Google
カスタム検索

大菩薩峠
菩薩峠紀行(23);丸川荘

裂石⇒上日川峠⇒大菩薩峠⇒大菩薩嶺⇒丸川峠⇒泉水谷⇒丹波




 目次)          山行記録    旅と山旅   関東百名山   日本百名山 

(美人画像は1分毎に変化、標題はfc2ブログにリンクします).




 大菩薩峠・紀行(23) 「丸川荘」 .



 
 雪の丸川荘



本日の泊まり宿は峠の山小屋・「丸川荘」である。

玄関を入ると夫婦者らしい方が迎えてくれた。

「どうぞお休み下さい。 どちらからかえ・・?」
「はい、峠(大菩薩)からです。 今夜こちらで御厄介になろうとおもっております」
「おお、そうかね。 それにしてもお早いお着きだね」


暫くは主人らしい人と雑談に耽る。
木彫りのコケシのことや、最近の登山者のマナー、登山者事情など興味深い話題もあり、大菩薩の雪質のことや、数年前の大雪の時は峠で1mもあったそうだ。
飾ってある仏像や観音像なども手作りだそうで、その見事さにびっくり。


名の知れた規模の大きい建物と違って、こちらはこじんまりとしたワンルーム形式の山小屋であった。
時間のせいもあってお客は今のところ小生一人のようであった。
山小屋の雰囲気とはいいもんである・・!!。


丸川荘は東京オリンピックの2年後の年、昭和41年(1966年)に先代小屋番の渕井万吉の手によって建造され、その後二代目の小屋番である只木貞吉氏に引き継がれ、現在に至っている。

先代小屋番は、創業当時に独学で「木彫り」を始め、数多くの作品を残したというが、二代目・只木貞吉も、先代から木彫りの技術を引き継ぎ、現在も意欲的に創作している。

こちらの丸川荘の建物は近年改築されたらしく比較的新しい造りであるが、あくまでも山小屋らしい簡素な造りのようであった。
今でも昔ながらのランプの明かりを使っていて、発電機のように騒音もなく夜は静寂そのもの。 
動物たちの息遣いさえも聞こえてくるようだ。



山小屋は山旅をする人の仮の宿であろう。 
夜露を忍び、身体を横に出来て保温が保てればそれで良いのである。
この丸川荘はご夫婦で営んでいるらしく、如何にも我が家といった感じで好感が持てる。
親父さんの話では、下界の人とよく話をし、懇親を深めていて、今では独特のコケシ作りに精を出しているらしい。
このご夫婦の人の良さに引かれて、常連の登山客も相当数いるという。


山が好きで、山に来る人にとって山小屋とはかけがえのない「」である。
しかも、その中に景観溢れる自然美があり、人間味豊かなもてなしをを受ければ、当然そこには世俗の紛らわしさを超えた憩いの場所となり、忘れ得ぬ想いとなるはずである。
特に単独行者にとっては、いかにも痛感するものである。


次回も、「丸川荘









当方、事情で写真は所有してないため、情景によっては所々に個人、公的機関等の許諾不要と思われる無料のフリー写真または素材を使用させて頂いております。その際、原画管理人にお礼をもう上げるとともに、もし、問題が発生しそうな場合は直ちに削除いたします。恐縮ですけど、連絡は「fcブログ」のコメント欄へお願いします。

  目次)          山行記録    旅と山旅   関東百名山   日本百名山 
【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

鎌倉・湘南紀行


「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
南アルプス・仙丈ヶ岳(1976年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
尾瀬・燧ケ岳紀行(1973年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
大菩薩峠紀行(1970年)


「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」

daibo24.htm へのリンク