樹の蔵 磯社長をご紹介するページですよ~

那須遊倶楽部

樹の蔵 磯弓子社長 ご挨拶

樹の蔵の磯 弓子です。

数々のご縁とご支援に支えられながら、那須高原で㈱樹の蔵と雑貨店Kinokuraを運営しております。男性の多い建築業界、その中で女性の立場から考える『暮らし』について、お客様の『幸せ』につながるプランと商品を提案しています。


日々の仕事のほか、子育てと家事も同時にこなし、時間に追われる毎日を過ごしておりますが、澄んだ空気と豊かな人々に恵まれる那須高原には沢山の活力を与えてもらっています。このサイトを創設してくださった事務局長の大橋さんとの出会いも、私の大きな活力のひとつになっています。


ここから始まる新たな『案』が、皆さんの『遊』に彩りを添え、心身の『癒』となり『家』となるようなコミュニティになれば幸いです。

自己紹介

小学生のころ(昭和50年代)、その頃では珍しく父からデスクトップパソコンを与えられました。しかし、パソコンには何のシステムも入っておらず、遊びたいゲームや所用のソフトは全て自らデータを入力し構築しなければなりませんでした。その頃のデータの記録装置はカセットテープ。読み込みも書き込みもおぞましいほどの時間を要しました。『苦労せずして遊びなし』。幼い三人兄弟が一丸となり、交代で毎晩キーボードとにらめっこ・・・しかし、画面が動いたときには計り知れぬ思いがありました。今の子供達にもその苦労があるならば、ゲーム脳やネット依存症等という言葉は存在しなかっただろうと思います。


そんな些細な経験から、社会人となった当初は、某上場企業のデータベースソフトをつくる会社で、プログラミングの仕事をしておりました。しかし、バブルが弾け、仕事の許容を広げようとする上司から『建築CADインストラクター』の強制任務を受け、経験値を費やしたことがきっかけとなり、この業界へと手を差し伸べてくださったリゾート会社に入社して現在の仕事に至ります。


それからというもの、設計企画だけでなく、お客様の資金繰りから事業計画・家族計画・子育ての相談、メンタルサポートに至るまで広範囲に及ぶ建築の仕事に土日祝日はなく、残業も休み返上も当たり前の毎日。出産後、子育て期間中は、経営コンサルタント会社にお世話になり、会計・経営・資産管理等の分野を勉強させていただき、再びこの業界で自己の経験や知識を生かして活動しております。


家では” 世界一怖い妻でありママ ” であります。家族の皆さんが私の理想通りであれば、” 世界一優しい妻でありママ “ になる要素も持っています(^^)vめまぐるしい毎日なので趣味を充実できておりませんが、時間に余裕ができるならば、那須高原の雄大な自然の中でゴルフを楽しみ、たまには大好きな”オペラ座の怪人"を観にいき、いつかは17世紀から20世紀のヨーロッパの巨匠たちの芸術をめぐる旅に出掛けてみたいと思っています!それから、ワインも。。。美味しくてクオリティが高く、しかしコストパフォーマンス豊かなお手頃のワインを常に探し、身を削って晩酌しております(^^;こんな私と同じ思いをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ、一緒にいかがでしょうか (^0^)/


これからも、”那須遊倶楽部” を楽しく有意義なリゾートライフの一部にお役立て下さい!

【 遊倶楽部会長ご挨拶へ 】        【 みはらウッドホーム社長ご挨拶へ 】        【 樹の蔵社長ご挨拶へ 】        【 事務局長ご挨拶 】