Racing双六のオフィシャルサイトを作ってみました

Racing双六GPにご参加ありがとうございました(Racing双六GPサイトはこちら

アプリケーションのダウンロードはこちら(ver3.1.3) (zipファイルはこちら)

ブログはこちら

■はじめに

■まずは遊んでみよう

■チャンピオンシップモードで遊んでみよう

■ユーザープログラムを作ってみよう

★プログラミングのコツ

■ユーザープログラムを編集しよう

■車種について

■プレーヤー種について

■Oreca対応

■画面の説明


■はじめに

このゲームは、レースをモチーフとした双六(すごろく)です。単なるすごろくですので、ルールは簡単。ルーレットの出た目の数だけ進むだけです(x_x)\☆バキ

まあ、それだけだとつまらないのでちょっとだけ味付けをしています。よろしければ遊んでやってください。


■まずは遊んでみよう

アプリを立ち上げると、左のようなトップ画面が表示されます。

まずは「Single Race」ボタンを押してみましょう

(画面の詳細説明はこちら)


すると、左のようなコース選択画面が表示されます。好きなコースをタップして、「OK」ボタンを押します。

(画面の詳細説明はこちら)


すると次に、レースの設定画面が表示されます。ここでは、下記のような項目の設定ができます。

(画面の詳細説明はこちら)

  1. ラップ数:ゴールまでの周回数のことです。
  2. プレーヤー数:2〜4名まで選択できます
  3. Car Type/Player Select:車種プレーヤー種を選択することができます。

デフォルトでは、あなたはP1プレーヤーを、他のプレーヤーはPalmが担当することになっています。まずはこのままで「Start!」ボタンを押してみましょう


すると、レースの情報が表示されます。確認したら、「OK」を押すと、いよいよレース開始です。

(画面の詳細説明はこちら)


これがレース画面です。

画面上部にはコース図、中段にはメッセージ表示部、下段にはプレーヤー情報が表示されています。

プレーヤー情報の部分には、
上段:プレーヤー名
中段:車種、現在のラップ
下段:ハイスピードカードの枚数(左下)、ハイグリップカードの枚数(右下)
が表示されています。

上下ボタン(または5Wayボタンの上下、センター)を押してルーレットを回し、コマを進めます。(Comプレーヤーの操作はPalmが自動的に行ってくれます)

コーナー部分のマスには色が付いていますが、ここに止まっている状態で大きな目(水色は6、黄色は5以上、赤は4以上)が出たらスピンしてしまいます。

ここで、「色が付いたマスに止まっている状態で」というのがポイントです。コーナー手前でうまく大きな目が出れば、スピンすることなく一気にコーナーを抜けることができます。

また、丸印が付いたマスに止まれば、2種類のカード(「ハイスピードカード」と「ハイグリップカード」)をゲットできます。

ルーレットを回す前に「ハイスピードカード」を出すと、出た目の倍進むことができます。

また、「ハイグリップカード」を出すと、コーナー部分で大きな目が出てもスピンせずに走れます。

カードを出すには、5Wayボタンの左右、または第2、第3ボタンを押します。カードは一度に1枚しか出せません。

トップを走っている場合は丸印のマスに止まってもカードをゲットできません。ですから、レース前半はあまりトップを走らずにカードをゲットし、後半勝負をかける方がいいかもしれません。


レースが終わると、Resultが表示されます。

シングルレースでは、レース結果に従って賞金が支払われます。賞金額は、1位20GOLD、2位15GOLD、3位11GOLD、4位8GOLDです。但し、3名プレーの場合は1位が15、2位11、3位8GOLD、2名プレーの場合は1位11、2位8GOLDとなります。

賞金を貯めると、チャンピオンシップモードにチャレンジができます。

以上が遊び方の概要です。お分かりいただけましたか?


■チャンピオンシップモードで遊んでみよう

チャンピオンシップとは、全6コースを順番に戦って、総合ポイントを競うモードです。

トップメニューから「Championship」ボタンを押すと、チャンピオンシップモードが始まります。

※チャンピオンシップモードで遊ぶには、参加費100ゴールドが必要です。

(画面の詳細説明はこちら)


すると、チャンピオンシップの設定画面が表示されます。

ほとんどシングルレースモードでのレースセッティング画面と同じですが、以下の点が異なります。

  • プレーヤー数は4に固定です。
  • ラップ数は3に固定です。
  • 「Prog」プレーヤーは選択できません。

「Start!」ボタンを押すと、次のコースの情報が表示されます。


ここから先の遊び方は、シングルレースモードと同じです。

レースが終わると、リザルトが表示された後、総合ポイントが表示されます。


ここでは、各レースのポイント、及び総合ポイントが表示されています。

ポイントは、1位20ポイント、2位15ポイント、3位11ポイント、4位8ポイントです。


 チャンピオンシップモードでは、賞金は6レース終了後の総合順位で支払われます。賞金額は6レース終わっての総合順位で決まり、1位は200GOLD、2位は100GOLD、3位は50GOLDです。

チャンピオンシップモードでは、1戦終わる毎に結果が自動的に保存され、次回、続きからプレーする事が出来ます。

6戦全てを戦って首位の場合、何かいい事があるかもしれません^^ 


■ユーザプログラムを作ってみよう

 Comプレーヤーの場合、車をPalmが自動運転してくれますが、この動作プログラムをユーザ自身で作ることが出来ます。

自動運転プログラムと言ってもたいしたことはありません。どんなカードを、どんなときに出すかをコース上の各マスにセットするだけです。

それではユーザプログラムの作り方についてご説明します。


トップ画面から、「User Program」ボタンを押します。

(画面の詳細説明はこちら)


すると、プログラムマネージャー画面が表示されます。

まずは「新規作成」ボタンを押して先に進みましょう。

(画面の詳細説明はこちら)


すると、左のようなコース選択画面が表示されます。

プログラムを作成したいコースをタップして、「OK」ボタンを押します。

(画面の詳細説明はこちら)


プログラムを作るに当たって、Car Type(車種)、プレーヤー名、プログラムの説明を入力します。

(画面の詳細説明はこちら)

  • 「作成」ボタン:まっさらの状態からプログラムを作ります
  • 「参照」ボタン:既にあるプログラムを元に、新しいプログラムを作ります。Comプレーヤーのプログラムも参照することができます。

まずは、「参照」ボタンを押してComプレーヤーのプログラムを参考にすることにしてみましょう。


すると、プログラムの一覧画面が表示されます。

画面上部、「Com Prog」ボタンが反転していますが、この状態だと、Comプレーヤーのプログラムが表示されています。

(画面の詳細説明はこちら)

ここで、Alanを選択して「決定」ボタンを押して先に進みましょう。


これがプログラム編集画面になります。先ほど述べたとおり、Racing双六でのプログラムとは、どんなカードを、どんなときに出すかをコース上の各マスにセットすることです。

画面上部にコース図が表示されていますが、赤い枠で囲まれているマスがあるのが分かりますか?このマスにおけるカード発行条件が、画面下部に表示されています。

また、マスの中に赤や青で×印や■が表示されていますが、これは次のような意味を示しています。

  • 赤色:ハイグリップカードを出す指定がされている
  • 青色:ハイスピードカードを出す指定がされている
  • ■:ラストラップ以前の周回でカードを出す指定がされている(画面左下で指定)
  • ×:ラストラップでカードを出す指定がされている(画面右下で指定)

発行するカードの種類、条件は、画面下部のドロップダウンリストから選択します。

また、赤い枠のマスは、第2/第4ボタンで前後に移動することが出来ます(Game Setting画面で、ハイグリップ/ハイスピードカードの選択に割り当てられたボタンです)

最後に「End」ボタンを押して、プログラムを保存します。

ユーザプログラムの作り方、だいたいおわかり頂けましたか?


★プログラミングのコツ(注意点)

■カードを出す条件には(1)トップとの差、(2)カード枚数の2つがありますが、このいずれかを満たせばカードが発行されます。

ここで、「いずれかの」と言うところに注意が必要です。「トップとの差が大きいときにカードを出そうかな」と思って「Top差:20以上」、「枚数:いつも」と設定してしまうと、「枚数:いつも」の条件はいつでも成立してしまいますので、必ずカードが出てしまいます。

従って、そういう場合は「枚数:無関係」を選択してください。

■カード枚数とは「出すと指定したカードについて、持っている枚数」の事です。

HSカードを出す、と指定しているマスの場合、HSカードを持っている枚数、ということです。(HSカード、HGカードの両方の合計枚数ではありません)

 ■ユーザプログラムがどの様な動作をするか素早く確認するための、ノーウェイトモードをver3.1から追加しました。詳しくはこちらをご覧下さい。


■ユーザプログラムを編集しよう

それでは次に、作成したユーザプログラムを編集してみましょう。

プログラムマネージャー画面から、「編集・エクスポート」ボタンを押します。

(画面の詳細説明はこちら)


すると、左のようなコース選択画面が表示されます。

編集したいプログラムがあるコースをタップして、「OK」ボタンを押します。

(画面の詳細説明はこちら)


すると、プログラムの一覧画面が表示されますが、先ほどの新規作成時とはちょっと違うことがおわかりでしょうか?

(画面の詳細説明はこちら)

画面上部の「User Prog」「Com Prog」のボタンが無くなっていますね。ここでは、ユーザの作ったプログラムのみが表示されています。

また、画面下部のボタンも、新規作成時とは変わっています。

  • 「編集」ボタン:プログラムの編集画面に移ります
  • 「エクスポート」ボタン:選択したプログラムをメモ帳にエクスポートします
  • 「属性変更」ボタン:選択したプログラムの車種、プレーヤー名、プログラムの説明を変更することができます
  • 「削除」ボタン:選択したプログラムを削除します

また、プログラムマネージャー画面から「メモ帳インポート」ボタンを押すと、このような画面が表示されます。

(画面の詳細説明はこちら)

これは、メモ帳にエクスポートされたユーザプログラムの一覧です。リストから選択して「インポート」を押すと、メモ帳からプログラムが読み込まれます。

このメモ帳へのエクスポート/インポートの機能を使えば、他の人が作ったプログラムをもらって、自分のプログラムと競争させることもできますね。

 


 


■車種について

・車種は3種類あり、Type Hは最高速7、Type Mは6、Type Lは5です。

・一見Type Hが良さそうに見えますが、スピードが出る分、コーナーでスピンしやすくなります。


■プレーヤー種について

・プレーヤー種には、M/C/P(Man/Com/Prog)があります。

・C(Com)を選択すると、そのプレーヤの操作はPalmが担当してくれます。

・P(Prog)は、ユーザの作ったプログラムで自動運転させるモードです。

・Comプレーヤーは、車種によって性格が違います。

・Type LのComプレーヤー(Sato)は、「行けるときにはガンガン行く」タイプです。佐○琢磨といったところでしょうか。

・Type HのComプレーヤー(Deep)は、「ラストラップに賭ける」タイプです。ディープイン○クトといったところでしょうか。

・Type NのComプレーヤー(Alan)は、「沈着冷静頭脳派」タイプです。アランプ○ストといったところでしょうか。


■Oreca対応

・このアプリは、mizuno-amiさんの提唱するOrecaに対応しています。 (Orecaの詳細は、こちらをご覧下さい)

・変換レートは、1Gold=10oreです。


■画面の説明

1)トップメニュー

  • Single Raceボタン:シングルレースモードでゲームを開始します。
  • Championshipボタン:チャンピオンシップモードでゲームを開始します。チャンピオンシップモードで遊ぶには、参加費100Goldが必要です。
  • Game Settinボタン:ゲームの初期設定を行います。
  • User Proguramボタン:ユーザプログラムを作成/編集します。
  • 所持金:現在の所持金を表示しています。
  • Helpボタン:ヘルプを表示します。

2)コース選択画面

コースを選択する画面です。

コース図をタップするとコースを選択できます。

上下ボタンを押しても、選択するコース(赤枠で表示)を変更することができます。


 3)レースセッティング画面

  • ( i )ボタン(画面右上):ヘルプを表示します
  • ラップ数:ゴールまでの周回数のことです。1ラップか3ラップが選択できます。また、「Free」ボタンを押すと、それ以上の周回数をリストから選択することが出来ます。
  • プレーヤー数:2〜4名まで選択できます。
  • Car Type/Player Select
    • プレーヤー名:画面左側、"P1"とか"Sato"などと表示されている部分です。プレーヤー名の部分をタップすると、変更することができます。また、Comプレーヤーのプレーヤー名は、車種毎に決まっています。
    • Car Type:車種のことで、画面中央部、"TypeN(Normal)"などと表示されている部分です。
    • Player Type:プレーヤー種のことです。画面右側の「M」「C」「P」と表示されている部分です。これは各々Man、Com、Progを表しています。

これらの初期設定は、Game Setting画面で変更することができます。


4)Next Race Infomation画面

次のレースの情報を表示しています。

コースレコードの右側の「CL」ボタンを押すと、コースレコードをクリアできます。

シングルレースモードの場合、左のように"No Wait"のチェックが表示されます。このチェックを入れると、ゲーム中のウエイト(待ち時間)無しでゲームを進行できますので、素早く結果を確認できます。

但し、このノーウェイトモードはあくまでユーザプログラムの動作確認用ですので、レース後の賞金やコースレコードの更新はありません。また、このモードでプレー中にゲームを中断し、その後レジュームでゲームを復帰した場合、ノーウエイトモードは解除されます。


5)プログラムマネージャー画面

  • ( i )ボタン(画面右上):ヘルプを表示します。
  • 新規作成:ユーザプログラムを新規作成する画面に移ります。
  • 編集・エクスポート:既に作成しているユーザプログラムを編集したり、メモ帳にエクスポートしたりする画面に移ります。
  • メモ帳インポート:メモ帳からユーザプログラムをインポートする画面に移ります。

6)プログラム新規作成画面

プログラムの新規作成時に表示される画面です。

  • ( i )ボタン(画面右上):ヘルプを表示します。
  • コース名:現在のコース名が表示されています。
  • Car Type:車種を設定します
  • プレーヤー名:プレーヤー名を設定します。半角3文字までです。
  • プログラムの説明:このプログラムの説明文を入力します。プログラム一覧等で表示されますので、わかりやすい説明を入力しましょう。
  • 「作成」ボタン:プログラムを、まっさらの状態から作成します
  • 「参照」ボタン:既に作成したプログラムを元に、新しいプログラムを作成します。Comプレーヤーのプログラムも参照することができます。
  • 「Cancel」ボタン:前の画面に戻ります

7−1)プログラム参照画面(新規参照の場合)

既にあるプログラムの一覧画面です。プログラムの新規作成で、「参照」ボタンを押すとこのように表示されます。

  • ( i )ボタン(画面右上):ヘルプを表示します。
  • 「User Prog」/「Com Prog」ボタン:ユーザープログラムとComプレーヤーのプログラムのいずれを表示するかを選択するボタンです。対象となるプログラムがない場合はボタンを押すことができません。
  • プログラム一覧表示部:中央部のリストです。左からプレーヤー名、車種、プログラムの説明、が表示されています
  • 「決定」ボタン:次の画面(この場合は、プログラム編集画面)に移ります
  • 「戻る」ボタン:前の画面に戻ります

 


7−2)プログラム参照画面(編集の場合)

編集モード時の、プログラムの一覧画面です。

ここでは、ユーザの作ったプログラムのみが表示されています。

画面下部のボタンが、新規作成時とは変わっています。

  • 「編集」ボタン:プログラムの編集画面に移ります
  • 「エクスポート」ボタン:選択したプログラムをメモ帳にエクスポートします
  • 「属性変更」ボタン:選択したプログラムの車種、プレーヤー名、プログラムの説明を変更することができます
  • 「削除」ボタン:選択したプログラムを削除します

8)プログラム属性変更画面

プログラムの属性を変更する画面です。

車種、プレーヤー名、プログラムの説明を変更できます。

変更後、「OK」ボタンを押すと反映されます。


9)メモ帳インポート画面

メモ帳にエクスポートされたユーザプログラムの一覧です。

一覧中、"C"の後の番号はコース番号、その後はプレーヤー名、プログラムの説明を示しています。

プログラムを選択し、「インポート」ボタンを押すと、プログラムがインポートされます。


10)ゲームセッティング画面(1/2)

トップメニューから「Game Setting」ボタンを押すと表示されます。ゲーム全体の基本的な動作を設定する画面です。

  • Manプレーヤー名設定:Manプレーヤー時の、P1〜P4プレーヤーのデフォルトの名前を設定出来ます。(プレーヤー名は、レースセッティング画面でも一時的に変更する事が出来ます。
  • ボタン設定:ルーレットを動かすボタン、ハイグリップ/ハイスピードカードを選択するためのボタン設定を変更出来ます。
  • レース終了条件:「全車-1」を選択すると、参加台数-1の車がゴールした時点(参加車の順位が確定した時点)でレースが終了します。
  • 「OK」ボタン:結果を反映します。
  • 「Cancel」ボタン:変更内容を破棄してメニューに戻ります。

画面下部の三角形のボタンを押す事で、2/2に切り替えられます。


11)ゲームセッティング画面(2/2)

Game Setting画面1/2から、右矢印ボタンを押すと表示されます。

  • デフォルトプレーヤー数:レースセッティング画面で表示されるプレーヤー数の初期値を設定できます。
  • デフォルト車種、プレーヤータイプ設定:レースセッティング画面やチャンピオンシップセッティング画面で表示される、車種とプレーヤータイプ(Man/Com)の初期値を設定出来ます。
  • 「OK」ボタン:結果を反映します。
  • 「Cancel」ボタン:変更内容を破棄してメニューに戻ります。

画面下部の三角形のボタンを押す事で、1/2に画面を切り替えられます。