写真家・ブラッサイの世界


  パリにシュールレアリズム旋風が吹き荒れた時代。ピカソ、ダリ、ブラックらとともに時代の一角をになった 写真家ブラッサイ は、もともと芸術アカデミーなどで学んだ画家・彫刻家で、30歳すぎころから表現の主軸を筆から写真に移し、アンダーグラウンドの妖しい世界 を演出して、のちのPhotographerにも強い影響を与えました。

 撮った世界の衝撃性から、ながいあいだベールに包まれたままで、全貌が明らかになるのはずっとのちの1976年になってから。 仕事では「長らくファッション雑誌ハーパース・バザーの撮影を行なっていた」ということです。

 戦後は舞台や映画にも取り組み、 晩年には『ピカソとの対話』や『実物大のヘンリーミラー』といったを本を著しています。 (詳細はweb−siteでどうぞ)

★ ブラッサイ Brassai 1899-1984 / ハンガリー(現ルーマニア)生まれ

web-site)
■Brassai ブラッサイ   ■Andre Kertesz アンドレ・ケルテス  ■Man Ray マン・レイ


2002.10.26


【ブラッサイ〜ポンピドゥーセンター・コレクション展】

 1970年代の日本では、その世界の多くがまだ謎に包まれていた、フランスの写真家ブラッサイ。1930年頃までピカソ、ダリ、ブラックらともに 画家、彫刻家、ジャーナリストとして活躍。その後、写真家として夜の妖しい世界を、マグネシウム・フラッシュなどを駆使して活写。1932年に発表された「夜のパリ」が各界から絶賛され、 一躍脚光を浴びることに……。

 今回の展覧会はブラッサイのコレクションで知られるポンピドゥーセンターの企画協力のもと、代表作「夜のパリ」をはじめ、ハーパース・バザー誌で発表された「昼のパリ」など193点の写真作品に加え、実験的な「ミノトール」誌での仕事や、ベルリン時代とパリ時代の貴重な素描8点、彫塑作品33点の未発表作品を含む全234点を展示。ブラッサイの全貌に迫ります。

 ■会 期 8月6日(土) 〜 9月25日(日)
 ■会 場 東京都写真美術館 2階展示室

2005.08.19







 アート file

マン・レイ パウル・クレー エゴン・シーレ
ルネ・マグリット グスタフ・クリムト ジョルジュ・スーラ
ジョルジョ・デ・キリコ アンリ・ルソー展 ゴッホの災難.ゴッホ展
写真家ブラッサイの世界 生誕100年記念ダリ回顧展 葛飾北斎と安藤広重
東郷青児と竹久夢二 佐藤渓の「心象録・詩」 日本画家 松井冬子
日本画家 町田久美 束芋の「ヨロヨロン」束芋 イラストレーター 常田朝子
イラストレーター 田辺ヒロシ 古賀春江 シュールな童心 版画家 池田満寿夫の世界展
田中一村グラフィックな世界 写真家 植田正治 海外巡回展 青木繁 わだつみのいろこの宮
カオルコ個展 in NewYork 資生堂/香りと恋心〜バルビエ展 レオナール・フジタ展

 文 学 file

ル・クレジオ サン=テグジュペリの世界 メリメの「マテオ・ファルコネ」
曽野綾子さんのこと 安部公房〜砂の女〜 原 民喜  「夏の花」
林 芙美子 パリ日記 岡本かの子 試論1・2 川上弘美 「蛇を踏む」
金原ひとみ「蛇にピアス」 綿矢りさ「蹴りたい背中」 谷崎潤一郎「痴人の愛」
こどもの詩 〜川崎 洋 篇〜 寺山修司の世界〜虚空〜 中原中也賞「びるま」日和聡子
坂口安吾 洋書仕様「桜の森…」 追悼 塚本邦雄 水銀伝説の終焉 詩人・金子光晴「ねむれ巴里」







blog
index