古寺山 本文へジャンプ

2003年12月8日
10年ぶりに古寺山に登ってみました。今回は南側から登りました。
シュラインロードを下って行くと行者堂から15分ぐらいで車道にでます。車道を横切り鳥居をくぐります。林道に出て右へ曲がりますが、左の斜面を注意して見ていると踏み跡がありテープの印が有ります。ここが入口。

12:00 入口を登ってからすぐに左へ曲がる。
    道は右に曲がり急登になる。方角は北西から北北西。テープの印は多い

12:10 「古寺山 南山 636m」と書いてあるピーク
    左へ曲がる

12:15頃 もしテープ印が無ければ迷いそうな道だが、コンパスを頼りに北へ進む。

12:20 鞍部 道標が有り、右は「小屋谷 神鉄六甲」、 直進は「←堂跡 逢山峡→」 と書いてある。
    直進する

12:27頃まで細い竹藪の所 このあたりが堂跡だと思う。テープの印を見失いかける。

12:28 分岐 左の踏み跡が明瞭だがテープは右に付いている。右が北なので右へ行く。

12:31 山頂への分岐

12:33 頂上 南へ行く道が有るので、5分前の分岐を左に行くとここに出るのかも知れない。
    12:31の分岐まで戻り、北へ。

12:42 しばらくジグザグに下る
12:45 先の赤いプラスチックの杭が所々に有るので目印になる。
12:58 プラスチックの杭がコンクリートになった

1:01 鉄塔 1:19 まで昼食
   左へ曲がり、急下降の道。丸太の階段が付けてあった形跡は有るが、階段は無くなっている。
   小さい谷に出て、谷沿いに下る。

1:25 池に出た 10年前は無かった。池の北側を左へ回り込む。
1:30 出口 高速道路ができて昔と全然変わった。
神鉄六甲駅までも様子が変わっていて遠回りをしてしまった。

このコースはテープの印は多いのですが、コンパスは頻繁に見ていた方がいいと思います。

 北側の出口       ホテルの名前は変わることが多いようです

1986.12.7 逢ヶ山の途中から見た古寺山
 

*********** 昔 北側から登った時の記録 *********

【年月日】 1993年1月31日
【地 域】 兵庫県 神戸市 裏六甲
【山 名】 古寺山
【ルート】 神戸電鉄六甲駅→古寺山→シュラインロード→ノースロード→摩耶山→上野道
【天 候】 曇り 時々 晴れ
【メンバー】単独
【地 図】エアリアマップ六甲・摩耶・有馬
 
 4年程前に古寺山に登ったときには、山頂が何処なのか解らなかった。
今回は高度計付き腕時計を買ったので、これで山頂を捜そうと思う。

10:50 新鉄六甲駅 標高323mと書いてあるので、セットする。
 登る前に古寺山とは反対の駅の北側にある、多聞寺に寄る。
この多聞寺は昔、古寺山の頂上に有ったそうだ。
以前この寺に来たときには、「何百年も昔に古寺山の頂上に誰かが財宝を隠した。」と
いうような意味のことが、書いて有ったはずなのだが・・、見当たらない。
まぁ頂上が見つかれば、財宝も見つかるかも知れない (^^) 。
 駅から広い道を南へ登ったがちょっと間違い、もう少し東の道だった。

11:20 入口 車道を横切り、細い階段を登る。東へ少し行くとすぐに南へ急な登りになる。
11:28 左に鉄塔が有る。  やがて東側の展望が開け逢ヶ山が見える。

11:34 左に下る道が有るが、右へ登る。
11:40 平坦な所に出る。 倒木が多く踏み跡を見落としやすい。
 高度計付き腕時計のアラームが鳴り出した。
セットしていた頂上の高さ(640m)になったのだ。
しかしここはまだ頂上ではない、気圧が変化すれば誤差が出るそうだからしかた無い。
 少し右よりの道になり、尾根に出る。

11:52 赤テープが有り左は長尾谷と書いてある。
少し直進すると「頂上→」と書いて有る。
すぐに頂上に出た。 以前には無かった山岳会の付けた頂上の表示があった。
意外に簡単に頂上が見つかった。 岩が有るが財宝はこの岩の下だろうか (^^) ?
頂上は636mのはずだが、高度計の表示は690m(気圧の変化による誤差?)。
そこから北の方に道が続いているが、方角が違うので引き返す。
さっきの長尾谷と書いたテープの有ったところを降りる。多分「途中に長尾谷へ降りる
分岐もある」という意味だろう。
猪の作った水浴び場が有り、猪らしい足音が聞こえた。

12:00 笹だらけのところに出た。
以前もここでウロウロしてしまった。 注意を要するところだ。
古い赤テープが間違えた場所に有り、行き止まってしまい少し戻る。
右の方に踏み跡を見つけ、ようやく笹薮を抜け出す。

12:11 鞍部 左右に下る踏み跡らしいものが有るが、まっすぐ登る。
 右に道が曲がっているが、コンパスを見て南の、左のかすかな踏み跡の方へ進む。
12:20 熊笹の道 (どうも頂上以後、道がますます解りづらくなってきた。)

12:33 斜面を下っていたが、なんだか道とは言えない感じになってきた。
迷ったが引き返す。西の方へ降りる踏み跡が有った、コーヒーの缶が落ちていたため、
その方角へ降りたのが間違えた原因だった。

12:44 南の方が見渡せるところに出た。右の方へ降りかけたがどうも変なので引
き返す。(しかし後で思えばここを降りるのが正解だったようだ。)
左の方へ降りる。色々、踏み後らしき物を見つけながら降りるが、すぐに行き詰まる。
正しいコースを正確に辿りたかったが、もう少しの筈だし、あきらめ樹木をかき分け下る。
1:00 右に緩やかな尾根が見えるのでそこまで行くと、テープの印が有り道も有った。
1:02 すぐにシュラインロードに出た。
    ここで古寺山は終わり。  頂上から南は以前より解りにくくなっている。
 
ここから西にヨモシロ谷というのが有る。登れる谷なのかどうか解らないが挑戦してみ
ようと入口まで行ってみる。しかし「6月20日まで工事中立ち入り禁止」と書いてあ
るのであきらめ、シュラインロードを登る。

1:35 行者堂 昼食 1:50 まで
ノースロードから三国池(縁の方が少し凍っているだけだった)→アゴニー坂→
天上寺(見学)→摩耶山 
摩耶山の頂上というのは何処なんだろうと思い、青谷道の入口から右に登る。
3:30「天狗岩大神」と書いてある鳥居が有る。
頂上はこのあたりの筈だが、それらしい表示はない。 上野道を下る。
4:25 バス停「観音寺」