カスタム検索

世界遺産・白神山地
白神山地(10) 「青秋林道の是非」


旅の記録   山の記録   日本一周の記録   日本の世界遺産紀行   マイ・ブログ   profile
                   



表題はブログにリンクします


  日本の世界遺産 白神山地(10) 「青秋林道の是非」 .



  先ず、白神山地が世界遺産に登録される過程

それは、県の小さな自然保護団体が、「林道工事の差し止め」の請求を営林事務所や関係機関に請願したのがキッカケであったという。

自然保護団体が白神山地保護運動に取り組んだのは、白神山地を縦断する青秋林道(青森県西目屋村−秋田県八森町間凡そ30キロメートル、事業主体は青秋両県)の計画が明らかになったことからであった。


青秋林道の必要性

青秋林道は、「過疎に苦しむ青秋県境一帯の町村の活性化につながる」、「これまであまり伐採の手が入っていなかった白神山地のブナを利用する」、などを目的に、1978年頃から具体化に向けて動きだしていた。 
この動きは、青森秋田両県民はほとんど知らなかったが、1982年に着工する段になって自然保護団体の知るところとなった。 







まず敏感に反応したのが、秋田県の保護団体だった。 
『 林道は青秋県境を通ることになっているが、土砂が粕毛川(秋田県側)に流入する恐れがある。 そうすれば、生活用水に支障をきたし、ダムの能力が低下する。 自分たちの水を守らなければならない 』として立ち上がり1982年5月、関係機関に林道の見直しを求めた。 

水を守ることを主体に、ブナ原生林の保護を訴えたのだった。 
青森県側も、これに呼応し同年7月から保護運動を始めた。


次回、 白神山地(11) 「青森秋田の自然保護団体




クリックすると本分にリンクします
1 世界遺産について 2 世界遺産の選考基準 3 日本の世界遺産 4 白神山地概要
5 白神山地の地形、特徴 6 白神山地の国有林 7 白神山地のブナ林 8 ブナ林の集水性
9 十二湖駅 10 青秋林道の是非 11自然保護団体 12 生活の場・白神
13 日本の世界遺産 14 世界遺産概要 15 白神山地の十二湖 16 十二湖駅
17 白神山地の植生 18 ブナ林の世界遺産 19 ブナ林の息吹き 20 ブナ林の植生域
21 ブナの集水機能 22 ブナ林の真骨頂 23 白神ライン 24 世界遺産の観察歩道
25 一ツ森〜太夫峰 26. 歩道;暗門の滝 .27 マザーツリー .28 高倉森コース
29 くろくまの滝 30 ブナ遺伝保存林 31 十二湖散策 32 白神山地登山
33 高倉森自然歩道 34 マテ山登山コース 35 十二湖登山コース 36 天狗岳登山道
37 二ツ森登山道 38 今後の課題


旅の記録   山の記録   日本一周の記録   日本の世界遺産紀行   マイ・ブログ   profile
                   
(旅の紀行・記録集)
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」

日本全国温泉巡り
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観
世界遺産・平泉

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
東北紀行2010
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

古都鎌倉紀行
「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地-岳沢-穂高(1979年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
南アルプス・仙丈ヶ岳(1976年)
南アルプス・鳳凰三山(1970年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
尾瀬・燧ケ岳紀行(1973年)
奥秩父・金峰山(1972年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
大菩薩峠紀行(1970年)
山旅の記
山の歌

「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」