アルバイトとアピールポイント

アルバイトとアピールポイント研究

メニュー| 自己PR | アルバイト探しというと面接 | 求職情報誌 |

自己PR

自己PR

求職は最近やりやすくなりましたね。求職情報誌は無料で手に入りますし、求職サイトも無料で自分にあった職場を紹介してくれます。資格もそれほど気に病むことはないようです。

資格さえ持っていれば仕事なんて選り取り見どり・・・といわけにはいきませんよね、やっぱり。難関資格といわれる弁護士や公認会計士にしたってそうです。でも逆を言えば資格を持っていない人でも就職やアルバイト探しで十分希望が持てるということですよね。資格は・・・あったほうがいいことは確かですが、それが全部じゃないです。

資格といってもいろいろありますしね〜。場合によるんでしょうね。

確かに資格には利点があります。でもそれは就職するまでの話であることが多いようです。就職してからは結局のところ実力が問われるというわけですね。

アルバイト探しにおける採用とは、相手企業とのマッチングです。ポジションに応じた採用基準に照らし合わせて、自分がマッチングが取れているかどうかが決め手になります。

したがって、採用する側にしてみれば、企業が求める人材像の経験、スキル、実績といった採用基準をきちんとカバーできているかどうかをまず確認するでしょうね。

履歴書や職務経歴書などの書類を審査してもらうことももちろん大事なんですが、応募を検討している段階の情報収集も大事です。企業側が何を求めているのかをしっかり理解して臨むなら、始めから採用の可能性のない企業に応募することもなくなるでしょうから。履歴書や職務経歴書を作る前に情報収集ですね。

求人広告に出ている募集要項では情報は少ないとはいえ、まずはこの募集要項をしっかりみてみるべきでしょうね。そうするといろいろ疑問がわいてくるでしょうから、それをネットで調べてみる。それでもわからなければ採用担当者にメールや電話で質問してみるのがいいでしょう。それだけで一歩抜きん出ることができそうです。

企業のほうはというと履歴書や職務経歴書を見てあなたの情報を分析するわけですね。おそらく審査基準ができているでしょうからそれにあわせてチェックしていくのでしょう。企業によって履歴書や職務経歴書の何を重視するかは違ってくるのでしょうけどね。

履歴書や職務経歴書、自己PR文書をかんがみつつ採用担当者は書類選考をしていきますが、ご存知の通りここで思いっきり落としていきます。だってそんなにたくさんの人と面接できませんから。ということは就職やアルバイト探しにおいては気楽に見える書類選考こそ最難関であると言えなくもありません。

おわりに、就職やアルバイト探し活動をどうとらえるか考えてみます。

就職やアルバイト探しをする場合は志望動機がはっきり固まっていないと、就職・アルバイト探し活動のすべての段階で自分の言動に信念がこもらないことになります。基礎が軟弱であるということですね。これでは就職・アルバイト探し活動のすべての段階で成功の可能性を減じてしまうことになります。まずは自己分析をしっかりやって、それから起業や仕事に関する情報を集めることが必要でしょう。そこから確固たる志望動機は出来上がってきます。

[PR]FX看護師 求人