登山、丹沢山塊、西丹沢・大室山
西丹沢・大室山T
(標高1588m)

大室山Top   大室山U   丹沢山塊   関東百名山   日本百名山
【本文関連情報


「西丹沢の大室山は登山対象としての人気は薄いようだ・・。
ガイドブックなどで展望の悪い山という評価が定着してしまったせいもあろうが、登山者が少ないおかげで整備された登山道は意外なほど良く保全されている。この山は山頂の展望を目的とする山ではなく、山歩きそのものを楽しむ山なのである。
美しい樹林の中、土の感触を味わいながら歩くことができる。」


   西丹沢・主稜稜線

山行年月:昭和44121314
場  所:西丹沢・大室山(1588m
人  員:2
主コース:箒沢部落⇒白石沢出合⇒白石峠⇒加入道山⇒
     大室山
⇒犬越峠⇒白石沢出合⇒箒沢部落
徒歩時間:凡そ8時間


  関東地方南部、神奈川県の山愛好家で、最初に登った本格的な山は何処か・・?、と訊ねると大方の人は概ね「丹沢」と答える。 これは、一般的な人への返答だが、少しでも山をカジッたことの有る人は「丹沢の何処の山か・・?」と重ねて聞くだろうが。
 それ程、親しみやすく近距離にあるのが「丹沢山塊」である。

  この山は、最高峰が「蛭が岳」(1673m)程度の2000mに満たない山であるが、主として西部地域に大表されるがブナの原生林や美しい渓谷美が存在山域である。
 山塊は、東西40km、南北20kmの範囲で神奈川、山梨、静岡の三県に跨っている。一名、相模の屋根といわれるのが「丹沢」である。  小生が山好きになって最初に登ってのもこの山である。 たぶん、晩年の登り納めがあるとすれば同様に、この山域であろう・・。

  先月、丹沢山(1567m)へ挑戦したばかりで・・、蛭が岳を目指して、裏丹沢へ貫けようと思ったが、小屋の状況と大雨で撤退したばかりであったが。
この山塊は、10指に数える位入山しているが、西の山域は未だ未踏の地であった。
 そして、今回も新しいルートを求めての登行となった。
 今回は、その西の代表的山域「大室山」(1588m)の山行となった。
【本文関連情報

  昭和44年12月13日、暮れも押し迫った土曜日の午後の出発となった。尤も、この年代の土曜日は、週休二日制などは未だ実施されてなく、せいぜい半ドンが“関の山”であった。 因みに、土曜日を休日とする週休二日制(週五日制)が広く採用されるようになったのは、1980年代頃よりである。

   土曜日の夕刻、「水炊きの材料」を詰め込んで出発した。
 伊勢原の友人「鈴木氏」と同行して、小田急・新松田の駅が19時、ここからバスに揺られて中川温泉へ、そして、今度は徒歩で凡そ1時間で「箒沢」に到着した。 

部落に入って、道路際のすぐ左手に鬱蒼とした杉の大木が圧倒している。これがうわさの「箒部落の箒杉」であった。

小生がこの地を初めて訪れた3年後の昭和47年、丹沢地域は集中豪雨に襲われた。
 この時、周囲は土砂崩が多発し、多くの樹木が流される中で「箒杉」だけはしっかりと残り、土砂崩れを防いだという。
 もしこの杉がなければ 被害はもつと大きくなったといわれていて、云わば、箒沢は集落を救ったのである。

  箒杉の名前の由来は、この地の名前の 「宝木沢」からとったとも、また樹形が箒に似ているところからきたとも言われ、多くの書物にも紹介されている。
 国指定天然記念物指定、幹周・1200cm 、樹高・45m、 樹齢・推定2000年 と言われる。

大室山Uへ

【本文関連情報

大室山Top   大室山U   丹沢山塊   関東百名山   日本百名山
【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

「山行リスト」 

白馬連峰登頂記(2004・8月)
八ヶ岳(1966年)
南ア・北岳(1969年)
北ア・槍−穂高(1968年)
谷川岳(1967年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
上高地・明神(2008年)

「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」