Google
カスタム検索

大菩薩峠
大菩薩峠紀行(11);富士見山荘

裂石⇒上日川峠⇒大菩薩峠⇒大菩薩嶺⇒丸川峠⇒泉水谷⇒丹波





 目次)          山行記録    旅と山旅   関東百名山   日本百名山 

(美人画像は1分毎に変化、標題はfc2ブログにリンクします).




 大菩薩峠・紀行(11) 「富士見山荘」 .



 
 人気の無い山小屋らしい雰囲気の「富士見山荘」

 
 朽ちかけている富士見展望台

 
 富士見平から見た富士山



又、富士見山荘は勝縁荘とは異なって、さっぱりと開けたところに建っていた。
このあたり「富士見平」とも言うらしい。

昔使っていたのだろうか・・?、玄関横の壁に荷車の車輪が飾ってあり、その上の屋根には薪ストーブ用の懐かしい煙突が立っていた。
それがいかにもマッチしていて、建物はいかにも山小屋らしい素朴を滲ませている。

小屋横には見晴らしようの縁台が設えてあり、確かに秀麗な富士の姿が遠望できる。

山小屋前の道路横に車が駐車しているが、小屋の関係者か又は登山者が駐車しているのか定かでないが、両小屋共人の気配が全く無く森閑としていた。



両小屋の前にはジープが止まっているが、歩き難かった轍(わだち)は、この車のせいであった・・?。 
物資輸送用・・?の車であることは判るが、それにしてもこんな山の中まで車が入ってくる必要があるのか・・?。

生きた自然に接するための諸行として、自らの足で山に入る我々にとって、ここで、こんなところまで機械文明の利器を見せ付けられるとは、或は、文明の利器がここまで入り込めるような道路が必要なのかどうか・・?。
はなはだ落ち着かない不自然さを感じ、又、疑問の一つも生じたくなるのである。


現在、「勝縁荘」、「富士見山荘」は現在営業はしておらず、廃家になっていて、朽ちるのを待つばかりとなっている。 
勝縁荘の家の前には益田勝俊氏の顕彰碑が立つ。

尚、富士見山荘は、NHKの連続テレビ小説・「ゲゲゲの女房」(2010年04月〜2010年09月 毎朝)で、村井一家(水木しげる)が富士山の見える別荘として購入したロケ地でもあった。


次回、「大菩薩峠









当方、事情で写真は所有してないため、情景によっては所々に個人、公的機関等の許諾不要と思われる無料のフリー写真または素材を使用させて頂いております。その際、原画管理人にお礼をもう上げるとともに、もし、問題が発生しそうな場合は直ちに削除いたします。恐縮ですけど、連絡は「fcブログ」のコメント欄へお願いします。

  目次)          山行記録    旅と山旅   関東百名山   日本百名山 
【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

鎌倉・湘南紀行


「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
南アルプス・仙丈ヶ岳(1976年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
尾瀬・燧ケ岳紀行(1973年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
大菩薩峠紀行(1970年)


「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」