埼玉りそな銀行でお探しの方にもお勧め情報

埼玉りそな銀行でお探しの方にもお勧め情報
Yahoo! Japan -Yahoo!ブログ -Yahoo!メンバーディレクトリ -Yahoo!ショッピング -Yahoo!オークション - -BBS7
Yahoo!リクナビ - 就職、転職、派遣、アルバイト、起業・独立情報-Yahoo!結婚
アドワーズ
Google Earth Google ツールバー Google Scholar
埼玉りそな銀行でお探しの方にもお勧め情報

日本振興銀行 評判
りそな銀行 住宅ローン
銀行 金利 比較
住信sbiネット銀行 評判
みずほ銀行 支店 一覧
三菱信託銀行
ネット銀行 比較
ゆうちょ銀行 金利
自分銀行
シティバンク銀行
定期預金 金利 比較
仙台銀行
sbi銀行
定期預金 キャンペーン
定期預金 比較
東京都民銀行
東京三菱ufj銀行
定期預金 金利 ランキング
東京三菱銀行
親和銀行
北國銀行
秋田銀行
銀行 比較
すみしんsbiネット銀行
銀行融資
埼玉りそな銀行
預金金利 比較
岩手銀行
みずほ信託銀行
三井住友銀行 支店 一覧
紀陽銀行
りそな銀行 店舗
鹿児島銀行
近畿大阪銀行
大分銀行
東邦銀行
泉州銀行
三菱ufj銀行
大垣共立銀行
南都銀行
池田銀行
ネットバンク FF

占い

占い



埼玉りそな銀行
でお探しの方にもお勧め情報



埼玉りそな銀行でお探しの方にもお勧め情報埼玉りそな銀行でお探しの方にもお勧め情報埼玉りそな銀行でお探しの方にもお勧め情報
リンク先には、埼玉りそな銀行でお探しの方にもお勧め情報、お探しのその他のサイト情報などがいっぱいです



埼玉りそな銀行でお探しの方にもお勧め情報 埼玉りそな銀行でお探しの方にもお勧め情報埼玉りそな銀行でお探しの方にもお勧め情報


ネットバンク 新たな形態の銀行

新たな形態の銀行(あらたなけいたいのぎんこう)とは、都市銀行や地方銀行、信託銀行など従来の伝統的な銀行にはない業務を行う銀行を指す、金融庁の分類用語である。2000年9月26日に事業免許を取得し10月12日に営業を開始した「ジャパンネット銀行」以降に設立・営業を開始された銀行を指す言葉として定義されている。

第二日本承継銀行を除き、いずれも実店舗数を最低限に抑え(基本的には対面窓口のない、組織上だけの預金口座のある本店営業部のみ)、入出金業務は提携先・出資元銀行や郵便局、コンビニエンスストアなどの現金自動預け払い機(ATM)やインターネットバンキングを利用している。また、維持経費のかかる預金通帳は発行されず、インターネットバンキングで明細を表示するほか、利用明細書を別途郵送することで代替している場合が多い。こうした手法によって運営コストを低くすることで、従来型の銀行に比べて、各種手数料の安さや預金金利の高さなどに優位性をもたせるなどの特徴を持つ。

業態としては以下のようなものがあり、この他「整理回収機構」も新たな形態の銀行として扱われている。また金融庁の分類では、かつての長期信用銀行である「新生銀行」と「あおぞら銀行」、外国銀行の日本法人である「シティバンク銀行」も、新たな形態の銀行が分類される「その他」の区分に含まれている。

インターネット専業銀行
商業施設との連携を主体にする銀行
中小企業への融資を主体にする銀行
破綻した銀行の業務を一時的に引き継ぐ事を主体にする銀行
2010年現在、後掲のインターネット専業銀行のうち、ソニー銀行以外の銀行は日本銀行の国庫金取扱業務を行っていないため、既存の都市銀行や地方銀行、信用金庫などの従来型金融機関と異なり、確定申告による国税の還付や、国家公務員の給与の受取、年金や雇用保険などの公的機関からの振込用口座には利用できない[1]。インターネット専業銀行以外の銀行で、国庫金の取扱がない金融機関も同様である。


 




埼玉りそな銀行
でお探しの方にもお勧め情報






近隣諸国との関係改善訴え=サントス新大統領就任―コロンビア

南米コロンビアで7日、中道右派サントス新大統領(58)が就任した。大統領は就任演説で「近隣国との信頼を築き、外交を優先する」と述べ、親米右派ウリベ前政権下で対立を繰り返したベネズエラやエクアドルなど近隣左派諸国との関係改善に意欲を示した。
  ベネズエラのチャベス大統領は7月、同国内に左翼武装組織コロンビア革命軍(FARC)メンバーらが潜伏しているとのコロンビア側の主張に反発し、断交を宣言。両国の緊張が強まっていた。サントス氏は「戦争という言葉はわたしの辞書にはない」と表明。率直な対話に伴う近隣国との良好な関係は、域内全体の利益になると訴えた。
  サントス新大統領は前政権での国防相時代、強硬な左翼ゲリラ対策で成果を収め、就任後もゲリラ掃討継続を明言している。一方で演説では「暴力根絶への対話の扉は開かれている」と強調し、ゲリラ側の武装闘争放棄を条件に、政治対話に乗り出す方針も示した。 




日本人旅行者必見の情報サイト「コネスト」

韓国を個人旅行した人なら、恐らく誰もが知っている韓国情報サイト「Konest(コネスト)」。韓国旅行者には、うれしい最新の情報が盛りだくさん。グルメ、エステ、イベント…。日本人旅行者の身になって作られている、きめ細やかさが利用者に好評だ。(ソウル 水沼啓子)


  先週、小欄で紹介したトトロハウス。場所がよく分からず、コネストで検索。すると周辺の目印となる建物の写真数枚も、駅を下車したところから道順に沿って掲載されていた。もちろんトトロハウスが入るビルの正面の写真もあり、迷わずたどり着けた。

  「うーん、これはすごい!」。思わずうなってしまった。コネストの編集コンセプトは、ハングルを読めない日本人旅行者でも、1人で韓国を旅行できるような情報を提供すること。スタッフが実際に現地に足を運んで得た情報を掲載している。

  一般的な旅行ガイドブックは、韓国の制作会社が現地スタッフを使って取材した内容を日本で編集するケースが多く、主観的な内容になったり誤解が生じたりすることもあるという。コネストの場合は、日本人の視点での編集なので、誤解や誤情報がないのが特徴。

  コネストは2001年8月に設立。現在、40人ほどのスタッフが働いているが、在日を含む日本語ネイティブと韓国人の割合は半々という。編集スタッフについては、全員が日本語ネイティブで記事の品質管理にも気を配っている。

  設立のきっかけは、コネストの社長が1990年代後半に韓国企業の駐在員として日本で勤務していたときのこと。周囲の日本人があまりにも韓国のことを知らないことや韓国旅行の有名ガイドブックに70、80年代と思われる写真が掲載されていることに愕然(がくぜん)とするとともに、怒りを感じ、コネストを立ち上げたという。

  現在、1日の平均ページビューは約50万。訪問者数は約5万人、会員数は約20万人にのぼり、女性が7割ほどを占める。

  また、今年6月に新しく開設された韓国地図とコミュニティーも人気メニューの1つになっている。とくに地図は韓国全土をカバーし、しかも日本語表示されており、こうした地図はこのサイトだけのサービス。ガイドブックには載っていないような地方でも検索できる。

  コネストのサイトはスマートフォンにも対応している。遅くとも来年初頭をめどにモバイルサービスも始める予定だ。

  コネストのコンテンツチーム主任の大國徳子さんは「外国人にとって、外国で経験した1つの体験が、その国に対するすべてのイメージとなる。それは1つの事実ではあるが、同時にすべてではないことに気づいてもらえるよう、さまざまな情報を提示したい」と話している。




10年ぶり 山車38台勢ぞろい 群馬・高崎まつり

  第36回高崎まつりが7日、始まった。今年は各地区で保有する計38台の山車が一斉に登場した。


  同市内では中心部の町内に「神武天皇」や「日本武尊」などの人形をとりつけた計38台の山車がある。実行委によると、昭和50年代から、半数ずつが隔年でまつりに参加する形がとられてきたが、今年は市制110周年を記念して10年ぶりに勢ぞろいした。

  この日は各地区を出発した山車が午後2時に高崎駅の西口駅前通りに並び、お囃子をたたきあった。その後、商店街を巡行(じゅんこう)、夕方にはもてなし広場に集結した。

  まつりは8日も行われ、山車は午後から市街地を巡行、午後4時ごろには商店街の田町通りに集結する。



氷河から巨大な「氷の島」が崩落 グリーンランド北部

  米デラウェア大の研究チームによると、北極圏のデンマーク領グリーンランド北部のペテアマン氷河から5日、面積260平方キロの巨大な「氷の島」が分離し、海上を漂流し始めた。このまま南下すれば、カナダとグリーンランド間のネアズ海峡をふさぐ可能性もあるという。

チームによれば、崩落した氷塊の大きさは米ニューヨーク・マンハッタン島の約4倍で、高さは超高層ビル、エンパイアステートビルほどに達する。氷塊に閉じ込められている水の量はハドソン川の流量にして2年分以上、全米国民が利用する水道水にして120日分にも相当する。北極圏で観測された崩落としては、1962年以来の規模だという。

同チームは北極から約1000キロに位置するネアズ海峡の氷の状況を研究している。今回の崩落は米航空宇宙局(NASA)の人工衛星が最初に観測し、カナダ氷層局の研究者が数時間後に確認した。

デラウェア大の研究者によると、このまま海流に乗ってネアズ海峡をふさぐことも考えられるが、小さな塊に分裂する可能性もある。その後も海岸沿いに漂流を続け、2年以内には大西洋に到達する見通しだ。

専門家らによると、北極圏では気温上昇による氷の融解が進み、数十年以内に夏期には海氷がすべて消滅する可能性もあるとの報告も発表されている。