亭主と客

茶会とは言わば茶席という舞台で行われるもてなしの芸術であり亭主と客という登場人物がいます。



茶会が開催されるにあたり、当然、当事者は主催者サイドと参加者サイドに分かれます。



主催者サイド


亭主(ていしゅ)

茶会の主催者であり、責任者です。 茶会の趣向(テーマ)や客、方法などを決定します。 また、茶会にあっては点前を行い、正面から客と対峙します。
本来の茶事であれば、主催者である亭主一人が全ての準備をし、全てのもてなしをして客を見送ります。




参加者サイド


客(きゃく)

最も上座に座る人を「正客(しょうきゃく)」といいます。それ以降の客は「次客(じきゃく)」「三客(さんきゃく)」「四客(よんきゃく)」と続きます。
本来、客とは正客を指します。正客をもてなすために茶会を開くからです。次客以下は従者同然です。つまり正客が将軍でそれに続く人は家来なのです。 ですから必ずお茶やお菓子をいただくのも正客が最初で、亭主と口をきいてよいのも正客だけなのです。
逆に正客は次客以降が口を開けない分、周りの空気を感じ取り、亭主の意向を探るため道具の取り合わせや意味などを訊ねる必要があります。


コラム 貴人席の譲り合いについて




主催者サイド補佐


半東(はんとう)

客の人数が多くなると、亭主一人ではすべてのもてなしが出来なくなります。 そうした場合、亭主の補佐となる半東をつけることが多くあります。 半東は客へのあいさつや、会の趣向の説明、道具に関しての受け答えなどを行い、さらに会の全体を観察し臨機応変に対処する役目があります。


点出(たてだし)

点出とは、客の前で茶を点てずに裏で点てて客に出すこと、またそれを運ぶ人です。お運びとも言います。 客の人数が多くなると亭主一人ですべての茶を点てることができないので点出を行います。