農協(JA)問題報告所

 

 

 

→ HOME
→ 農協(JA)とは
→ 推進問題
→ 労働問題
→ JAへの就職
→ JA利用の注意
→ JA改革
→ 理事総代の注意

  → 家の光の真実

  → JAランキング

→ 更新履歴
メールメール

JAへの就職

 

1.JA(農協)への就職

 今日、ほとんどのJAでホームページなどで募集を行っているため、それを見て申し込むのが一般的です。
 一部大きなJAについては、よい職員を集めるため、民間の合同採用説明会などに参加しています。

 ただ独自で採用説明会等を開催せず、連合会主導で県内単協合同説明会及び採用試験をしてもらっている程度の単協も多く、そういうJAはホームページに何も書いてないため、気になるのであれば電話で確認しましょう。
 コネがあれば有利といいますが、大きなJAでも、4大卒、関係ある専門学校卒であれば普通に就職できるレベルですので、コネがなかったから落ちるということは無いと思います。

 内定率は地方JAで地元民Dラン大卒で90%程度ですが(就職氷河期で今は少し低下)、経営のいいJAだとどこからか人が集まり、50%を下回ります。

 今は家が農家でなくても採用してます。

 志望動機を説明できれば(経営が少しいいは×)隣の町から就職しても採ってくれるかもしれませんが、JAは給料が安く実家寄生が基本なので、結婚してそれで生きていけるのか注意が必要です。

 JAの事業が幅広いため、農業に興味があるとして農学部や生物学部、信用事業に興味があるとして経営学部、経済学部、JAによっては福祉だってやっているので福祉学部等々幅広く門戸が開かれています。
 小さなJAについては、ホームページの募集などなく、推薦・関係者のみの就職となりますが、わざわざそのような閉ざされたJAを選択する理由もないと思います。

 

 JAはやっている業務が非常に多彩であるため、入ったもののまったく想定外の仕事内容だったり、予想外の部署に配属になる可能性があります。

 組合員にいろんなものを推進できるようにJA職員は広く浅く業務を理解していればいい、専門的な業務は連合会の仕事だ、というのがJAの人材育成の方針だからです。

 

 農協の内定をもらって、何も知らない人から「安定していいね」とか言われて何か公的な組織と勘違いして就職する人がいますが、JAは完全な民間組織です。
 その推進は種類が多く、特に毎年全員で行う共済推進は重い負担であり、半公務員どころかどちらかといえば生保のおばちゃんにもっとも近い職業と言えるでしょう。

 テレビコマーシャルの多さで勘違いする人がいますが、あれは県連・全国連が放映しているのであって、単協にそんな金はありません。

 経済系の部署については定着率が低いため臨時採用が多く、そこから正職員になる人も多いです。

 

 知名度では地元JA>県連ですが、給料処遇は県連>>>地元JAです。

 同一県で単協が県連を処遇で上回ることは、普通ありません。

 生協含め普通の組合では県域の連合会は地域の協同組合を調整するため若干名の組織で、何も知らない人とかは農協もそのように考えがちですが、実は農協だけは別で県域・全国域が非常に大きく事業を行っており、完全にJAを支配というか食いものにしている、連合会の高い人件費のために単協職員がノルマに追われて必死に推進(自爆)を行っている状態です。

 信連以外は低学歴でも普通に就職できるため、迷ったら県連・全国連が基本です。

 

 上位単協、特に県連では採用時に野球経験者が有利との話があります。

 面接の時に一発逆転狙いで野球が得意とか、土日は草野球しているなんかの話を持ちだすのがいいかもしれません。

 休日の野球を嫌がる人も多いと思いますが、共済連で半強制野球が続いているのは、ほぼ定時に帰宅できて週休2日だからできるのであって、若手全員野球があるところは基本的にすごくいい職場です。

 単協だと、サビ残も多く、なかなか週2日休めないので、安息日の日曜日に若手強制動員野球をやろうとしても、暴動が発生するでしょう。

 

2.JA職員の給料

 初任給は単協も県連も全国連もそんなには差がないです。
 が、長く勤めると、その差はものすごいことになります。
 どこも公開してませんし、統計を持ってるわけでないのですが、およその金額を書いてみます。

 単協の部長クラスでは、年収600万〜900万円
 県連の部長クラスで、800万〜1200万円以上
 全国連の部長クラスで、2000万円以上(闇に包まれている)
 単協も隣の農協で結構給料が違いますし、連合会も種類によって給料が全然違いますが、当たらずとも遠からずだと思うのですがどうでしょう?

 実際のところ、県連全国連は年収以外に福利など充実しており、また裕福に経費を使える一方、農協職員は部長のポストも少なく、各種自爆があって、実際の収入はもっと低く感じます。

 たとえば、全国県連クラスだと飛行機新幹線で些細な用事でばんばんと宿泊付き出張するのに対して、JAだとそもそもそんな機会がない、仮に東京の会議に出るとしても部課長クラス一人に絞って絶対日帰り、近場の経済連の会議に出るとしても車で乗り合わせて最低経費でみたいな感じです。


 さらに、厳しい競争に残って給料のいい部長クラスまで来ればいいのでしょうがそれまでが大変で、30代40代の支出が多い時期にゴミ新聞ゴミ雑誌共済等の自爆で実際の年収はびっくりするほど少なく、生活は非常に厳しく、農協のローンを使いながら生活してる農協職員も大勢います。

 中年単協職員の身なりは、スーツは長年の使用で垢で光り、ズボンは裾とポケットの縁が擦り切れ、靴は980円の汚れたスニーカー、ワイシャツは家で洗っているのでしわだらけで襟が擦り切れても着続け、髪型は変で家で散髪しているのが明らかで、見てすぐに単協職員だとわかります。

 退職金も、全国連県連は公務員以上ですごい額になるのに、単協は人事制度に差がありますが、昔良かったものの中小企業並みにどんどん引き下げられています。

 感覚的には、単協の倍の給料が県連、4倍以上の給料が全国連といったところです。

 

3.労働時間

 JAによっては5時半にはぱっと帰れますが、その後共済推進をしていたりします。

 要領よく共済推進できれば、それほど極端な残業は無いと言われていますが、部署によってものすごく差があって、しかもそれが嫌がらせ人事で活用されてて、全然改善されないのが特徴です。

 若い女性で金融窓口に出ている人とか、総務に努めている人にはそんなに苛酷でないと思います。

 推進も、親の協力があれば10年程度は大丈夫なところが多いです。

 

4.JAの人事と仕事

 コネ、思い込み等、結構露骨です。

 まずJAに公務員的なイメージを持つ人が多いですが、うちは完全実力主義、成果主義です。

 JAを牛耳っている幹部たちがどんな実力があり、成果を出したか誰も知りませんけれど。

 どう考えても頑張っている職員が、幹部に睨まれて降格になったりするのも、大卒職員が古い農業倉庫で一人で単純作業を続け若くして肩叩きを受けるのも、逆にコネ採用の世間的にバカと言われている人がどんどん出世するのも、あくまで公平な実力の評価です。

 

 あまり考えてないようで、全然違う業務を転々と回される人が多いのが特徴で(例:新採で肥料配達、その後金融窓口、渉外、その後なぜか販売等)、コネでない人はとても苦労します。

 大変な部署があって、まったく改善されないのも特徴です。

 代表がLA(共済のライフアドバイザー)。

 役員に反対した職員が嫌がらせで飛ばされたり、JA合併して数年たって、小さいJAの職員がどんどんLAにされたり、高齢の全然違うことを長年していた男性が、人減らしの期待でLAにされたり、、、、

 以前はLAにされて覚悟して辞める職員が大勢いましたが、最近では一斉推進ができるように、若いうちに共済の簡単な部署に就かせることもあると聞きます。

 

 よさげなのが、金融窓口、渉外から融資、最後は支店長へのルート。

 そういう人は離職率も低く、家が資産家で大きくアパート経営とかしている融資先組合員の親戚なんかが優先されます。

 次に総務系及び広報系。

 企画・監査も期待されている方だと。

 営農指導が重要だと言われますので、そっち系も大変ですが、やりがいがあるポストだと思います。

 これらの部門では、がんばっている若手も大勢います。

  

 逆に大変なのが、なんといっても共済系。

 経済系、店舗系も、長時間労働の上、共済の仕組みなんてさっぱりわかりません。

 しかも赤字部門で肩身が狭く、施設が閉鎖されて突然LAなんてことも。

 営農指導がいいと書きましたが、カントリー担当とかその時期は大変です。

 

 農業が盛んな農業系JAと都市部の信用系JAと、何にもなくて共済頼みのJAと、部門の位置付けが全然違うので、参考までにしてください。

 ただ、経営のいいJAのほとんどは、農地がどんどん宅地化されて、そのお金をJAが集めて連合会に運用してもらって連合会からの奨励金で潤っているのと、都市部で比較的自分で運用がしやすいところであって、農業系が強く経営がいいJAというのは全国少数派です。

 

5.転勤

 ありません(笑)

 単協の数少ないメリットといいますが、限られた田舎から出ることがほとんどなく、域外の出張は少なく、本当はデメリットだとみんな思っています。

 

6.いいJAと悪いJAの見分け方

 JAのホームページの、「ディスクロージャー」というところにいろんな経営数値が載っています。

 載ってないところは、金融機関としてはおかしいところです。

 

 載っていれば、その中に自己資本比率というのがあります。

 これは金融機関の経営の指標であり、そこがおよそ12−14%未満であれば、止めといた方がいいでしょう。

  共済の推進がさらに厳しかったり、将来吸収合併される可能性もあります。

 詳しい人だと、あれ、隣の銀行より自己資本比率が高いぞ、経営がいいぞと思うかもしれませんが、それはJAが連合会の下部機関で、貯金をただ集めて連合会に預けて自らあまり運用できないので、リスクアセットが低いせいと、銀行じゃないのでちゃんとした外部監査を受けていないことが原因です。

 財務のことなんてよくわからないという人も、最低限自己資本比率くらいはチェックすべきです。

 

  次に、不良債権比率というのも要チェックです。

 これは貸出金のうちどれだけが不良債権になっているかという比率で、リスク管理債権という名前で公開されています。

 これが11%を超えていると、大規模融資案件が破たんしたとか、よっぽどずさんな融資をしているとか、そういうところです。

 小さいJAも将来予期せぬ形で合併する可能性が高いです。

 正組合員5千人、准組合員5千人、合計1万人というのがJAの平均的な規模ですが、それは北海道の小さいJAを含めた平均値なので、その他の地域で縁故でなく就職するのであれば、その倍の規模は欲しいところです。

 不祥事が多く起きているJAがありますが、一番の原因は自爆強制の生活苦、二番目がいじめ等で、これも要注意。

 

 あと、職員が辞める一番の原因の共済の一斉推進を止めてしまい、恒常推進にしぼっているJAが全国に出てきています。

 じゃあ自分がLAになったらどうなんだとも思いますが、職員の意見を聞いてくれるいいJAだと思います。

 

 経済系の大きな子会社があるところは、労働が大変で賃金が低い経済部門を分離しているので、残った部門は比較的就職しやすいです。

 逆に経済子会社で働いている人は、脅されて子会社に移らされて大変だと思いますが。

 

 最後に、職員数と比べ採用者数が少ないことをもっていいJA、多いことを持って悪いJAと判断する人がいますが、間違いです。

 JAは職員が大勢辞めた時はハローワークで募集しますし、定年退職者が多い年もあればほんの数人の年もあって、同じ単協でも今年と前年と採用数に開きがあります。

 

 どちらにしろ職員数だけ見て、JAは地方ではこんなに大きいんだ、安定しているんだ、テレビコマーシャルだってやってるなんて勘違いして就職すると、たいへんな目にあいます。

 

7.離職率

 軽い気持ちで就職して、各種推進ノルマに耐えられずに辞めていくため、若い職員の離職率が高いです。

 特に経済職員、共済職員の離職率はびっくりするほど高いです。

 しかし早く辞められた人は幸せで、一番悲惨なのは若く結婚したりして辞めるに辞められず、迷いのあるまま残っている人なのかもしれません。

 女性職員は結婚すると辞めるのが普通です。

 推進ができるなら残れると思いますが、残りたいわけがないです。

 都会と違って地方では女性の扱いが低いですが、今日、長く勤める女性職員も一部いますし、さらに一部実力が認められて活躍している女性もいます。

 

8.OB訪問

 JAに就職しようと思って検索してここに来た人は、不快に感じる人もいるかもしれないですが、ぜひOB訪問を行って本当か嘘かを確認してください。

 JAは全国に700以上あり、それぞれ独立採算で経営内容が大きく違っており、その内情を確かめる意味で絶対必要です。

 優良JAとして、JAセレサ川崎、JAさがみ、JA横浜なんかの横浜3JAと、あと一部愛知県、東京(、兵庫?)のJAなんかがあり、それらは業務の割に給料が高く、30代で年収700万を超えることもあり、連合会のための意味のない推進が少ないと聞きます。

 それ以外にも、下位の信金や第二地銀、または中堅小売りを凌ぐJAは、規模の大小にかかわらず全国各地に存在しています。

 ただ、ほとんどのJAはこのホームページの内容が当てはまると思いますし、例外優良JAといっても現行法制度の中では所詮連合会のための単協なんだろうなとは思います。

 逆に東北地方北部、九州地方中南部には地域経済が悪いこともあり経営の悪いJAが多く、山陰、中国、四国にも古い体質の経営のよくないJAが多いです。

 県的には、青森県と、山梨県が悪いので有名で、意外に千葉県も信連が経営が悪いため配当がもらえず単協も経営が悪いです。

 

9.お願い

 農協がJAになって以降、農協を公務員と勘違いして、安定していると思って就職する人が後を絶ちません。

 実際は、上部団体のための、新聞雑誌共済自爆強要に疑問を持たない人しか長続きしません。

 最後まで読んでくれて、ここが役に立つ内容と思ったら、就職関係の掲示板などでここを紹介してください。

 そうすれば少しは不幸な就職を防げますし、また農協組織のおかしさを知り、問題意識を持って働く人が増えれば、10年くらいすればひょっとしたら農協はもう少しましな組織になるかもしれません。

 

10.おまけ

1 貴組合、御社?

 面接や履歴書の志望動機で農協を何と呼ぶか、特に決まってません。

 御社でも気にしませんが、貴組合の方が丁寧です。

 御組合でも間違いではありません。

 

2 協同組合って?

 株式会社と違い弱者のため一人一票制、非営利、利益配分制限。

 メリットは税率が低く、デメリットは組合員以外の利用に制限がある。

 共同組合と書いた人は落ちる。

 生協では、協同活動とは低価格や安全がメリットとされるが、JAで協同活動とは高給上部組織への奉仕の心とされる。

 農協は非営利なのに一般株式会社より肥料農薬あらゆる農業資材は高く、逆に農産物販売価格は安いが、それでも組合員が協同精神を学べば、進んでJAを利用すると上部連合会から指導される。

 

3 試験内容

 筆記試験(SCOAが多いらしい)+農業とかの小論文が一次で、次が面接というのが多いです。

 違うところもあり、先輩に聞いてください。

 

4 志望動機

 本音は違いますが、建て前として農協は農業が重要なので、農業関係の本を1冊くらい読んだ方がいいと思います。

 あと、生まれ育った地域に恩返ししたい、地域貢献できる幅広い仕事に興味がある、こういう仕事がしたい、なんかが定番か?

 

5 作文の題例

 農業について述べよ

 農協の使命

 自分の今後の目標

 農協の地域貢献

 環境問題と自分ができること(信連)

 ありがとう(共済連)

 

6 TPPの影響は?

 上部組織が自民党から国会議員に出ているため、民主党攻撃の選挙対策で大反対したが、選挙後はTPPより大切な上部組織の利権のため、全国で自民党支援運動を展開。

 JA以外の農業団体や自民党支持の土木団体も、数兆円と言われるTPP補助金を待っており、農業は滅びてもそれを取り巻く団体は滅びない。

 

7 就職に有利、春までに欲しい資格

 単協は合格しても何の仕事につくかわからないので、何の資格がいいかはわかりません。

 つきたい業務の資格を学生のうちに取って、総務に連絡すれば、希望業務につける確率が高くなります。

 おすすめは、信用経理企画に有利な簿記2級。

 入ってからの注目度が違うでしょう。

 田舎では普通免許も必要です。

 もっといいのは、就職してからは堂々と公務員試験の学校には行けませんので、今のうちに行っておくことです。

 

8 JA子会社ってどうよ

 年360日出勤、残業代なし、給料単協レベル、共済推進付きの単協経済子会社から、ノルマ無し、求人非公開コネ採用、年収軽く一千万オーバーの連合会子会社まで幅がありすぎて、一概に判断できません。

 

9 連合会の就職難易度半端ねぇ。奴ら超凄いんじゃない?

 現在就職難で、連合会単協で馬鹿が実権を握ると、その血縁者が続々と連合会や連合会子会社に就職する例が報告されています。逆に一般枠で就職する人は凄い可能性も。単協で仕事をしていると、連合会担当が馬鹿ほど有力者血縁者なので、逆らわないのが鉄則。

 

10 内定辞退どうすれば?

 連合会ご指導の合同試験では、内定辞退を見越し多めに内定を出すよう指示され、逆に全員来たら困る状態。D日程でも、電話1分で何も問題ない。独自採用JAには、電話の後手紙で謝ろう。

 

11 退職どうすればいい?

 5年で同期半分が単協の定説。

 自己都合退職と会社都合退職があり、自己都合退職(退職届提出)は、「会社に落ち度無く、自分の都合で会社を辞めます」という制度。

 次が決まってないのに自己都合退職し、後になり、いじめパワハラで精神病み再就職できない、自爆強要で退職させられた、残業代数百万もらってないと言っても手遅れ。

 残業代は法律上要求するもので、自爆強制は禁止で、パワハラは訴え出るもので、考えず印鑑押し権利とセーフティーネットを放棄しても、次の就職まず無く、ナマポ以下の悲惨な生活になるパターンが多い。

 

12 ゴミの光ゴミ新聞等自爆強制耐えられない。自爆拒否できる?

 単協職員は、上部組織の商材を組合員に売ってくる総合販売員の仕事です。ノルマは基本支店や部署単位なので、意図的にノルマ拒否すると、支店長の指示でボーナスカット、来年経済部署異動になります。

 

 

 

 

 

 


Yahoo!ジオシティーズ