奥山谷から逢ヶ山 本文へジャンプ


【年月日】1997年 11月 16日
【山 域】兵庫県 六甲山系
【ルート】神鉄・有馬口→奥山谷→奥山谷と深戸谷の間の尾根→逢ケ山→高尾山→
      湯槽谷山→灰形山→落葉山→神戸電鉄・有馬
【地 図】六甲・摩耶・有馬(エアリアマップ)
      文化・レクリエーションマップ(神戸市)
 
10:17 神鉄・有馬口駅
 あてずっぽうで歩き出したら間違えた(^^;。
 南の出口から出て、西へ。川を渡り、川の右側を登るのが正解だった。
 
10:37 正しい入口
 神戸市の「←有馬口 仏谷峠→」という道標が有る。
 風呂ノ谷砂防ダムを過ぎると「車両通行止め」と書いてある。
 頭上に工事中の高速道路があり、このあたりで沢が左右に分かれている。
 
10:50 広い道が右の風呂谷へ曲がっているが、道の無い左の沢に降りる。
 
10:58 奥山谷砂防ダム やっぱりここが奥山谷だと分かり安心(^^)。
 巻道は右側、手前から。

 砂防ダムを越えてからも沢に降りずに右側の道を登る。


            
            
            

            

                    ↑尾根からの眺め
 
11:04 工事用の金属製の階段
 道が分かれていて、右は登り、まっすぐは谷へ降りる道。谷へ降りる方に「仏谷峠」と テープに書いてあるので谷へ降りる。すぐに谷を横切ると神戸市の道標があった。
 ジグザグの登り。尾根道になり逢ケ山が見える。
 
11:18 分岐 右は尾根、左は谷へ下るようになっている。左の道の方がはっきりしているので左へ降りる。少し下ると神戸市の道標が有った。この道は神戸市が出している
 「文化・レクリエーション マップ」に載っている道だろう。
 
11:28 涸れた滝が有り、「深戸滝」と書いてある。そんなはずは無いと思い登り続ける。
 道が崩れてちょっと危ない所があった。
 
11:33 前方に堰堤が現れたところで、やっぱりここは深戸谷だと思い引き返す。
 
11:44 11:18 の分岐 尾根を登る。
 踏み跡はほとんど無くなる。神戸市の地図に載っているのはこの尾根のはずなんだが、神戸市の道標どころかテープの印も無い。
 
12:00 ピーク 逢ケ山が前方に見える。
 地図とコンパスを見て、ヒノキの植林の中を左の方へ下る。
 尾根に出て、少し下ってから登る。雑木林になり踏み跡も無いが、南南西へ登る。
 
12:33 右にヒノキの植林帯が出て来た。登り易そうなのでそちらを登る。
 
12:37 傾斜が緩くなって来た。
 東西にのびた逢ケ山の稜線の道に出た。ちょっと東の方へ行ってみたがテープ印が無いので引き返す。
 
12:50 逢ケ山頂上 1:23 まで昼食
 頂上の近くに木に青テープが巻かれていて「右 山王神社→」「右 風呂谷 有馬口」
 と書いてある。風呂谷の道は興味が有るので探したが、見つからなかった。
 
1:43 仏谷峠
 深戸谷へ降りる方に神戸市の道標が付いている。やっぱり神戸市の地図は間違いで、深戸谷のつもりなんだと思う。
 
1:58 高尾山 2:07 まで休憩
2:26 有馬三山縦走路 ゆっくり有馬三山を縦走することにする。
2:34 湯槽谷山


            
            

            

灰形山あたりからの眺め
3:10 灰形山
 道が崩れている所が有る。多分震災の影響だと思う。
 その崩れている所で人に出合った。今日、山に入ってから初めてだ。
3:38 落葉山 落葉山の妙見寺の狛犬は馬だった(^^;。有馬という地名と関係有るのだろうか・・・・。


            

            

4:04 神鉄・有馬駅