大阪市旭区 漢方の中村漢方堂薬品店  不妊症 生理不順 低血圧 めまい 冷え 自律神経失調症

不妊TOP

  自然妊娠しやすい基礎体温表

【基礎体温をつけることのメリット】

  ・月経の始まる時期や排卵日を予想できる

  ・排卵やホルモン分泌に異常があれば早期発見できる
   
  ・不妊の原因を知る上で、最も簡単でわかりやすい方法


    

  あなたの基礎体温表で、気になる点はどれですか?



  1.低温期が長い。
  2.高温期が36.5℃以上にあがらない。
  3.高温期が短い
  4.低温期と高温期の温度差が0.3度以内。
  5.低温期は、35℃台で低い。
  6.低温期から高温期へスムーズに移行しない。
  7.グラフ全体の波線がガタガタしている。
  8.排卵時のおりものが少ない。
  9.排卵日がわかりづらい。
  10.生理のタイミングにばらつきがあって、一定していない
 

       などなど。 






妊娠は低温期の過ごし方が大切



  
      妊娠をするためには、低温期において質のよい受精卵と
      子宮内膜を作ることが最も大切です。


      低温期に質のよいAランクの卵子が成熟して、スムーズに
      排卵すると排卵後に卵巣から黄体ホルモンが分泌され
      高温期が安定します。

      高温期を安定させて着床するためには、低温期にしっかりと
      身体を暖め冷えを取り除くことが大切です。



      そのためには、低温期にしっかりと血液循環をよくし、水分バランス
      を整える漢方薬が妊娠しやすい体質をつくります。



                     





ほかにもいろいろ心配や疑問をかかえておられる方は
たくさんいます。

こうした心配のある方にこそ、日常生活・食生活の改善で、
自然妊娠への可能性を取り戻すことができるのです。


基礎体温表で対策がわかる



それで、自然妊娠への道が開かれてくるのです。



 基礎体温表からみた月経期、卵胞期、排卵期、黄体期


 月経期    
  黄体期から卵胞期に大きく転換する時期
  です。月経前と月経中では大きく体温が
  違うことからもわかるように、身体の中では
  激しい変化が起きています。

  月経時に最も大切なのは、月経血を完全に
  排泄することです。不要となった子宮内膜が
  体内に残ると血の巡りが悪くなる(お血)の
  原因になります。

  そのためこの時期は、気血のめぐりをよく
  することが大切です。



 卵胞期

 (低温期)
  
  生理後から排卵までの時期は卵胞が発育
  していく時期です。卵胞ホルモンをしっかり
  成長させる時期です。

  妊娠に不可欠な血液とエネルギーを補って
  質のよい卵子を作り成長させる大切な時期です。
  そのため、この時期は卵胞ホルモンと血を補う
  ことが大切です。

   
     女性ホルモンの分泌促進
     卵胞の発育促進


 排卵期    
   卵胞膜を破って、卵子が飛び出す排卵期は
   女性ホルモンと黄体ホルモンの転換する時期です。
   排卵をスムーズにするために、エネルギーと血液
   循環も非常に活発に動きます。

   この身体の動きをバックアップするために、気を
   巡らせて黄体ホルモンの働きを助けることと
   血を巡らせて排卵を促す作用が必要です。

   低温期にエストロゲンの分泌が十分で、質のよい
   卵子が成熟して排卵が近づいてくると、透明で
   粘りのあるおりものが増えます。

    このおりものが一番多いときに排卵し、低温期
    から高温期に一日から二日間で0、3から0,5
    以上基礎体温が上がることが理想の排卵と
    いわれています。

   そのためには、子宮を暖め、血行を良くし、子宮の
   冷えを取り除くエネルギーが必要です。


 黄体期

  (高温期)

   排卵が起こり、抜け殻となった卵胞が黄体に変化
   すると、黄体ホルモンの分泌によって体温が上昇する
   期間です。この黄体期は受精卵を着床しやすくする
   準備期間であるため、身体を温めて、血を補うことが
   必要です。

   黄体ホルモンが旺盛になれば、受精卵がうまく着床し
   元気に育てられます。


    高温期がガタガタと安定していない方や14日
      以下の方は、黄体機能不全の可能性があります。


    治療法
      黄体ホルモンの分泌促進

 



 いろいろな基礎体温表

1、体温が上がらない基礎体温


通常は、基礎体温をつけていく
と周期の前半より後半に体温が
高くなり、その差は0.3〜0.6℃
程度になります。
特に排卵後はプロゲステロンの
働きで体温は上昇していきます。
その上昇が見られないのは
無排卵の可能性
があり、西洋
医学では卵巣機能不全、多嚢
胞性卵巣、高プロラクチン血症
などが考えられます。
   基礎体温2




2、高温期が長く、低温期が短い基礎体温


月経周期が24〜26日型の人に低温期が10〜12日と短いケースが見られます。

高温期が長く、その分低温期が短い場合は卵がちゃんと
成熟していない
ことが考えら
れます。

しかし、こういう場合でも低温
期と高温期がはっきり分かれ
ている二相性の基礎体温で
超音波検査で排卵前後の
卵胞の大きさが確認されて
いれば、あまり心配はありま
せん。

高温期が長くなったら妊娠し
ている可能性があります。


     基礎体温2      
精神的なストレスや肉体疲労によって、妊娠していない
のに高温期は長くなることがあります。


低温期が短いと、卵子がしっかり成長できないことも
考えられます。






3、低温期が長く、高温期が短い基礎体温


排卵が起こっていても
排卵後に卵巣にできた黄体が
うまく働かないことがあります。


これを黄体機能不全といい
高温期が9日以内の場合は
その可能性があります。

また、プロゲステロンに対する
感受性の低い人も体温が上昇
しない傾向にあります。

高温期が短いと、未成熟の排卵
や黄体ホルモンの機能不全

考えられます。
    基礎体温3



4、体温がバラバラではっきりしない基礎体温


このようなグラフは、ストレスが
多く自律神経が不安定な方に
しばしばみられます。
高プロラクチン血症(PRL)、月経
前緊張症候群(PMS)、自律神経
失調症
などが考えられます。

全体的に低温で、
グラフがギザギザになっている
時は、いわゆる無排卵です。
原因として卵巣機能不全、多嚢胞
性卵巣(PCO)、高プロラクチン血
症(PRL)
などが考えられます。

生活が不規則な人は睡眠時間
や体調、検温した時間なども記入
するようにしましょう。

寝不足や疲れている時は体温が
高くなったり、早く起きた時は体
温が低くなったりします。
これらを考慮して全体を眺めると
大まかな低温期・高温期が見える
場合もあります。

    基礎体温4  
                    

     電話やメールでの相談を多く頂戴しております。

          電話やメールでのご相談は、全国あらゆるところから
          いただいております。

          北海道、青森、岩手、宮城、山形、秋田、新潟、富山
          東京都、東京都内、埼玉、茨城、神奈川、横浜市内
          千葉、静岡、愛知、岐阜、長野、石川、福井、三重
          奈良、和歌山、京都府、京都市内、滋賀、兵庫
          大阪府、大阪市内、岡山、山口、島根、鳥取
          高知、徳島、愛媛、福岡、長崎、大分、宮崎、鹿児島、沖縄


          海外では、ニューヨーク、ロサンゼルス、グァム、フランス
          などに在住の日本の方からも相談をお受けしております。


          相談後、近畿圏なら、ご来店される方がたいへん多いです。
          旭区内から、大阪市内、守口、門真、寝屋川、香里園、
          京都、交野、私市、京田辺、四条畷、茨木、羽曳野、柏原
          高槻、樟葉、八幡、箕面、枚方、吹田、大阪府内
          豊中、京都、奈良、堺、大東市、神戸市内、西宮、夙川
          甲子園、宝塚、池田、川西、東大阪、六甲、姫路、加古川
          明石、堺市、岸和田市 などからお越しいただいております。


          メールではなかなか充分にお伝えすることができない詳しい
          内容や感情面などもお話でき、より理解していただくことができ
          ありがたく、うれしいことです。
  








 女性に多いつらい症状
    低血圧・めまい・立ちくらみ(動悸・息切れ)
    メニエル病
    低血圧 
    起立性低血圧
    貧血
 ストレスによる体調の乱れ
   のぼせ ほてり 動悸、息切れ
   不眠、不安感 下痢、便秘
   頭痛、手足の冷え イライラ、しびれ
   疲れやすい、気力がない 肩・首筋のこり
   のどの違和感 自律神経の乱れ

 
呼吸の異常

   過呼吸症候群

 美肌に良い漢方・サプリメント
   シミ・しわ
   ニキビ

 
物忘れ・記憶の異常
   ・軽度認知機能障害
     (アルツハイマー病)
   ・認知症

 気管支・肺の異常
   ・気管支炎
   ・気管支ぜんそく
   ・肺気腫

 
尿の異常 
   ・前立腺肥大
   ・前立腺炎
   ・尿路結石
   ・膀胱炎、尿道炎
   ・尿失禁
   ・頻尿

 
腸の異常
   ・過敏性腸症候群

 腰の痛みと異常
   ・腰痛 椎間板ヘルニア
   ・変形性脊椎症
   ・腰部脊柱管狭窄症
   ・腰椎変形性すべり症


 首・肩の痛みと異常

   ・頚椎症  頚椎椎間板ヘルニア
   ・胸郭出口症候群
   変形性頸椎症
   ・肩こり、頸肩腕障害
   ・肩関節周囲炎(四十肩五十肩)

 
膝の異常
   ・変形性関節炎

 加齢・老化対策
   頻尿・夜間尿
   精力減退
   疲れ目、かすみ目
   足腰のだるさ
   耳鳴り        

 がんに打ち勝つ免疫力
がんと免疫
がんのできる理由(がんを育てやすい体質)
腸が悪いと免疫力は下がる
腸の善玉菌ががん細胞をやっつける!
腸管免疫の大切さ
がん発生の過程
発がんとがん細胞の成長と発病
転移しないようにすることが大切です
胃がん
肺がん
肝臓がん
大腸がん
乳がん
前立腺がん
がんの危険信号八か条

心のケア
食事のチェック
中村漢方堂薬品店 大阪市旭区森小路2-21-11 電話 06-6951-2685
Copyright(C)中村漢方堂