カスタム検索

世界遺産・白神山地
白神山地(37) 「二ツ森登山道」


旅の記録   山の記録   日本一周の記録   日本の世界遺産紀行   マイ・ブログ   profile

              



表題はブログにリンクします



  日本の世界遺産 白神山地(37) 「二ツ森登山道」  .



  D.二ツ森登山歩道(片道登り45分)

  
  二つ森歩道Map


  

  
  二ツ森頂上と岩木山の眺望







秋田県側の白神山地の二ツ森1086mに登るコースです。

秋田県八森町の登山口標識から車道を、終点の駐車場までつめる。 その後、登山を開始して、緩やかな登り降りで45分。

山頂からは青森県側の白神山地全山の大パノラマが楽しめます。
比較的楽な人気のコースですが、自然が相手ですので侮ってはいけません。
登山口の管理棟で登山者名簿への記載が必要です。


秋田県八森町は、白神山地を峰越で横断しようとした「青秋林道」の秋田側の起点であった。 
そのため、既設の林道を拡幅する工事をすすめ、青森県に比べ多額の工事費を投入したため、山頂付近まで道路が開通し、しかも舗装工事も完成している。

世界遺産に属する白神山地そのものは、ほとんどが青森県側に位置しているが、こちらは秋田県側からのアクセスとなっている。
秋田県側から県境の山に登頂し、白神の展望を楽しむのもよい。


能代方面からは、先ず八森町に入り、海が見える高台から「二ツ森駐車場」へという道路標識が見える。
左が日本海であり、山へは右折することになる。

「ぶなっこランド」(白神ふれあい館)を右に見ながら進行することになるが、真瀬渓谷沿いは二車線で道は広い。 

やがて渓谷が二股に分れていて、更に、右折して細い道の青秋林道を進む。 
こちらは単車線の山岳道路で、屈曲、勾配も激しくなり、対向車がこないでくれと祈らずにいられない程の道である。


やがて、青秋の県境に達し、車道は行止まる。 
二ツ森公衆トイレが右側、左側に駐車場があり、チョッと上がれば展望台もある。

二つ森山へ向かって登っていくと県境の標識あり、そこに世界遺産の入山者を計測する装置がある。


尾根の途中に、景観を望める展望所ある。
山頂から白神岳、向白神岳、真瀬岳の連山が望まれ、好天ならば岩木山も眺望できる。
勿論、世界自然遺産の白神山地の雄大な景観が広がっている。


二ツ森登山の所要時間
八森→(車道+山岳車道)→登山口⇒45分⇒二つ森


以上、本稿に記載してある歩行所要時間、登山所要時間は一般的な所要時間であり、年齢・体力・天候などによって大きく変わります。
あくまでも平均目安としてお考え戴きたい。


次回最終、 白神山地(最終回) 「世界遺産の今後の課題




クリックすると本分にリンクします
1 世界遺産について 2 世界遺産の選考基準 3 日本の世界遺産 4 白神山地概要
5 白神山地の地形、特徴 6 白神山地の国有林 7 白神山地のブナ林 8 ブナ林の集水性
9 十二湖駅 10 青秋林道の是非 11自然保護団体 12 生活の場・白神
13 日本の世界遺産 14 世界遺産概要 15 白神山地の十二湖 16 十二湖
17 白神山地の植生 18 ブナ林の世界遺産 19 ブナ林の息吹き 20 ブナ林の植生域
21 ブナの集水機能 22 ブナ林の真骨頂 23 白神ライン 24 世界遺産の観察歩道
25 一ツ森〜太夫峰 26. 歩道;暗門の滝 .27 マザーツリー .28 高倉森コース
29 くろくまの滝 30 ブナ遺伝保存林 31 十二湖散策 32 白神山地登山
33 高倉森自然歩道 34 マテ山登山コース 35 十二湖登山コース 36 天狗岳登山道
37 二ツ森登山道 38 今後の課題


旅の記録   山の記録   日本一周の記録   日本の世界遺産紀行   マイ・ブログ   profile
                 
(旅の紀行・記録集)
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」

日本全国温泉巡り
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観
世界遺産・平泉

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
東北紀行2010
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

古都鎌倉紀行
「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地-岳沢-穂高(1979年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
南アルプス・仙丈ヶ岳(1976年)
南アルプス・鳳凰三山(1970年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
尾瀬・燧ケ岳紀行(1973年)
奥秩父・金峰山(1972年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
大菩薩峠紀行(1970年)
山旅の記
山の歌

「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」