カスタム検索

日本の世界遺産;日本各地の世界遺産を巡りました
世界遺産・白神山地
白神山地(26) 「歩道;暗門の滝」


旅の記録   山の記録   日本一周の記録   日本の世界遺産紀行   マイ・ブログ   profile

              



表題はブログにリンクします



  日本の世界遺産 白神山地(26) 「歩道;暗門の滝」 .



A.暗門の滝歩道(暗門の滝登山道)

  
   Map 暗門高倉森マザーツリー



  


  


  
  暗門の滝3枚;上から一の滝、二の滝、三の滝







津軽の母なる川・岩木川の支流の一つ暗門川は、その源を三つの大きな滝に発している。滝の名前は「暗門の滝」といい、距離が適度に隔たっているため格好の登山コースとなっている。

暗門の滝入口駐車場から整備されたコースを一番下の第三の滝から第二の滝、そして一番上の第一の滝と雄大な三つの滝を巡る。 
付近はかなり険しい岩壁に囲まれ、ブナの老木などが生い茂っていて、白神山地の片鱗を垣間見ることができる。


「暗門の滝入り口」までは、舗装道路なので訪れる人も多い。 
すぐそばに「アクアグリーンビレッジANMON」がある。

ただ、白神山地のビジターセンターには、「暗門の滝遊歩道」という名称から、つまり、「遊歩道」という名が付いた以上、「楽に行ける・・!?」という印象を与えないため、「暗門の滝登山道」に名称変更されましたと書いてある。


確かに、普通の観光スタイルではチョッと無理があるようだ。
急な階段や河原を歩く個所もあるため、足下は充分な用意が必要であろう。

場所は、白神ラインの東側(西目屋村側)の入口に位置するのが暗門の滝。
西目屋村には白神山地ビジターセンターなどもあって暗門の滝までは団体バスでツアーも訪れているようだ。

暗門の滝周辺世界自然遺産の緩衝地域(バッファゾーン)に指定され、厳しく自然が保護されている地域でもある。


マイカーは、滝入口の駐車場に車を入れ、徒歩45分で最初の第三の滝、さらに10分歩くと第二の滝、そして第二の滝から徒歩15分で最後の第一の滝の3つの滝で形成されている。

往復で2時間30分は見ておきたいが、途中からはブナ林散策道コースも分かれ、ブナの森の散策も楽しめる。


尚、「暗門の滝歩道」に入ると 「協力金受付所」(300円以上と値段が書かれている)という小屋が「関所のように待ち構えている」。 
協力金を納入して 「協力者証」 を貰い、軽くウォームアップしてから出発することになる。


滝の落差は第三が26m、第二が37m、第一が42mと奥に行くに従って大きくなるが、時間と体力と相談して途中で引き返すのも必要であろう。

尚、かつては「暗門の滝遊歩道」と称していたが、安易な装備で訪れる人が増えたために今では「暗門の滝登山道」に名称変更している。
(所要時間:片道およそ1時間15分)


次回、白神山地(27) 「マザーツリー




クリックすると本分にリンクします
1 世界遺産について 2 世界遺産の選考基準 3 日本の世界遺産 4 白神山地概要
5 白神山地の地形、特徴 6 白神山地の国有林 7 白神山地のブナ林 8 ブナ林の集水性
9 十二湖駅 10 青秋林道の是非 11自然保護団体 12 生活の場・白神
13 日本の世界遺産 14 世界遺産概要 15 白神山地の十二湖 16 十二湖
17 白神山地の植生 18 ブナ林の世界遺産 19 ブナ林の息吹き 20 ブナ林の植生域
21 ブナの集水機能 22 ブナ林の真骨頂 23 白神ライン 24 世界遺産の観察歩道
25 一ツ森〜太夫峰 26. 歩道;暗門の滝 .27 マザーツリー .28 高倉森コース
29 くろくまの滝 30 ブナ遺伝保存林 31 十二湖散策 32 白神山地登山
33 高倉森自然歩道 34 マテ山登山コース 35 十二湖登山コース 36 天狗岳登山道
37 二ツ森登山道 38 今後の課題


旅の記録   山の記録   日本一周の記録   日本の世界遺産紀行   マイ・ブログ   profile
                   
(旅の紀行・記録集)
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」

日本全国温泉巡り
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観
世界遺産・平泉

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
東北紀行2010
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

古都鎌倉紀行
「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地-岳沢-穂高(1979年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
南アルプス・仙丈ヶ岳(1976年)
南アルプス・鳳凰三山(1970年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
尾瀬・燧ケ岳紀行(1973年)
奥秩父・金峰山(1972年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
大菩薩峠紀行(1970年)
山旅の記
山の歌

「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」