苧谷(左俣) 本文へジャンプ

 

【2006年9月24日】
11:30 稲妻坂のハーブ園への分岐から4分ほどの所に、テープの印があり踏み跡がはっきりある。久しぶりに苧谷へ行けるかも知れないと思い下る。高度390m
11:35 道は沢に出て、東へトラバースしている。
11:39 右俣に出た。高度335m
11:44 堰堤工事で行き止まり。西の尾根へ行く。
11:48 右俣と左俣の間の尾根。下る。
12:08 法徳寺の祠のような物が有る所に出たが、寺の建物があり下りられない。高度260m
12:14 引き返す。

【2006年11月15日】
布引から法徳寺まで登ってみる。
お寺の人が居て「これから先は行き止まりです。30年ほど前には道が有ったけど今は無い」と言われました。
昔の谷の入口にはお墓ができて柵が有りました。
私が前に苧谷を登ったのは30年も前ではないですが、お寺の人が寺の中を通ることを認めてないようなのでこの谷に入るのはもう諦めました。

************** 古い記録 *********************

 
1回目 発破工事中で入れず。
2回目 気味の悪い谷なのでやめる。
3回目 上からの入口を発見し下りかけたが、時間が遅かったので引き返す。
 
4回目【1989年2月27日】
11:33 上の入口
 入口はこの季節でも草で踏み跡はとぎれとぎれ。
 下りになる。雨水の流れた跡のような道。
12:05 水のない河原。左右の沢が出合ったところ。
 堰堤を右から越える。
 同じような左右の沢が出合ったところに出る。
 たまにしろテープの印有り。

 滝があり少し先にはしごがかけて有る。しかしそこへ行くまでが滑りそう。
 左にロープがあり巻道があるので左から大きく巻く。
 河原へ下りて少し行くと法徳寺に出た。
12:10 あっけないほど短かった。
 
5回目【1990年3月25日】
10:55 新神戸駅
11:18 法徳寺
 前回は巻道を下りたが、沢沿いに登った。
11:41 堰堤 少し沢を登ってから左の尾根を登るところが要注意。
12:02 縦走路
 
6回目【1991年11月18日】
後半がガイドブックと違うのでまた登ってみる。
10:57 法徳寺
 初めの7mほどの滝。前回は右を巻けたが今日は登れず、少し戻り左を大きく巻く。
 堰堤の後、右の谷に入ってしまい、堰堤があったので気付き引き返して左の谷へ。
 沢が左右に分かれたところに出たので中間の尾根を登る。
 道は全くない。
 またガイドブックとちょっと違う。
12:30 天狗道に出た。ハーブ園方面への分岐の少し東。