ホーム ゴルフスイング・クラブとドライバーのサイトバナー

ゴルフスイング・クラブとドライバーについて


解説します。
クラブセッティングの基本とゴルフスイング
ゴルフクラブをセットとして選ぶ場合、自分のゴルフスイングやプレースタイルを考慮してからのことになります。
最初に結論を書いておきます。クラブセットの選び方は、フルスイングの飛距離でクラブ間のすき間を埋めていくのが基本の考え方。
以前でしたら、ウッド3本、アイアン7本(#3~)、ウェッジ3本+パターの合計14本というのが一般的なセッティングでした。 近年はアイアンが5番からになるなどゴルフクラブのセッティングもゴルフスイング同様に大きく変化しています。
アマチュアがクラブのセッテイングの参考にしたいのが、女子プロのセッティングです。その訳は、ヘッドスピードが同じくらいだから。
女子プロの場合、ウェッジはPW、AW、SWの3本を入れています。パターとドライバーはどうしても必要なので残りは9本になりますね。
そこで、アイアン6本(#4~)とFW&UT系が3本とするか、アイアン6本(#5~)にしてFW&UT系が4本、それともアイアン4本(#6~)とFW&UT系が5本という3種類から選ぶことになります。
実際にFW&UT系に何を入れるかという問題ですが、それぞれのクラブのフルスイングの距離ですき間を埋めるのが基本的なセッティングの考え方になります。
アイアンが5番からとすると、ウッドが好みなら3、5、7、9W(または22°のUT)、UTが好きなら3W、UT(16°、19°、22°)というのがー般的な形です。
最終的にはそれそれのプレーヤーの好みで組み合せわをしてみてください。
また、アマチュアプレーヤーの場合は、ウェッジ4本にして、FW&UTT系を3本にする組み合わせも悪くありません。
どちらにしろ、まずはそれぞれのクラブをフルスイングした場合の自分の飛距離を知ることが肝心で、それを元にしてセッティングを考えましよう。