アルバイトとアピールポイント

アルバイトとアピールポイント研究

メニュー| 自己PR | アルバイト探しというと面接 | 求職情報誌 |

アルバイト探しというと面接

アルバイト探しというと面接

就職やアルバイト探しのときに履歴書に書ける資格があればいいのですけど、資格がなければないで仕方ありませんよね。それでもそんなに振りにはならないと思いますけど・・・

資格といってもいろいろあります。就職やアルバイト探しに有利な資格から、趣味としかいえないような資格まで。どんな資格をとるにしても、自分という人間がどういう人間かを示す、一つの要素として働いてくれるでしょう。だからといってなんでもかんでも就職やアルバイト探しに有利ということにはなりませんが。

就職やアルバイト探しに役立つ資格も多いのですけどね。どれがいいのかはしっかり調べてみないといけません。

アメリカではMBAを持っているだけで給料が他より高くなったりするそうですが、日本ではどうなのでしょう?学歴もあまり効果がなくなりましたし、資格もそうかもしれません。何を持つかより何ができるかなのでしょうね。

アルバイト探しで採用されるという場合は、中途採用ということになりますから、ある程度の職務経験を要求されるでしょう。その点、新卒採用の場合は可能性を見てもらえるので気楽といえそうです。

求人をしている会社は採用基準を決めてきている場合がほとんどです。こんな能力が欲しい。こんな経験が欲しい。こんなスキルが欲しい。こんな人柄が欲しい。という具合に。まあ優先順位があるでしょうけど。

新聞や雑誌に求人広告が載ると思いますが、それ以前に自分がアルバイト探しをねらっている会社の情報はいろいろ集めておくべきですね。一社に限らず。この段階では自分が会社から選んでもらうというより、自分が会社を選ぶ感じでいろいろ調べて候補を決めていくといいですね。

あなたは企業の情報を集めますね。企業もあなたの情報が欲しいわけですが、それはまず手始めに履歴書や職務経歴書ということになります。書類審査というわけですが履歴書は職務経歴書であなたの情報を分析して採用候補に入れるかどうかを決めます。

就職・アルバイト探しというと面接が難しいな、と思うかもしれませんね。実際に採用担当者と会うのですから。しかし難しいのは書類選考に通ることです。履歴書や職務経歴書、添え状などによる書類選考ですね。ある会社はこの段階で9割をふるい落としてしまうそうです。それを考えると履歴書や職務経歴書に書く内容、志望動機や資格・職歴などは最善の注意を払うべきポイントなんですね。

就職・アルバイト探しは結局のところどう考えればいいのでしょうか。

就職やアルバイト探しをする場合は志望動機がはっきり固まっていないと、就職・アルバイト探し活動のすべての段階で自分の言動に信念がこもらないことになります。基礎が軟弱であるということですね。これでは就職・アルバイト探し活動のすべての段階で成功の可能性を減じてしまうことになります。まずは自己分析をしっかりやって、それから起業や仕事に関する情報を集めることが必要でしょう。そこから確固たる志望動機は出来上がってきます。

[PR]ゴールドカード資格 介護