カスタム検索

世界遺産・白神山地
白神山地(34) 「登山道マテ山コース」 


旅の記録   山の記録   日本一周の記録   日本の世界遺産紀行   マイ・ブログ   profile

              



表題はブログにリンクします



  日本の世界遺産 白神山地(34) 「登山道マテ山コース」  .



  A.白神岳登山・マテ山コース(片道登りで5時間程度)


  
  マテ山コース登山map


  
  登山道入り口にある白神岳案内板より(十二湖へ至る白神岳登山Mapマテ山白神岳登山Map)


  
  マテ山山頂付近から日本海






白神山地の主峰「白神岳」(1231.9m)へ登るコースです。
深浦町(旧岩崎村)黒崎の登山口から山頂までは登り続きでハードですが、山頂からは、雄大な日本海や累々と波うつ白神山地の核心地域とブナ原生林の大パノラマが望めます。

途中の高山植物の生育地帯も見どころの1つであり、山頂付近には避難小屋やトイレも完備されている。

白神岳への登山ルートはこのほかに、十二湖より登るコースもある。


白神岳登山口から出発し、二又コースとの分岐点からマテ山の頂上に向かうこのコースは、既に、1980年(昭和58年)に一般登山者用に開設され、今では誰でも登れる白神岳登山道となっている。

始めは、なだらかな斜面を登りながら、「最後の水場」までの登山道には所々に湧き水もあり、喉を潤すにはよい。 
ブナ林の手前には、ヒバの木(青森ヒバ)も多く見られ、これは昔、木炭に利用するためブナを伐採した後に植林したものらしい。 
「最後の水場」は、疲れた身体を癒してくれるオアシスである。


この後ジグザグな急登となり、白神らしいブナの樹林帯が大半を占めるようになる。
やがて、マテ山頂上から少々離れた白神岳尾根へ取り付き、そこからブナ街道といわれるなだらかな尾根を登り白神岳山頂稜線へ出る。


稜線は十二湖コースからの合流点でもあり、展望も開けて眼前に白神岳が迫る。
白神岳頂上まで残り約700m、約15〜20分で登頂である。

山頂からは日本海、男鹿半島、能代平野、世界遺産の核心地域、岩木山、八甲田山が見られる大パノラマが満喫できる。 
山頂直下には水場もあります。

歩行距離:往復約14km/標高差:約1,000m
所要時間:往復約8h(登り約4・5時間、同降りコース約3・5時間)


次回、 白神山地(35) 「十二湖登山コース




クリックすると本分にリンクします
1 世界遺産について 2 世界遺産の選考基準 3 日本の世界遺産 4 白神山地概要
5 白神山地の地形、特徴 6 白神山地の国有林 7 白神山地のブナ林 8 ブナ林の集水性
9 十二湖駅 10 青秋林道の是非 11自然保護団体 12 生活の場・白神
13 日本の世界遺産 14 世界遺産概要 15 白神山地の十二湖 16 十二湖
17 白神山地の植生 18 ブナ林の世界遺産 19 ブナ林の息吹き 20 ブナ林の植生域
21 ブナの集水機能 22 ブナ林の真骨頂 23 白神ライン 24 世界遺産の観察歩道
25 一ツ森〜太夫峰 26. 歩道;暗門の滝 .27 マザーツリー .28 高倉森コース
29 くろくまの滝 30 ブナ遺伝保存林 31 十二湖散策 32 白神山地登山
33 高倉森自然歩道 34 マテ山登山コース 35 十二湖登山コース 36 天狗岳登山道
37 二ツ森登山道 38 今後の課題


旅の記録   山の記録   日本一周の記録   日本の世界遺産紀行   マイ・ブログ   profile
                
(旅の紀行・記録集)
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」

日本全国温泉巡り
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観
世界遺産・平泉

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
東北紀行2010
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

古都鎌倉紀行
「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地-岳沢-穂高(1979年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
南アルプス・仙丈ヶ岳(1976年)
南アルプス・鳳凰三山(1970年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
尾瀬・燧ケ岳紀行(1973年)
奥秩父・金峰山(1972年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
大菩薩峠紀行(1970年)
山旅の記
山の歌

「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」