カスタム検索

世界遺産・白神山地
白神山地(12) 「生活の場・白神山地」


旅の記録   山の記録   日本一周の記録   日本の世界遺産紀行   マイ・ブログ   profile

              



表題はブログにリンクします


  日本の世界遺産 白神山地(12) 「生活の場・白神山地」



  
  地元民の生活の場でもある白神山地



青秋林道建設反対運動が起こった当時、林野庁の手で林道計画が自動的に廃案になるとはだれもが予想していなかったことだし、ましてや世界遺産にまで「出世」するとは、誰にも考えは及ばなかったという。

ふるさとの原生林を守りたい、という素朴な気持ちで地元民から生まれた保護運動であるが、この小さな芽が全国の世論を動かし、ついには国や世界を動かしたのである。 
このような例はかつて無く、「白神」はわが国自然保護運動史と共に、世界自然遺産という輝かしい歴史的な1ページを残したことになる。







  生活の場としての白神山地

ただ、現地、白神山地で生活を糧にしている人達に言わせれば、『 「未踏の原生林」とか言うけれども、私たちは1000年以上も前からこの山から様々な恵みを受けてきました。誰も人が入ったことがないと思われるぐらい、環境にダメージを与えない暮らしをしてきたのです。 ところが世界遺産に登録されたことで、長年この地で暮らしてきた私たちですら、この山に自由に入り狩猟や採取をすることが許されなくなりました。 他の先進国では、世界遺産に登録されたとしても、その地に暮らしてきた人々がそれまで通りの生活を続ける権利を認めたにも関わらずです。そういう自然保護運動とは如何なものでしょうか?』

「 登山観光目的で入山する人を規制するのは仕方ないかもしれないが、わずか20数名しか残っていないマタギの人たちの入山や、狩猟・採取まで規制するのはおかしいのではないか 」という意見もある。


白神山地は世界遺産に登録されるずっと以前から、周辺の町や村の住民にいろいろな恵みを与えてきた。 
世界遺産になったからと言って、地域の住民から既得権や生活権を奪ってしまうのは余りにも杓子定規であろう。

地元地域民は、林業で生計を立てている人もいるし、山菜取りもいる。
「マタギなどは大昔から白神のブナ林で生活」してきているのである。 
それらの人達が白神山地を荒らしたと言う話は聞かない。 それどころか白神の山をうまく利用し、共存共栄してきたことは明白な事実である。

問題なのは他の地域から山に入るマナーの悪い人達ではないのだろうか。 
そのような一部の心無い人達のために、先祖代々営々と山との良い関係を築いてきた地域の人達から、山との係わり合いを断ち切ってしまう様な権限はだれももっていないのである。


白神山地(13) 「日本の世界遺産  .




クリックすると本分にリンクします
1 世界遺産について 2 世界遺産の選考基準 3 日本の世界遺産 4 白神山地概要
5 白神山地の地形、特徴 6 白神山地の国有林 7 白神山地のブナ林 8 ブナ林の集水性
9 十二湖駅 10 青秋林道の是非 11自然保護団体 12 生活の場・白神
13 日本の世界遺産 14 世界遺産概要 15 白神山地の十二湖 16 十二湖
17 白神山地の植生 18 ブナ林の世界遺産 19 ブナ林の息吹き 20 ブナ林の植生域
21 ブナの集水機能 22 ブナ林の真骨頂 23 白神ライン 24 世界遺産の観察歩道
25 一ツ森〜太夫峰 26. 歩道;暗門の滝 .27 マザーツリー .28 高倉森コース
29 くろくまの滝 30 ブナ遺伝保存林 31 十二湖散策 32 白神山地登山
33 高倉森自然歩道 34 マテ山登山コース 35 十二湖登山コース 36 天狗岳登山道
37 二ツ森登山道 38 今後の課題


旅の記録   山の記録   日本一周の記録   日本の世界遺産紀行   マイ・ブログ   profile
               
(旅の紀行・記録集)
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」

日本全国温泉巡り
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観
世界遺産・平泉

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
東北紀行2010
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

古都鎌倉紀行
「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地-岳沢-穂高(1979年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
南アルプス・仙丈ヶ岳(1976年)
南アルプス・鳳凰三山(1970年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
尾瀬・燧ケ岳紀行(1973年)
奥秩父・金峰山(1972年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
大菩薩峠紀行(1970年)
山旅の記
山の歌

「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」