山座空撮

現在地:空と雲と山歩き>山で思うこと>山々空撮


飛行機なんて嫌いだ。
狭い処に押し込められ、散歩をする場所もなく、できるのは背伸びくらい。
その上、その座席の下は、なにもなく10kmもしたに地面がある。座席は不安定に上下左右に微妙に揺れている。運が悪いとガクンと揺れる。
とても落ち着ける場所ではない。

唯一の楽しめるは、窓からの景色だ。
その眺めは自然そのものを観ることができる。
なにせ、高さは約1万メートル、見えるのは雲と空、陸は山と谷と河と平野と海だけ。

画像


人工物はほとんど小さくて見えない。一番高いスカイツリーでも700m弱。
空からの眺めは、“万年単位で自然が作り上げた造形”をみることなのだ。

その中でも、やはり富士山は特別で、飛行機で近辺を飛ぶとたいてい見ることが出来る。
雪を被った独特の山頂部、秀麗な山裾、完全なる独立峰。
標高も3,776mですから、普通の雲では太刀打ちできません。
飛行機のアナウンスでたいてい、「富士山が良く見えております」なんて丁寧な説明してくれる。

画像


槍は、山頂部は特徴的です。
尖った頂、東西南北に延びる鎌尾根は目を凝らせば、一目でわかる。
あれが東鎌尾根、ということはあっちは西鎌尾根、この前は途中で断念したのはあのへんか!


画像

独立峰といえば、御嶽が秀逸でしょう。
雄大な山裾、3,000m級の独立峰にして活火山
大阪の高校時代に登山計画があったが、火山の爆発によりぼしゃった山
その後、尾張に就職して、いろんな機会で複数回登ったことがある山
それにもまして尾張のちゃっとした山やビルからも眺めることができるとっても身近な「木曽の御嶽さん」です。


画像

やっとも想いで撮影のチャンスに廻り合わせたのが、八ヶ岳
高校時代に恩師に連れられ、初めて歩いた高峰。
標高は3,000mに満たないが、八ヶ岳連峰と言われるほどの山脈に近い広大な山域

御嶽の裾野は雄大、ここは雄大にして優美です。
残念ながら、空撮でその美しさは分かりにくくなってしまいますが、この裾野の美しさは日本一に間違いありません!
いつの日がこの山裾に住みたい!!!と思っています。

画像




欧州にいた3年間、ヨーロッパアルプスは何度も飛行機で横切った。
日本列島ほどの広大な山域に4000m峰が目白押し。
アフリカ大陸がイタリア半島が欧州にぶつかった時に出来た褶曲山脈。
地殻の力とは地球のエネルギーとはなんと大きいのか!!


画像

画像


まったく土地勘なく、探し当てたのはチェルビーノ(マッターホルン)です。
それを発見した時は感動した。
飛行コースを必死に推測して、通るはずだというタイミングで目を凝らす。


ローマからブラッセルへ。
海を渡り遙かにアルプスが迫ってきて、氷河におおわれた山々を見渡せる景観となります。
美しい雪と氷河
夕方だっかか、傾きかけた陽が雪に反射して、テカりが美しくも爐いしそう”。

画像




南側から長大な尾根が見えた。
その先頭は普通の山頂に見えましたが、その時 陽に照らされた山頂の影が鋭利に尖っているのです。
まさに、これぞヨーロッパアルプスの女王の風格。
なにげなく見えますが、右側の切れ落ちた壁は1,000mは切れ落ちいる。
規模でいえば日本アルプスは足元にも及ばない。
この大山脈
いつも、だただた、茫然といつまでも波打つ山並みを眺めてた。

画像

画像




やはり、心躍るのは、日本の山。飛行機に乗ると、はしゃいで窓側に張り付く(笑)
天気が良い日など、カメラを握りしめ、窓側にいるおっさんの姿は滑稽に違いありません

画像




妙高、火打。立派な火山とカルデラ。
黒姫、夕日の逆光ですが、迫力。
北アルプス!
白馬に、爺ヶ岳…、2列になって後立山連峰
剱岳、立山三山…雪の北アルプスは荘厳です。

画像



北アルプス南部の核心部。
手前に常念山脈、奥に穂高槍、その更に奥は北アルプスの秘境




画像




いつも遠目にしか見れませんが、霊峰 白山。
たおやかな山頂部は美しく、(霊峰には失礼ながら)艶めかしさら憶えます。
もっと近くで眺めたい。


画像

槍の南は穂高。
登山者の聖地、涸沢。
上高地から歩きで6時間かけねば到達できません。
いつかの夏にテント担いでここでキャンプ、北穂を歩きました。
このどでかいカールを登って、名だたる山を眺めるのはやはり爽快でした。





画像


上高地と焼岳。
梓川は深い谷を造り、焼岳の爆発で大正池が出来、そこに土砂がたまっています。
よくぞこの広い谷を見つけたものです。
上空から見てもこの溪谷の優美さの想像がつきます。
老舗ホテルや河童橋が居並ぶこの登山基地兼観光地は、ここからはみじんも感じることができません。
昭和の前半までは、上高地へのルートは徳本峠でした。
そんな歴史を思いながら、自分の思い出を辿りながら眺めます。

画像

仙台へ行くと途上で、中禅寺湖と男体山を観ることができました。
麓の日光や杉並木などはっきり見えます。

画像


秋田からの帰りにの「名峰 鳥海山」、とても綺麗に見えました。
カメラも良くなったので写真も美しい。
標高は2236m、東北第二の高峰、成層火山で裾野も綺麗です。
日本海からから12kmなので、海側にたっぷりに雪が張り付き、冬に見るとより美しい。


それにしても、日本は山国です。
大きな地殻の皺「山」、雨が降って海へ斜面を流れる「川」、水がたまった「湖」

朝日が山襞の陰影を際立たせ、大地の皺をより浮かび上がられます。
まさに、自然の造形美!!!!! 童心に戻ることができる瞬間でもある。

2013年1月27日<記>               2017年9月16日<改>

現在地:空と雲と山歩き>山で思うこと>山座空撮