曽野綾子さんのこと

 たまたま見かけたポスターの講演案内をふと思いだし、新宿から地下鉄にのって講演場所の“銀座ガスホール”へ足を運んだのが、1995年10月4日の夕刻。最高裁や日弁連の主催する「法の日」にちなんだイベントの一環で、講演者は作家の曽野綾子さん。

 業務終了につき、裏手の出入り口からガスホールに入館。関係者用以外のエレベーターが停止しているため、上をめざす階段にはすでに長い列が……。ほとんど女性で、20歳代後半〜30歳前後くらいの若い人の姿もけっこう見受けられました。

 むっと汗ばんできたころ長い列が動きだし、目的の階でようやく涼しさ回復。女性陣にならって、受付けでもらった法律関係の冊子一式の入った茶色の封筒で席を確保したあと、ロビィに戻ってひとやすみ。 と、そのときでした。関係者用のエレベーターがふいに開き、なかから、骨格のしっかりした肩幅のある1人の女性が、談笑しながら初老の男性や若い男女とともに降りてきました。

 その場に居合わせた人たちはみんなおしゃべりに夢中で、誰ひとり気づく様子もありませんでしたが、その骨格のしっかりした女性が講演者である曽野綾子さんご本人だったわけです。

 曽野さんはぼくの真ん前をとおって中二階ふうの階段をのぼってゆき、ほどなくしてひとりでまた、階段を降りてきました。そのさい、正面からバチッと目が合うかっこうになったので、かるく会釈など差しあげたような次第でありました。

  そんな曽野さんがいったん演壇にあがると、肩幅のたくましさが消え、スレンダーに映るので不思議な気がしたものです。講演は、事前の「創作と人間の心」というテーマをキャンセルし、おもにご自身の戦争体験と聖書の世界を織りまぜながらすすみました。

 足を運ぶにあたり、あらたに買って読んだ曽野さんの『夜明けの新聞の匂い』と『失敗という人生はない』という2つの著書が手元にあります。そのうち、小説群から抽出した一節でテーマ別に構成されたアンソロジーである後者から……。

― 何よりよかったのは、私たちが失うのを恐れねばならない何ものも持っていなかったということです。人間は所有しない時に、魂の健康さをとり戻します。

( 『時の止まった赤ん坊』 曽野綾子 )

2004.12.18







 アート file

マン・レイ パウル・クレー エゴン・シーレ
ルネ・マグリット グスタフ・クリムト ジョルジュ・スーラ
ジョルジョ・デ・キリコ アンリ・ルソー展 ゴッホの災難.ゴッホ展
写真家ブラッサイの世界 生誕100年記念ダリ回顧展 葛飾北斎と安藤広重
東郷青児と竹久夢二 佐藤渓の「心象録・詩」 日本画家 松井冬子
日本画家 町田久美 束芋の「ヨロヨロン」束芋 イラストレーター 常田朝子
イラストレーター 田辺ヒロシ 古賀春江 シュールな童心 版画家 池田満寿夫の世界展
田中一村グラフィックな世界 写真家 植田正治 海外巡回展 青木繁 わだつみのいろこの宮
カオルコ個展 in NewYork 資生堂/香りと恋心〜バルビエ展 レオナール・フジタ展

 文 学 file

ル・クレジオ サン=テグジュペリの世界 メリメの「マテオ・ファルコネ」
曽野綾子さんのこと 安部公房〜砂の女〜 原 民喜  「夏の花」
林 芙美子 パリ日記 岡本かの子 試論1・2 川上弘美 「蛇を踏む」
金原ひとみ「蛇にピアス」 綿矢りさ「蹴りたい背中」 谷崎潤一郎「痴人の愛」
こどもの詩 〜川崎 洋 篇〜 寺山修司の世界〜虚空〜 中原中也賞「びるま」日和聡子
坂口安吾 洋書仕様「桜の森…」 追悼 塚本邦雄 水銀伝説の終焉 詩人・金子光晴「ねむれ巴里」







blog
index
Counter