MAC OSとは?

発表当時Macintoshはハードウェアとソフトウェアが不可分な存在であり、当初はMacのOSのことを便宜的にSystem(日本では漢字Talk)と呼んでいた。Mac OSという呼称は一般に広く使われていたものの、正式なものではなかった。Mac OSという呼び名が通称から正式なものになったのは、1997年1月Mac OS 7.6がリリースされたときである(実際にはMac OS 7.6以前のSystem7.5.1の起動画面でMac OSと表記されている)。Macintosh互換機の普及とともに、MacのハードとOSを明確に区分する必要が生じたことによる。その後アップル社の方針転換によりMacintosh互換機は市場から姿を消したが、Mac OSという名前はその後のアップルのOS製品に引き継がれている。

ビットマップディスプレイとマウスの利用を前提としたり、オーバーラップするマルチウインドウやメニュー操作、マルチスタイルフォントに代表されるWYSIWYG表示など、Xeroxで1970年代に研究開発されていた暫定Dynabook環境(SmalltalkをOSとして動作するAlto)から多くの影響を受けてはいたが、ファイルシステムやドラッグ&ドロップのファイル操作、国際化に必要な情報を保存するためのリソースとコードの分離、ファイルとアプリケーションの関連付け、データ形式に依存しないクリップボード、マウスボタンを一つに限って操作体系を簡略化にしたり、プルダウンメニューやゴミ箱を発明するなど、今日でも使われている多くの独自のアレンジを加えることで使い勝手を向上させた。暫定Dynabook環境では部分的に隠れたウインドウの再描画もできなかったが、QuickDraw の実装により、これを実現させた。そしてなにより、GUIというものをコンピュータの世界に広く浸透させた功績は大きい。

また、Macに追従してマウスが付きはじめた他のパーソナルコンピュータでは、アプリケーションソフトのGUIのデザインは統一性が全くない時代が長く続いたが、Macでは最初のモデルからアプリケーションソフトの開発環境で、そのデザインの正則となる材料 (Macintosh Toolbox) を定め、アプリケーションソフトのGUIのデザイン開発をある程度まで標準化/作法化したことで、ひとつのソフトが使えれば、他のソフトも使えるというコンピュータ利用の形態を、パーソナルコンピュータにおいて初めて可能にした。