水彩画   アゴニー坂から見た六甲山牧場

六甲山系と丹生山系

六甲山系と丹生山系をまとめてみました。古い情報が多いので気を付けて下さい。

比較的新しいのは今のところ
   ヌクトゲートロック・ドントリッジ・赤子谷左俣・菊水ルンゼ・菊水尾根・ハチノス谷・山羊戸渡・古寺山・地獄谷東尾根・大月地獄谷・樫ヶ峰・摩耶東谷・黒岩谷西尾根・瑞宝寺谷西尾根・東腹山・一ヶ谷道・行者尾根・天神谷
入れなくなった→苧谷
2007年11月 「昔の六甲」に摩耶観光ホテル跡を追加しました。

ガイドブック等でよく紹介されているコースは省いて有ります。マニア向きのページです。
当方ではこのサイトが提供する情報について正確性、安全性などいかなる保証もいたしません。 このサイトが提供する情報等が元で起ったいかなる事故、事象にも責任を負いません。 この点を納得した上で自己の責任においておこなってください。
 

-------------------------------表の見方------------------------------- 

一列目 例(深戸谷→逢ケ山)=「深戸谷」に関しては「逢ケ山」を見て下さい。

三列目 古=震災前の報告  △=震災後の情報を含んでいる

四列目 エアリアマップ「六甲・摩耶・有馬」での座標  ×=名前が載っていない

五列目 写真の枚数。その他コメント  ★面白かった  △あまり面白くなかった  ×全然面白くなかった

----------------------------------------------------------------------

区切り線

赤子谷 左俣

2007.12.29

 -

G-1

写真*6

赤子谷 右俣

1986.8.10

 古

G-1

△ 

芦谷川

1989.2.6

 古

   丹生山系

TEXT

一ヶ谷道

2002.11.10

 -

  D-4 ×

写真*1

岩ヶ谷

1991.3.10

C-4

写真*1

岩原山→ナガモッコク尾根

 -

 -

F-1

 -

上野道の西

2003.1.26

 -

   C-5

青谷道東尾根

浦川 中

1989.5.28

 古

丹生山系

 -

浦川 左

1989.11.19

 古

丹生山系

浦川 右

1991.11.4

 古

丹生山系

大月地獄谷

2003.11.23

 -

E-4

写真*5  昔の記録も有ります

奥山谷

1997.11.16

 -

D-2

写真*3

おこもり谷

2004.11.8

- 

E-2

写真*1

苧谷(左俣)

2006.秋

 -

    C-5

 入れなくなっていた

樫ヶ峰

2003.7.12

 -

G-2

写真*1 

柏尾谷 左

1990.4. 2 

丹生山系

 立ち入り禁止 △

柏尾谷 右 本流

1993.9.19

丹生山系

立ち入り禁止

ガマ谷

1989.5.14

D-2

 ×    写真*1

烏原の東

1990.5.29

A-6

写真*1 

菊水尾根

2008.3.29

 -

A-5.5 ×

写真*2

菊水ルンゼ

2007.11.4

 -

A-5.5

ダムが出来て入口が変わりました★

菊水山その他

1988.5.29 

A-5.5

2008年ガンチャン新道

行者尾根

2008.4.12

 -

C-4.5 ×

写真*1  ★

金鳥山の西

1998.5.31

 -

EF-4

 -

黒岩谷西尾根

2003.5.3

 -

E-2 ×

 -

剣谷

1989.4.3

 古

F-3

 ×   TEXT

コウモリ谷

1997.9.21

 -

丹生山系

今は入山に登録が必要です。写真*1

五助谷

1987.4.5

E-3

 

五助山

1999.1.10

 -

E-3

昔と入口が変わっています   ★

桜谷西尾根          2009.3.15       -        BC-4                  

シェール槍

1999.10.3

 -
C-4×

写真*3

地獄谷東尾根

2003.12.8

- 

C-3

写真*1   ★

十八丁尾根

1991.1.21

E-2

十八丁谷・途中まで

石楠花谷右俣

1992.3.8

C-3

 ×  写真*1

社家郷山→樫ヶ峰  -  - FG−2  -

シラケ谷→仙人窟の尾根

 -

  -

D-2.5  -

新穂高

2002.12.15

- 

C-4

写真*1

水晶谷

1988.4.3

E-3

 △ 写真*1

瑞宝寺谷西尾根

2003.5.3

 -

E-2

 -

仙人窟の尾根

1988.12.18

D-2.5

TEXT  仙人窟発見!?

天王谷の西の尾根

1988.5.29

A-6

 -

天神谷(ハンター谷)

2002.10.27

- 

B-6

 ×  TEXT

天望山→ 一ヶ谷道

 -

 -

D-4

 -

堂徳山

1997.11.30

 -

B-5.5

南の尾根 

東腹山

2003.4.27

 -

AB-6 ×

  -

都賀谷(途中まで)

1989.3.6

C-4

 △ TEXT 短文

魚屋道

1992.2.16

F-4

四回行って解決(^^;

ドントリッジ(西尾根) 2008.3.16   B-4.5 元祖!

長尾谷

1990.3.11 

C-2.5

写真*1

長坂山

1989.12.17

丹生山系

TEXT 短文 

ナガモッコク尾根

1991.1.6

F-1

TEXT

鳴川 左

1989.11.27

丹生山系

 △

鳴川 右 本流

1989.1.3

丹生山系

     ★

西お多福山

1987.1.4

E-3

今は簡単に登れる 写真*1

西谷山

2002.11.10

 -

D-3.5×

写真*1


ヌクトゲートロック      2008.3.16             -           B-4    昔の岩場  

白水山

1988.2.7

E-2

 TEXT

ハチノス谷

2004.4.17

 -

C-4.5

写真*2 ★ 堰堤工事中、迂回路有り

東谷

1992.6.14

E-2.5

 × 2003.5月現在 工事中通行止め

屏風岩谷

1999.11.28

 -

F-1

写真*3

屏風谷 本流

1995.6.25

 -

丹生山系

写真*1  沢登り

屏風谷 右

1990.4.15

丹生山系

写真*1

双子山

1991.10.14

B-3

 TEXT  短文

再度山山頂

2002.10.27

 -

B-5

写真*1

深戸谷→逢ケ山

1986.12.7

D-2

 △

古寺山

2003.12.8

- 

C-2.5

写真*1    ★

坊主山

2002.9.22

 -

D-4

写真*2 

逢ヶ山

1986.12.7 

D-2

写真*1

摩耶東谷

2003.5.17

 -

C-4.5

2010年4月にも登りました

道畦谷

1990.3.5

F-3.5

写真*1

道畦谷北尾根

2004.3.16

 -

F-3.5 ×

ナマズ石の情報あり

三ッ下谷

1994.8.21

B-3.5

写真*1  沢登り  ★

水無谷→水無山

1986.10.5 

 -

D-2

水無山

1986.10.5 

D-2

写真*1


山羊戸渡 2004.5.1  - CD-4  -

老婆谷

2002.11.18

  -

C-4.5

 - 

六甲アルプス

1991.4.14

C-3 ×

写真*2  謎のヤセ尾根!?

六甲全山縦走

2004.11.14

- 

***

写真*1  参考タイム


    おまけ    
大池駅からの道

昔の六甲(白黒写真)  ★菊水山登山口の橋  ★大師道の交番 ★東お多福山のススキ

★六甲ケーブル    ★びわ湖バレイ・カーレータ    ★摩耶観光ホテル跡

★布引・展望所から(1977)          ★天上寺跡(1986)

1986.10.25 丹生山と帝釈山
1992年の夏にNIFTY-Serveの山のフォーラムに入ってからは、人に読んでもらうために山行報告
を書くようになりましたが、それまでは自分のための記録として書いていました。
このHPで初めてその記録が他の人の目にふれることになりました(^^;。
何かの参考になれば幸いです。(現状と違っていてもいじめないでね(^^)。)
 
山頂にこだわり、道にこだわらない人もおられますが、私の場合は山頂にこだわらず道にこだわ
り、道を楽しむタイプです。
一般コースを歩いていて地図に無い道を見つけると、どこに出る道だろうと思い、尾根から隣の
尾根を見てあの尾根にも道が有るんじゃないだろうかと思う。道の無い薮をかき分けるより、わ
ずかな人が付けた微かな踏み跡を尊重したいのです。

TOP