〜響育コミュニケーションプロダクション〜

 

「おとだまことだまや」

 

あらゆる表現シーンの創造演出 

ライン

 

Home |新着NEWS |公演案内|作品|演出とは|田山翔一の夢

田山翔一| MIKI

 パフォーマンスワーク | おとだまことだま塾  | 言の葉表現者育成

 

  KOTODAMAOTODAMATAYAMAJIC

  ライン

田山翔一の演出の世界

show2.JPG

 

1949年三重県生まれ。

2010年兵庫県芦屋市から静岡県伊東に移住。

58歳で突如4児の父となる。

2009年6月東久邇宮文化褒章拝受。

(Higasikuninomiya)

オリジナルの作品の公演及び演出ほか

企業・行政・市民団体・個人からの依頼にもお応えしています。

 

舞台芸術(演劇・音楽朗読劇・ミュージカル・コンサート)

ラジオ・雑誌

ファッションショー

EXP0・オリンピック・国体

企業コンセプトメーカー

各種イベントにて演出をサポート

 

文化祭・発表会・学園祭など

子どもたち・学生・市民の方たちの表現したい!を応援しています。

 

「一部の特権意識の人たちのみの芸術的文化感動ではなく

民衆の日常生活の中にこそ、その文化感動は活かされて欲しい」

 

その思いは、阪神淡路大震災体験後ますます強まり

最近では子どもたちのいのち輝く表現の場としての

各地域でのミュージカル舞台表現や朗読教室

さらには親子のためのオリジナル童謡コンサート

若手の自己表現のサポートを楽しんでいる。

 

影のサポーターを好み40年近く活動しているが

ほとんど名を刻むことが嫌いなのと視覚障害者でもあるので

ネットやメールなどもでず露出度も控え目。

 

しかしハートフルという言葉をいち早く1976年にブームにのせたり

邦楽とくに三味線コンサートのブームの火付け役や

レナウンのファッションショーや各万博やオリンピックの閉会式等行なう他

日本全国の主要劇場ではすべて公演を行なっているという。

仏に焚能を紹介した人物でもある。

 

ただ今は、美術スタッフの仲間が福島相馬に震災にあい津波に遭遇し

亡くなった事をきっかけに、震災以降毎週末、支援活動に出かけ

被災者たちで立ち上げたNPO相馬はらがま朝市クラブの顧問となり

相馬はらがま朝市をサポートしている。

自らも「まごころエイド311」チームを立ち上げ、

被災者に支援物資を提供する活動も同時に行なっている。

puro1.JPG

 田山 翔一  :Show Tayama

 

演出家・脚本家・作詞家・童謡詩人    演出家生活40年、現役の62歳。              

          

    

e-mail

image4520.gifクジラをクリック!!

 

 

田山翔一の作品の公演及び

演出依頼、脚本依頼

舞台活動及びコピーライトならびに

人材育成、舞台製作指導など

ご相談などをご希望の方、、。

ご連絡お待ちしております。

 

依頼費等は相談に応じます。

ご予算に合わせサポートいたします。

    

   ライン ドット  

生まれつき網膜色素変性質症という視覚障害の難病を抱えている上に

2008年、突発性難聴にも襲われ片耳は聞こえていない。

しかし、なんら演出・脚本・作詞活動には影響はなく、むしろそれを活かして自らの個性を輝かしている。その感性は、音楽・演劇などの舞台表現にとどまらず、あらゆるシュチエーションにおけるヒューマンなパフォーマンス演出で多岐にわたるニーズに応え、心に残る感動を創出している。

シンプルな演出の中に垣間見る新鮮なその感動は、「TAYAMAJIC」と称されている。

 

「どのいのちも輝く存在であり、生きることを楽しむためにこの世に生まれてきた存在である」ということを表現活動の場で出逢う人々に実感してもらうことを喜びとしてる。

  

40年を迎えるそんな彼の活動の真髄は、今も変わらぬ「ココロを耕す」ことにあるというが、まさに持続は力なり、フィールドの広いハートフルな音の葉・言の葉の化粧師を楽しむ演出家である。

 

少年のような心を持ち続け、命を慈しむ自然と平和を愛する和楽人。 

出逢う人々は、大樹のような広い心と感性に魅了されてゆく。        

彼のつむぎだす言の葉の美しさに心を打たれるばかりではなく

展開する物語の中に、後世に語りつなぎ考え直すテーマが散りばめられ、自然やいのちの尊さそして向き合い方を子どもも大人も学ぶことができるでしょう。

 

 

視覚障害者でありながらもそのハンディを感じさせない

彼の創作姿勢や生き方に心を打たれ、彼や彼の作品に触れて

多くの人々が忘れかけた大切な何かを感じるきっかけを贈りたく

「おとだまことだまや」の活動をはじめました。

 

 田山翔一 本人より、、。

美しい言葉や他を思いやる表現が色褪せた現代に    

人々の心に再び生命の絆が結ばれ

大和心語り継がれ受継がれてゆくことを祈りを込めて 、、。

 

 ご縁ある人々に響き渡りますよう、、。

 

ライン 

 田山の許可を得てHPを創っておりますが作品及び文章表現の転記及びなどは著作権に触れますので

 ご紹介及びご使用をご希望される方はご連絡下さいませ。       

また視覚障害者のためHPやメールなどの文字を視ることは出来かねますので、代理として伝えさせて戴きます。