東郷青児と竹久夢二


 この2人のあいだに夢二の妻たまきをめぐって痴情のもつれがあったことは、あまり知られていませんね。一時期のことなので、それも無理からぬ話ではありますが、……でも確かに。

 大正3年(1914)。夢二はすでに売れっ子の絵描きで、妻たまきを「港屋」にすえ自作品やそれを印刷した絵葉書をブロマイドのように販売していました。そこへ出入りしていた青年がある日連れ立ってきたのが、友人の東郷青児でした。青児は当時、青山学院中等部を卒業したばかりの17歳。

 夢二は地方で作品展をひらくことが多く不在なことが度々あったので、いつしか青児が港屋の2階で夢二画を代筆するようになり、やがてたまきの「若いツバメ」のような関係になっていきました。それを嗅ぎつけた夢二が、地方展の予定を急遽変更して夜中に帰宅してみると、たまきと青児は情事の真っ最中。血がのぼった夢二は、そばに置いてあった木刀(あるいはバット)を握り、2人に襲いかかりました。仰天した青児は、脱いだ衣類をがばっと鷲づかみにするや、素っ裸のまま窓から飛び降り、夜道を遁走。息も白い真冬の出来事。それ以来青児は港屋に寄りつくことはなかったようです。

 その後東郷青児は、ヨーロッパから帰朝したばかりの山田耕筰に知遇を得て、キュビスムから、絵画の世界にすすんでいくことに。独学時代に描いた「自画像」や「コントラバスを弾く」などがそのころの作品で、まもなく、本格的に絵を学ぶためフランスへと旅立ちます。7年間の渡仏中は、殺しと男娼以外は何でもやったというくらいいろんな職で食い繋いでいます。のちに二科会を乗っ取る「屈強な素地」は、こんなところでも培われていたのかも……。

 いっぽう夢二も決して順調にはいかず、新境地を拓くべくヨーロッパ・アメリカを放浪するも、実を結びませんでした。愛人・彦乃を失い、宵待草風のモデルお葉とも別れ、晩年、長野奥のサナトリュウムで息を引き取ったとき、傍にいたのは元・妻のたまきただ一人。つめたい北風が吹きすさぶような、孤独な晩年でした。


    【補 記】
  『心淋しき巨人 東郷青児』(田中穣著:新潮社 1983)


 この本は絶版のようですが、著者は元「東郷青児の番記者」で、東郷青児の素顔と実像に迫る話が、さまざまな取材をもとに詳細に記されています。
 終生、絡み合っていたような「青児と夢二」。その見えない糸を軸にして、のちに結婚する夫人との自殺未遂や、その直後にはじまった宇野千代との同棲、別の男性の妻となっていた夫人との運命的な再会、宇野千代との別れ、二科会乗っ取りの顛末など、青児のプロセスを追いながら、終盤、愛娘につけた「たまみ」という名が夢二の妻「たまき」の名に酷似しているあたりでぐんと推理がすすみ、二科会の重鎮のひとりだった有島生馬(ありしまいくま/作家・有島武郎の弟で作家・里見 の兄)による「青児とたまきの愛人関係」を証言する話を伝聞として紹介し、「青児と夢二」の終生の絡みを詰めたところで筆が置かれています。

 謎解きのようなサスペンスタッチの構成も兼ね備える名著です。



 損保ジャパン東郷青児美術館
 弥生美術館・竹久夢二美術館

2001.11.27







 アート file

マン・レイ パウル・クレー エゴン・シーレ
ルネ・マグリット グスタフ・クリムト ジョルジュ・スーラ
ジョルジョ・デ・キリコ アンリ・ルソー展 ゴッホの災難.ゴッホ展
写真家ブラッサイの世界 生誕100年記念ダリ回顧展 葛飾北斎と安藤広重
東郷青児と竹久夢二 佐藤渓の「心象録・詩」 日本画家 松井冬子
日本画家 町田久美 束芋の「ヨロヨロン」束芋 イラストレーター 常田朝子
イラストレーター 田辺ヒロシ 古賀春江 シュールな童心 版画家 池田満寿夫の世界展
田中一村グラフィックな世界 写真家 植田正治 海外巡回展 青木繁 わだつみのいろこの宮
カオルコ個展 in NewYork 資生堂/香りと恋心〜バルビエ展 レオナール・フジタ展

 文 学 file

ル・クレジオ サン=テグジュペリの世界 メリメの「マテオ・ファルコネ」
曽野綾子さんのこと 安部公房〜砂の女〜 原 民喜  「夏の花」
林 芙美子 パリ日記 岡本かの子 試論1・2 川上弘美 「蛇を踏む」
金原ひとみ「蛇にピアス」 綿矢りさ「蹴りたい背中」 谷崎潤一郎「痴人の愛」
こどもの詩 〜川崎 洋 篇〜 寺山修司の世界〜虚空〜 中原中也賞「びるま」日和聡子
坂口安吾 洋書仕様「桜の森…」 追悼 塚本邦雄 水銀伝説の終焉 詩人・金子光晴「ねむれ巴里」







index