茶道の成り立ち

日本に茶が伝えられて千二百年、利休が茶道を大成して四百年。その流れを少しだけ紹介します。



茶が初めて日本に伝えられたのは八世紀頃と言われています。一時は皇家を中心に流行しましたが、この頃のお茶は団茶という茶葉を固めただけの味も粗末なものであり、中国文化の憧れが廃れるとともに茶は飲まれなくなりました。



茶の(再)登場

再び日本に茶をもたらしたのは鎌倉時代の禅師、栄西です。栄西は当時の中国で 主流だった抹茶を点てて飲む方法を持ち帰りました。そして「喫茶養生記(きっさようじょうき)」 という本を書き、茶は眠気覚ましとして座禅の際に重宝すると同時に万病に効く薬として 広めました。

始めは薬として飲まれた抹茶でしたが、その美味しさゆえに嗜好飲料として公家や 武士、僧の間で喫茶が定着していきました。




闘茶の流行

茶を飲む習慣が広がってくると、人々は茶を理由に寄り合うようになってきます 。そのような中で闘茶(とうちゃ)というゲームが生まれました。これは京都(栂尾) 産のお茶を「本茶」、その他の産地のお茶を「非茶」として本非を飲み当てるものです。
賭け事なので、茶を淹れるためのある程度のルールができ、またイベントの意味 合いが強くなってきて茶を飲む前に食事をしたりするようになりました。また、 闘茶を行う場所も眺めのよい場所が選ばれるようになりました。 そうして、茶道の要素が形成されていったといわれています。

しかし、闘茶により茶道は極度に娯楽の色彩を帯びてしまいました。
そのような中に搭乗したのが茶祖と呼ばれる村田珠光(むらたしゅこう)です。彼は、禅の教えを 茶道に取り込み、詫び茶を作りました。




利休の登場

利休は茶道を作った人ではありません。歴史の教科書にも必ず、茶道を大成した人と 表記してあるはずです。
すでにその当時、茶道は確立されていて流行に敏感な堺の町人の間でしきりに行われていました。 利休もその一人でした。利休は幼い頃から茶の湯に熱心であったといわれ、珠光の流れを継ぐ武野紹鴎(たけのじょうおう)に師事し、茶人として有名になっていきます。

当時、権力者の間では茶道が一種のステイタスとなっていました。それは自ら茶道を 行うことで新しい文化を発信していることを示せ、また茶道具を所持することが経済的に 豊かであることの証明となっていたからです。
利休は61歳のとき豊臣秀吉の茶頭の首座となりました。権力者の庇護を得て利休は茶の湯の第一線で 活躍し、詫び茶を深く深く掘り下げ、自分の望むところの茶道を完成させたのです。利休が作り上げ た詫び茶は究極まで無駄を削ぎ落としたストイックなものでした。

しかし、派手好きな秀吉とは価値観の相違があり、さらに政治上の争いも重なり利休は秀吉に 切腹を命じられました。




宗旦と三千家

利休死後、京を追われていた千家は、親しかった大名たちの尽力により秀吉からの許しが下り、 再び茶道家として活躍を始め、利休の茶の湯を継ぎました。

利休の孫である三代目宗旦(そうたん)は、息子にそれぞれ違う茶室を譲りました。三男に家督の継承 として不審菴(ふしんあん)を、四男に自らの隠居していた今日庵(こんにちあん)を、そして次男に 官休庵を与え、それぞれが独自の流派を名乗ったので三千家が成立しました。
この三千家は、不審菴が通りの表側にあったので表千家、今日庵が裏側にあったので裏千家、官休庵 が武者小路通りにあったので武者小路千家と称しています。


コラム アートの利休 優しさの宗旦





詫び茶と武家茶(大名茶)

茶道の流派は大まかに分けると詫び茶と武家茶の二つの流れがあります。
利休に連なる千家筋の詫び茶に対して、武家茶と呼ばれる流派は、大名や武家が作り上げた、 彼らの身分にあった茶の湯であり、詫び茶に比べると豪華で華やかな仕様になります。

大名茶とも呼ばれるこれらの流れは利休死後に古田織部(ふるたおりべ)などを経て発達し、 その大成の代表者とも呼ばれる小堀遠州(こぼりえんしゅう)につながります。 遠州の美意識は「綺麗さび」と言われます。利休のような極度に洗練されて緊張感のあるスタイル に対して、もっと人間の欲を肯定し、太平の世を映すようなゆとりのある美を完成させました。

詫び茶と武家茶は、どちらがより優れているというわけではありません。それは価値観の違いとともに、時代の変化でもあったわけです。




現代の茶の湯

その後、時代や流行の移り変わりに伴い、茶道も繁栄と衰退を繰り返しながら、様々な人に支えられ 今日まで伝えられました。
明治時代には武士や大名の失脚で困窮しましたが、新たに国際社会を渡り歩く財界の有力者が趣味あるいは武器として茶道を支持しました。彼らは数寄者(すきしゃ)と呼ばれました。

第二次大戦後、また衰退の危機にあった茶道を救ったのは女性でした。戦争後に荒んだ国を復興しようと、精神的教育に取り入れられたのが茶道だったからです。そうして爆発的に茶道人口が増え、現在に至ります。

現代、それは様々な価値観が認められ、変化のスピードがあまりに速い、そんな時代です。文化というものは常に発展していかなければ葬り去られるのが宿命です。茶道というと古い教えを守っている堅いものと思っている方がいるかもしれません。もちろん、昔の教えをよく咀嚼することは茶道においてとても重要ですが、茶道も日々、今を活躍している人々によって造ら変えられているものなのです。