Google
カスタム検索

大菩薩峠
大菩薩峠紀行(16);五百円紙幣

裂石⇒上日川峠⇒大菩薩峠⇒大菩薩嶺⇒丸川峠⇒泉水谷⇒丹波





 目次)          山行記録    旅と山旅   関東百名山   日本百名山 

(美人画像は1分毎に変化、標題はfc2ブログにリンクします).




 大菩薩峠・紀行(16) 「五百円紙幣」 .



今までの樹林帯の道と違って、今度は見通しよい尾根道である。
晴天のこの日、周囲の大展望を満喫しながら前進するが、時折の強風にはいささか往生する。

振り返ると正面に丸みを帯びた巨大な山容の熊沢山がデーンといきり立っている。
熊沢山の向うが石丸峠、峠の向うが小金沢連峰の山並みが美しく波を打っている筈である。

その後方に見える富士の姿は格別で、一段のその雄大さを誇っている。
そういえば発行されたばかりの「500円札」(1969年;昭和44年発行)の裏面の富士の姿は大菩薩からの見た写真であった。


大菩薩峠の南側の山稜には小金沢連峰が延びているが、その北から順に牛奥雁ガ腹摺山、雁ガ腹摺山、笹子雁ガ腹摺山と、「雁ガ腹摺」という特異な名を冠する山が三つある。 
何れも「旧五百円」の紙幣裏面に富士山の図柄とともに描かれていることは特に有名で、知る人ぞ知るであろう。
つまり、紙幣に使われるだけの価値のある景観を持つ山並みなのである。


紙幣の表側の肖像は明治の元勲・岩倉具視であり、裏側が富士山の絵柄で原画は大月市の雁ヶ腹摺山山頂から撮影された写真とされている。

尚、現在は五百円紙幣は発行されておらず、代わりに五百円硬貨が発行されているのは周知である。



 


 
写真、旧500円紙幣の表裏の図柄



今では貴重になった日本銀行券「五百円札」(72×159mm)の裏と表
富士山の雄姿を、雁ガ腹摺三山が引き立てている。
表の肖像:岩倉具視、
発行開始日:昭和44年(1969年)11月1日
支払停止日:平成6年(1994年)4月1日


次回、 「賽の河原









当方、事情で写真は所有してないため、情景によっては所々に個人、公的機関等の許諾不要と思われる無料のフリー写真または素材を使用させて頂いております。その際、原画管理人にお礼をもう上げるとともに、もし、問題が発生しそうな場合は直ちに削除いたします。恐縮ですけど、連絡は「fcブログ」のコメント欄へお願いします。

  目次)          山行記録    旅と山旅   関東百名山   日本百名山 
【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

鎌倉・湘南紀行


「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
南アルプス・仙丈ヶ岳(1976年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
尾瀬・燧ケ岳紀行(1973年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
大菩薩峠紀行(1970年)


「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」