屏風岩谷 本文へジャンプ


古いガイドブックに載っていて気になっていたのですが、あまりにも短い谷なので今まで登っていませんでした。今回やっと行ってみました。
 
【年月日】 1999年 11月 28日
【ガイドブック】 ワンデルングガイド 六甲山・赤松 滋著(岳洋社)(絶版)
 
阪急宝塚駅の2番のバス乗り場から蓬莱峡経由のバスに乗り、座頭谷で降りる。
バス停からヘアピンカーブの所まで戻り、鉄の扉を左からすりぬける。
道なりに行くと済州島の石像のような物が一対両脇に立っている。そこから20mほど行くと左に降りる道が有る。そこを降り、階段を降り、対岸に渡り堰堤を左から越えると広場に出る。少し先が屏風岩。
 
11:20 大屏風岩の左端に有る中央が崩れた堰堤を左から越えた。
  この堰堤は中央の崩れた所も越えられるが靴が濡れるのでだいぶん手前から左を巻いた。
11:30 二股。水の有る右へ。
11:37 堰堤を左から越える。右は岩壁。
  ガイドブックには「柏木第一堰堤」と書いてあるが堰堤には表示が見当たらなかった。堰堤上の広い河原から振り返ると大屏風岩や蓬莱峡の奇峰が見える。【写真・下】

  その広い河原で二股になっている。右の水量が多く川床の低い方へ。
11:55 堰堤を右から越える。残置トラロープが有った。
  ガイドブックには「柏木第二堰堤」と書いてあるがこれも堰堤には表示が無かった。谷を間違えたのかと不安になる。
 
12:03 二股を右へ。水量はそこそこ有るので間違っていないと思うのだが・・・
12:12 三段6mの滝【写真・左】。
  ガイドブックに書いてあるように左側には尖峰が見える【写真・右】。
  間違えていなかったようだ(^^;。

  


  右から巻く。
  すぐに滑滝、小さい滝と続く。小さい滝は左から巻いたがだいぶん高く登ってしまう。竹やぶになる。
  沢に戻ると堰堤の上に出た。右に鉄のはしごが有るが左から越える。
  すぐに滑り台のような堰堤に出たので左から越えると上は池になっていた。
  ここから上は面白く無いようなので、池を右に行き広い道に出た。12:45
  猟犬を連れ銃を持ったハンターに出会った(^^;。
 
渓流シューズのように濡れても大丈夫なら、苦労しなくて済むような所が何箇所か有りました。