尾瀬紀行
残雪の尾瀬・燧ケ岳登行(27)

  目次)          山行記録   旅と山旅   関東百名山   日本百名山 

【本文関連情報



(標題はブログにリンクします)


 尾瀬紀行(53)尾瀬の自然 「尾瀬の価値」 ,



 
 初夏の尾瀬ヶ原の木道と至仏山



因みに、この尾瀬最大の特徴である木道は、山地、峡谷以外の所謂、湿原、平地部分にはほぼ全域にわたって整備され敷かれていて、木道以外の場所を歩けないようにしてある。

当初の木道の目的は登山者の為のもので、湿原の泥濘(ぬかるみ)から身を守るためのものであったらしい。 
だが、当初は単線の木道しか設置されていなかったために行き違いが出来ず、湿原に降りた多くの登山者により踏み荒らされることが多かった。 
これを契機に、尾瀬のほぼ全領域に亘って計画的に複線の木道が整備されるようになった。

現在では木道の目的は湿原を登山者の踏みつけから守るものへと変化している。 
なお、
複線部分の木道は基本的には右側通行となっている。


木道の材料は尾瀬周辺の林で伐採した木材が利用されていたが、尾瀬地域が特別天然記念物に指定されたことによって、その後は地域外の木材をヘリコプターなどで搬入して利用しているらしい。
最近の木道はカラマツ材が使われることが多く、この木材は樹脂分が多く、湿原の水分にも簡単には浸されず比較的長持ちするといわれる。 
それでも10年前後で腐食がすすみ更新が必要であるため、計画的に改新工事が尾瀬の各所で行われているのが通常である。



古代の尾瀬は、現在の尾瀬ヶ原をすっぽりと埋まるような「古尾瀬ヶ原湖」という水深200メートル以上もある巨大な湖が形成されていたという説もある。 
尤も、その後の調査からは直接そのような証拠は発見されていないともいわれるが・・?。
今のところ確かなのは、尾瀬ヶ原の東半分程度が水没していた浅い湖が1万6千年年前頃まであったということで、現在の尾瀬沼の約4倍程の面積であるとされている。
いずれにしても尾瀬ヶ原も尾瀬沼同様の一湖水であったらしい。 

其の後、周囲の山々からの土砂、火山灰が流入し、そこへミヅゴゲ、其の他湿原植物群の堆積が進んで底部に次第に泥炭層を作りながら、現在の大湿原と化したものという。

尾瀬ヶ原の泥炭層の厚さは、ボーリング調査などから見て4.5メートル以上あるらしいが、おそらく5メートルを超えるところもあるという。

尾瀬の泥炭の堆積速度は、堆積した時代の気候、泥炭をつくる植物、分解度などによって異なるが、およそ1年間に0.7〜0.8ミリメートルと考えられている。 
従って、湿原への「踏み込み」などにより1センチ陥没した場合、その回復には単純計算でも10年以上の歳月が必要になるとされる。



尾瀬は「国立公園」になっている。
本州最大の湿原を持つ尾瀬は、その他にもオオシラビソ林や山地湿原など優れた自然環境を有する会津駒ヶ岳と田代山・帝釈山の周辺地域を新たな国立公園区域として編入し、平成19年(2007年)8月30日、日光国立公園から独立して新たな一つの国立公園、「尾瀬国立公園」として指定された。

更に、尾瀬は学術的価値も高く、その保存が厳しく義務づけられているため「特別天然記念物」に指定されている。

又、尾瀬は湿原生態系としての価値が評価され、2005年11月に「ラムサール条約湿地」として登録されている。
ラムサール条約は正式な名称が「 特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約 」とあるように、複数の湿地を移動する渡り鳥などの生き物や、その生態系を国際的に守るために作られたものである。


自然の造詣は永い間の時間の蓄積によってつくられたもので、わずかな変化でも、その影響は全体に及んでしまう。 
 
尾瀬」の現状を少しでも変化してしまっては、元へ戻すには更なる時間を要するか回復、復元が不能になってしまうのであり、そればかりか一つの変化は広範囲に波及して広がり、再び元へは戻らない。
環境を保護するとは、ただ一つ、”現状をこのままの状態で維持する”ことが絶対必要条件なのである。

次回、「尾瀬のオーバーユース




【本文関連情報





 尾瀬紀行(54)尾瀬の自然 「オーバーユース」   .



 
尾瀬マップ(クリック拡大  このマップは”尾瀬を非常に愛する「幕営専科」”より拝借しております。 感謝・・!!)
幕営専科」; http://qga02666.web.infoseek.co.jp/index.html
(但し、このHPは2012年5月で停止するそうです)




登山者、観光客による「オーバーユース」という考え方

オーバーユース“とは、日本語にすると過剰利用、利用し過ぎ、つまり、山や自然公園などで利用者が集中し、さまざまな悪影響が出ている状態ということになる。

悪影響とは、自然生態系に対する影響や利用者自身に対する影響など。
前者は、踏みつけによる植生破壊や土壌の浸食、裸地化、し尿処理や、ゴミ投棄などが問題とされ、後者は、混雑し過ぎて自然にシタルことができない、山を楽しめないといった、利用者の心理的な影響のこと。


特に尾瀬に場合、直近まで交通機関が乗り入れていて、普通の観光客でも容易に入山することが出来る。
従って、訪れる人の多さも含めて、自然に対する無知、更にはマナーや心遣いが欠落している人も多いようだ。

これらを解決する手段として一般的には、
@施設整備、
Aマナーの向上、
B利用者数のコントロール、
その他の管理、調整など


尾瀬の場合、ミズバショウが盛りのころや連休前後に利用が一時期に集中すると、ゴミやし尿が施設の処理能力を超え、自然へのインパクトが大きくなることも指摘されている。
この集中が、登山道外の踏み込みを助長し、し尿やゴミ処理の問題も引きをこしているといってもいい。

更に、人々が大勢で集中すると、施設の面でも特別に策を講じなければならない。 

実際に尾瀬では、登山道をはみ出さないようにロープを張ったり、柵を作ったり、木製の階段を設置したり、湿原やぬかるんだ場所では木道の整備をしたりといった対策を行なわれている。

又、土壌の著しい浸食に対しては、土木工事も含む土留め柵の設置や、高山植物の播種による植生回復が行なわれているのが現状である。
このように尾瀬ガ原では施設を整えることによって、湿原に入り込むような人は減ったとされる。


しかし、まだまだこの「マナーの向上」が必要とされる。

厳守すべきは、登山道をはずれないこと。 
これは歩行者との安全性(歩きにくくて極端に時間がかかってしまうことも含めて)との兼ね合いにもなるが、つづらおりの道で近道造作をしないことや、迂回しないこと、つまり道が悪くても迂回して歩かないこと。

又、高山植物の写真を撮るからといって登山道をはずれるのも厳禁で、足もとの植物を踏むことが、お目当ての花が消えていく第一歩となるのだ。


このように入山客がどうしても集中する場合、入山規制というのが必要になってくる。 
しかし、観光客や登山者の数を実際に制限することは、周辺事情もあって難しいとされる。 

一つの方策として「マイカー規制」があるが、これは若干ではあるが利用者を減らすねらいもあるが、しかし、それ自体が目的ではなく、利用者集中の軽減や自動車の排気ガスによる環境破壊を防止するためが多いようだ。

それでも尾瀬では特に週末にきびしい規制を行ない、平日の利用を促進させるようなシステムを取り入れているともいう。


何れにしても山(尾瀬)をどう守り、いかに楽しむのかは、今、我々はこうしたことを真剣に向き合って、考えなければならない時代に生きているともいえる。

  (尾瀬の広範な情報は「尾瀬保護財団」 http://www.oze-fnd.or.jp/  他 資料参照)


  【終】




【本文関連情報






  目次)            山行記録   旅と山旅   関東百名山   日本百名山 
【旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
東北紀行2010
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

古都鎌倉紀行
「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
尾瀬紀行(1973年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」