【インターネット葬】

A、経緯

1999年より様々な葬送提案を行い、2006年リニューアルオープンに合わせ、
「インターネット葬」商標登録出願


B、キッカケ

  @1日葬の提案と同じく、参列する側の状況を慮る気持ちと配慮(バリアフリーの視点)から

  A老いて目も足も悪く動けない高齢者にやさしい葬送として
  
  B日本国内、1人での移動がままならない状況(介助等)に対応すべく

  C海外への往来と居住、生活環境のグローバル化により、すべからず誰にも届けやすい
   フューネラルサービスとして

  D誰もが必ずむかえる、死と別れに立ち会える環境作り

  E時間・時空を越えたお別れに参列したい!そう願う気持ちを叶えるべく

C、時代のニーズに応え
  
  まさにIT・インターネット環境の活用による

  【インターネット葬】は!

  ※生命の終わりに立会い見送る「想い」を大切に、ご提供します。



D、具体的に

 
  葬送の撮影、動画・録画による配信
  
  @ダイレクトに、同時刻配信

  A録画により、ネット上にてダウンロードもしくはデータ提供

  Bその他

※個人情報を考え、受けてのネット環境を踏まえ対応




インターネット葬(動画ライブ放送)


1:動画サイトを利用して、葬送ライブ配信
 
  ※プライバシーの問題
  対応策
   パスワードを設定し、URLを直接閲覧者にメール送付
   パスワードはその都度変更する

   一定期間、葬送の様子を掲載し、その後は削除

2:スカイプでの葬送動画ライブ配信
  スマートフォンを利用することも

3:機材について
 @ウェブカメラを使用する場合
  ウェブカメラ
  マイク
  ノートパソコン
  インターネット環境

 Aビデオカメラを使用する場合
  ビデオカメラ
  エンコーダー
  ノートパソコン
  インターネット環境


2012年セミナーのご案内

詳しい内容につきましては、当社までお問合せ下さい。
ご依頼の方は0120-255-297へ
ご相談の方は042-444-1522へ
無断での一切の転載を禁じます

Copyright(C)2009 Lin MC Group Co.,Ltd All Rights Reserved