

日本語や外国語に対する豊かな感性が育つのです。

もちろん、2歳、3歳・・・そしてもっと大きくなってからはじめるのも、大丈夫。

ラボには、赤ちゃんから大人まで楽しめる、絵本とCDによる「本物」にこだわった教材があります。

あなたがラボを知ったそのときが、ラボの始めどき なのです!!

 

ラボパーティでは、何をするの?

ラボでは、母語である日本語、また外国語としては英語を中心に、「聴く」「話す」そして「表現する」の重要性を理解し

週1回、 CD教材を使った、歌や物語による「テーマ活動」という表現活動を行っています。

CDは英語と日本語が、短い文章で並列された二言語方式、同じくテーマ活動も、英語と日本語で展開しています。

この方法により、英語のヒアリング能力を養い、意味の本質を理解し、さらに日本語のセンスと能力も磨かれるのです。

外国語とは、単に「学ぶもの」ではありません。

「ことばを、本物のコミュニケーションツールとして役立てたい」

そして、「わが子には、小さいうちからワールドワイドな視点を持って、大きく成長して欲しい」

そうお考えのご家族には、ラボに参加されることを、心からおすすめします。

 

ラボでは、どんなイベントがあるの?

■年に数回開かれる発表会は、日頃からパーティで取り組んでいる「テーマ活動」の発表の場。

 みんなのお気に入りの物語や絵本作品を劇にして披露します。

■毎年、全国各地で開催されるラボ・キャンプは、

 豊かな自然に触れながら、幼児から大学生、さらには外国のお友だちまで入り交じって

 多くの仲間とともに、協力しあって過ごす貴重な体験を得られます

■ラボの仲間は、全国にいます。よそのラボパーティとの交流会に参加することで、どんどんお友達が増えますよ。

■ラボには、在籍年数と活動実績により、中学1年時よりどなたでも参加できる、国際交流プログラムがあります。

 感受性豊かな10代前半、 アメリカ・カナダ・オーストラリア・中国・韓国など世界各国で、

 現地の生活を体感できるホームステイプログラムは、一生の思い出となるでしょう。

■ラボでは、海外留学のための支援も行っています。北米地区で過ごす学生生活が、人生の糧として

 お子さんの成長に、大きく寄与することでしょう。