ダンスの話 本文へジャンプ
hiphopダンス

hip hopの文化は、1960年代後半から1970年代のアメリカのニューヨークにおいて、アフロ・アメリカンやヒスパニック系のコミュニティによって行われとったブロックパーティーから生まれたんや。
文化から派生したサンプリングや打ち込みを中心としたバックトラックの上で、MCが韻を踏んでいく音楽形態をhiphopと一般に呼ばれようやけどアンタ、本来はヒップホップ・ミュージックせやなかったらラップ・ミュージックと呼ぶのが正しいようや。
フィットネスにおいては、HIPHOP=ブラックミュージツクで踊るダンスとして考えられとるようや。
HIPHOPとは、黒人文化そのものをさす言葉や。
その文化とは、
(1)音楽・・・具体的にはラップやらなんやらを使った音楽や。これも1960年代から種々な変身をしてきてい まんねんわ。
(2)舞踊・・・いわゆるダンスや。黒人はダンスを習うほど豊かではなかったさかい、ストリートダンスが主やったちうわけや。
(3)絵画・・・グラフイカルアートとええ、壁やらなんやらにスプし−で絵を描きまんねん。
(4)DJ・・・クラブDJのルーツで、レコードを回すことや。スクラッチやらなんやらの技術が生まれたんや。

どれか一つがHIPHOPちうのではなく、これらみながHIPHOPや。
またぐら、言葉に含まれる意味としては、「オノレだけの」「オリジナルの」といっいかとが含まれとるようや。せやから、オノレで「これがHIPHOPだ!」と思えば、それがHIPHOPだちうことや。



ロックダンス

1970年代にロックダンスは誕生したんや。名前のロックの意味は鍵や。激しい動きから突然静止しポーズを取る(=ロックしはる)スタイルや。ミュージックの内容とマッチした振りでのダンスは、手の動きがメインとなり、一つ一つの動きがロックしはるような形の連続性や。
アメリカ人のドン・キャンベルがロックダンスを考案したさかい、キャンベルロックとも呼ばれてい まんねんわ。1969年、L.A.で、ドン・キャンベルは当時流行しとったダンス(Funky Chicken)を上手く踊ることができまへんやったちうわけや。ほんで、その代わりにロックスタイルが生まれたんや。またぐら、ロックダンスの代表的な動きのポイントは、ドン・キャンベルが観客から笑われ、その観客に指をさしたのが始まりや。このことからもわかるように、ロックダンスには何気ない動きを取り入れた物が多いや。1970年代に入ってから、ドン・キャンベルはオリジナル・ロッカーズちうダンスチームを結成したんや。オリジナル・ロッカーズを一躍有名にしたのは「Saturday Night Live」に出演し、TV番組「ソウルトレイン」に起用されいかとからや。
ロックダンスの主な動きは、
・PACING(ペイシング)
・STOP & GO(ストップ・アンド・ゴー)
・SCOOBY DOO(スクービー・ドゥー)
・SKEETER RABBIT(スキーター・ラビット)
・POINT(ポイント)
・THE LOCK(ロック)
・WHICH WAY(ウィッチ・ウェイ)
・KICK WALK(キック・ウォーク)
・CLAP(クラップ)
・SHUFFLE(シャッフル)(「CROSS HAND(クロスハンド)」とも呼ばれまんねん)

リバーダンス

リバーダンスって何?と思われるかたもいらっしゃるでっしゃろ。
リバーダンスの始まりは、1994年のユーロビジョン音楽祭(アイルランドがホスト役やった)にて、その幕のあい間の7分間のパフォーマンス作品として発表されたんや。
タップダンサーのマイケル・フラットレーとジーン・バトラーがプリンシパルダンサー、ビル・ウィーランが作曲を担当したんや。アイルランドの作曲家Bill Whelanが、民族の歴史を川の流れになぞらえたケルト音楽をモチーフとした情熱的な音楽と、30人のダンサーによる現代的なアイリッシュダンスやタップダンス、フラメンコ、バレエ、ほんで生楽器やらなんやらの視覚的・音響的効果を組み合わせて作られ、息をもつかせぬ迫力の踊りや。観客は総立ちになり、ものどエライ拍手と歓声が会場を包み、ヨーロッパ中の視聴者に大きな衝撃を与えたんや。その噂は広まり、リバーダンスを見なかった人もリバーダンスを見たいちう要望が多かったようや。ほんでよーよー、アイルランドの伝統の更なる発展と他文化への影響を題材とした、2幕2時間のショーが実現されることになりよったんや。
わずか7分間のイベントを、2時間のショーにしはるにはかんたんではおまへんやったちうわけや。1995年2月、アイルランドの伝統的音楽とダンスに、フラメンコの踊り、民族舞踊、黒人ダンサーのタップダンスやらなんやら、いろいろな文化の融合を表現した作品が完成したんや。
「アイルランドの民族の歴史・移民の記憶と望郷」をテーマとしたリバーダンスは世界中で受け入れられたんや。にっぽんや韓国、中国でもツアーを行われたんや。

   ダンスの話
ひと休み、ひと休み