WCC ブレイク

1997.10〜1999.3

毎週日曜日昼に行われていた2丁目劇場のオーディションライブ
持ち時間2分の予選でネタをする約40組の中から上位5組がワチャCコンビと1対1の対戦をする。お客さん30人の判定により勝ったコンビが2週間後のWCCブレイク対戦までワチャCメンバーとして、WCCLIVEに出られる。
負けた方は予選からやり直し。

  

1998.02-06

1998/02/01
 
★予選ネタ
田中君の1万円
(結果 合格 2ポイント)
このネタ、面白かったです!!もう、すがさんの返事だけでクラクラするほど笑いました。やはり言葉のセンスが恐いほど素晴らしい!もう褒め称えても×2足りません。名セリフいっぱいで、センスの片鱗が一番垣間見えたネタでした。

★対選ネタ
喫茶店
このネタは、去年観て今までの中で一番面白いと思ってたネタなので嬉しかったです。出来はちょっと前の方が良かったかなという感じでしたが、(初めての対戦でしょうがないですよね)ネタの内容自体は変わらず最高でしたので、めちゃくちゃ私のツボに入りまくりました。
と言うわけでWACHACレギュラー決定

1998/02/15
 
★対選ネタ
遠足
これは、前回のブレイク,WCCでのネタ、田中君の1万円と同じシチュエーションでのコントでした。(先生と生徒)
すがさんはまたもやアホ笑顔だけど恐いくらいに突然辛辣な生徒を天
うじはらさんはちゃんと先生ジャージでビシバシ突っ込んではりました。
いつもの事乍ら台詞が素晴らしくツボつかれてばっかリなのですが活字にしてしまっても伝えきれないので(コント自体が異空間の世界でその中で台詞が成り立ってるという感がものすごくするので)観ていただきたいです。ただ個人の感想をいうと今までより突っ込みさんの台詞に気を使ってパワー倍にしてるなと思いました。だから前回のよりウケて無くても(確かに前の方が面白かったのですが)突っ込み強化というところが私的に(私つっこみの台詞が面白いネタって好き度ものすごく上がるので)またまたロザン度アップという結果になりました。。。

★判定時★
MCのナメリカさんがロザンさんに対して話されてる時観たまま感想でせめられたのですが
それが
「『ロザンでございます』って感じやな!」
「絶対ワイン飲んでるで。ワイン!」
という個人的に激笑発言をされてました。

1998/03/01
 
★予選ネタ
お父さんと明日受験の息子のコントでした。まぁここ最近2回のネタと比べると一般受けするネタではなかったと思います。ですがロザンさんは別にスタンスを崩すことなく世界を作り上げられて、いつも通りでしたよ。面白かったです。ひいきではなく私はホントに好きな世界なんです。。。。うーん。。。
1998/03/08
 
★予選ネタ
バイトの面接
(予選結果 合格 1ポイント)
以前一度やったネタなのですが、相変わらず面白かったです。出来は以前と比べると「前の方がちょっと良かったかしら」という感じなのですが(どこがというのでもないのですが空気が前の方がいい感じ。。ってこれ周りが騒がしいかったからかな・・)
まぁ何といわれようと、どこにも誰にもないロザンさんしか作り得ない世界があるのでこの世界を素晴らしいと思う気持ちはたとえ私が一人になっても譲れません。
アホキャラ(バイト志望)菅さんの心の全く込められてない笑顔(笑)と突拍子もない台詞、つかみどころのないキャラに対して時には笑いを倍にする解説ツッコミを入れながらちゃんと話にレールを敷いてゆく宇治原さん(面接官)。。もう空間が違う世界を見せてくれてると思います
確かに見た目普通だし動かないし地味ですよ。でもだからこそネタをちゃんと観て世界に入ったら、ないものが見えてくると思うのです。自分の頭(想像力)をつかって世界が広がるというか。
私はそういう所が(そういう事を客にさせてくれるネタを見せてくれるところが)たまらなく好きなのです。
観て素直に笑えるのもいいと思うのですがこういう世界も全くはなから拒絶せずに覗いてみると癖になったりして案外良かったりすると思うのですが。。。
1998/03/15
 
★予選ネタ
彼女が出来た
(合格:1ポイント)←なんで〜!?
このネタはじめて見ました。(新ネタ?)設定は二人が友達同志で、菅さんに彼女が出来てそれを彼女がいない友達の宇治原さんに相談するというものでした。今回も菅さんは思った事をなんでも口にする(言っていい事といけない事の区別がつかない)幼稚園児の様な情緒をもつ、でも言葉は思いっきり大人な悪魔の天真爛漫キャラでした。エセ笑顔から出される辛辣な言葉の数々はいつも乍らとても推敲されてて作り出された台詞で、一言一句聞き逃すのはもったいないという感じです。
彼女がいない設定の宇治原さんはめちゃくちゃ言われっぱなしなのですが(笑)全然負けヘン!という勢いで、でもしつこくなくてさらさらつっこんで話を引っ張って行くというあぁ、もう、良かったです。。
(これただの心の叫びやん(苦笑))
ネタの内容とか最高におかしい言葉とか紹介したいのですが、新ネタでしたらこれからまたされる機会が多々有ると思うのでネタばらし行為は控えます。。(あぁ、書きたい(笑))

★対選ネタ
田中君の1万円
これは前回挑戦者として対戦で出られた時にされたスペシャル秀逸ネタで、また観れて本当に嬉しかったです。
菅さんの悪魔のエセ笑顔キャラの生徒も宇治原さんのサクッとした先生も相変わらず色あせることなく素晴らしかったです。
台詞も追加されてる所があって、またそれがおかしくて、はまってしまいました。
でも前に比べるとちょっと・・空気が。。。(ってまた言葉に出来ないのですが)なんか会話に変な間がちょっと出来た所もあったりして・・でもその時の一発勝負だから出来が色々あるのは当たり前です。うん。
それにあえて言うならって感じであくまで私の感じなのでもう素晴らしかったのは言うまでもないという前提で。まぁ3回観てるし(笑)(なんか褒めてばっかりみたいなのででちょっと入れて見ました)
という訳で、結果は負けてしまいましたが、私の中ではいつもですが相手のストリークさんと比べてどうとかは全く思わなくて、ロザンさんが素晴らしかったからもうなにも言う事はありません。
うん。いいです。
でも現実問題、ワチャチャでのロザンさんが死ぬ程観たいのは確かなのですが。。

〜対戦トーク時〜
この日のMCはルー3さんだったのですが、多分ロザンとはじめて会われたんですかね。増田さんがめちゃ興味示してはりました。
「めっちゃ人気あるんちゃうん!ほらハーフみたい」と言って菅さんを前に出そうとしましたが、菅さんの足は前に動く事はありませんでした。前にでることなくさっさか帰られたその背中が格好良かったです。
で、対戦出場挑戦者がはけた後も増田さんのロザンへの興味は尽きることなく「このコンビ色良い!」とも言ってくださってて、ファンチェックを(客に挙手を求める)されました。で、ロザリストチェックだったのですが、私前にいたので人数確認出来なかったんですが、どうだったんですかね。とりあえずこんな感じで(どんな感じや)すごく取り上げて下さってて見てて嬉しかったです。

1998/03/29
 
★予選ネタ
兄弟
(合格:1ポイント)
これは初めて観ました。(と思う。。SABIKIで兄弟物の似たのはみたような。。。(笑))
設定は小さい弟と兄貴の夜のお話で宇治原さんがお兄さん菅さんが小さい弟の役だったのですが、相変わらず小さい弟さんの言うセリフが辛辣!!かつ最高!でした。特に次の日にお父さんの仕事の関係の人がお客さんで来るという話の所は個人的に大好きです。

◎対戦登場トーク時◎
前回防衛したときにMCだったナメリカさんがまたMCだったのでのっけからロザンさんに食いつきまくりでした。ロザンさんに対する意見がかなりシンクロしてて嬉しいというのもあるのですが今回のロザンさんの表現の名言は
「あ、ロザンだが。」って感じやな!
の一言には爆笑しました♪ホントに だが って感じ〜(笑)(笑)
なんか菅さんもメチャ笑ってました。

★対選ネタ
彼女が出来た
これ前回の予選でしてはったのですが、驚くことに前回の何倍も面白くなってました。
途中の会話のやりとりが増えていたのですが、増えてるのもどれも素晴らしくて一語一語がもう宝石のようです(私は真剣)すごい。絶対この世でこんなこんな世界とスタイルはロザンさんだけのように思います。それがあってるか間違ってるかなんて難しいことはよく解らないけど誰の真似もしてない誰も真似できないスタイル。それだけでもう私の中ではOKのような気がしているのです。なおかつ言葉が素晴らしいです。面白い言葉を羅列してるんじゃないんですが。。ロザンさんの生み出す言葉の数々が私の欲求に合いすぎてるのでしょうがないです。ホントにはまりすぎるんです。。困ったもんだ・・・
その言葉に連れられて普段使うことのない想像力が働くので最近使ってないあほな脳をちょっと動かせたり出来てるような気がします。

1998/04/12
 
★予選ネタ
虫けら兄弟(←ネタ中のセリフであるのです)
(合格:3ポイント(最高ポイント))
これ以前にされたネタですが、原形無いほどリメイクされてました。だから設定だけが一緒のネタって言う感じです。一言で言うとホントに凄すぎるとしかいいようがないです。
やっぱり言葉で笑わせてくれるのはあるんですが、キャラづくりにも最近重きをおかれてて、余計にはまり込める世界に。
設定は、お母さんがいないいじめられ兄弟なのですが宇治原さんがくじけてる兄、菅さんが突き抜けて打たれ強い弟で死ぬほど陰惨ないじめを満面の笑みでほいほいしゃべってるというすごい世界なのですが、引くなんてことなく笑いつづけさせてくれるのです。
笑わせにくいテーマでこんなに笑わせてくれるってホントにすごいですね。台詞の一言一句手をぬかず作られてて、観ててこんな一回でここまで出しちゃうなんてもったいない と思ってしまったのですが良く考えるとそんな心配無用な方々なので尽きることなく溢れつづけるのでしょうね。
台詞紹介ほんとにしたいです。
(だって動きで面白い部門じゃないからギャラリー成り立たないし(笑))
えっと最高ポイント合格記念でちょろっとだけご紹介(許して!)

僕ら生きてるんじゃなくて死んで無いだけやなぁ!

(↑これを菅さんの満面の笑みを思い出しながら読んで見てください(笑))
あと個人的に特に面白かったのはイジメを助けてくれない先生についてお兄ちゃんが聞いた時、先生が金持ちの生徒の服をハンガーにかけてたという表現がメランコはまりました。金持ちの生徒に媚うってるとかという直接的な表現じゃなくてほんとに練られた表現。。

★対選ネタ
お祝い
このネタはじめて見ました。期間限定タイムリーなネタだった様な気がします(笑)だってネタ中で宇治原さんの誕生日祝する所もあったんですもん。設定は友達同志で一人暮らしをしてる宇治原さんの所に菅さんが遊びに来るというものでした。相変わらず笑顔で鬼のような事を言いつづけるたまらなく素敵なせかいでした。
今回菅さんだけじゃなく宇治原さんもいつもよりキャラ付割り増しという感じでコント自体の素敵さも増してました。
ひたすら普通は口には出しちゃいけない本音を天真爛漫に言い放ちつづける菅さんと言われながらも返しがいつもよりパワーが有る宇治原さんの会話のやり取りは素晴らしかったですがね。。。自分で「友達少ないからパーティー出来ヘン」と笑いながらで言う人に自分のパーティーのビデオを渡す。。このやり取り面白過ぎました。

1998/04/26
 
★予選ネタ
外人
(結果 合格)
学校に留学生がやってくると言うネタでした。
その留学生に無茶苦茶する所がめちゃくちゃ面白かったです
1998/05/03
 
★予選
ネタ医者と患者
(結果 合格)
以前予選で一度観たことがありました。面白いと思っててもう一度観たかったので見れて嬉しかったです。でも対戦に出られなくて残念でした   

1998/05/17
 
★予選ネタ
コント:教育テレビの子供番組
設定は宇治原さんがテレビ観てる人菅さんが子供番組のお兄さんでした。
はじめてじゃないかしら、遠隔地ネタ(同じ場所にいないシチュエーション)
いつもと違った雰囲気でした。菅さんの登場もエセ人格爆発で(笑)
「ひろふみおにいさんだよ〜!」としっかりお兄さんしてはりました。
ではじまってから、合格音がなるまで私は。。。意識なくなるほど笑ってました。いやぁ、ほんとに降参するほどおかしかったです。。総じて「子供に何いってんねん!」という台詞を発しつづけるお兄さん。その言葉がいつも乍らセンス良すぎで、参りました。
というわけで当然対戦出場になりました。

★対選ネタ
コント:いじめられっこの兄弟
これ、以前予選でやって3ポイント取ったネタでした。
以前もご紹介したので内容は割愛させて頂くとして、今回の感想。
・・・あまりウケてませんでしたね(苦笑)
ブレイクのお客さんって私と同じで詰めて来てる人多いからかなぁ・・
でも面白いものは何回見ても面白いと思うけど・・・
なんか予想以上に大差ついて負けちゃったし・・・(まぁ3児さんも吐くほど面白かったのですが)
一度朝まで生テレビじゃなくて生ネットで何故ロザンは対戦に勝てないのか。というのを討論大会したい今日この頃なのですがどなたかお付き合い願えますか?(笑)
ほんとに私には理由が解りません。。一度でも上がればネタ披露1回で済むので防衛し続けられると思うのですが、毎度2回目の(対戦時の)客のひきさ加減って一体・・・という感じで。。。アハハ。すいません。愚痴っちゃいました。

1998/05/31
 
★予選ネタ
作文
弟がお兄ちゃんの事を作文に書いたのを読むという物でした。お兄さんが変な人でその変人ぶりを紹介するっていうのじゃなくてあくまで普通 な話が延々続いて行くのが逆にとても面白かったです。

★対選ネタ
修学旅行委員会
お二人が修学旅行の実行委員会で、話し合いで決めているという設定です。
最初の桃太郎の話がすごく面白かったです。後半は個人的に宇治原さんのツッコミの言葉が度々はまりすぎました♪

1998/06/14
 
★対戦ネタ
一人暮らし
6/10と同じネタでしたが途中かなり変えてはってすっきりしてました。でも最後の方はなんだか良く解らなくて6/10の方が良かったように思いました。10日の感想にも書きましたが新しい事や変わった試みをされたいと思った時って前はsabikiや(まぁランクダウンって言うのはあったけど)NSCの人だったらスタジオのドゥービーとかYORUYORUとかたくさんあったけど、今はそれを試す場所も今はないんですよね・・・一度ダメだと素人にされちゃうブレイクだけって言うのは辛い状況ですね。。。
1998/06/21
 
★予選ネタ
青年の主張
(結果 合格)
設定は菅さんが青年の主張をテレビでしてて宇治原さんが視聴者というものでした面白かったです。青年の主張で弁論をしてる学生が自分の言ってる論外な(笑)主張に自分で納得して黙って頷いてる所が一番面白かったです♪

1998/06/28
 
★予選ネタ
朝のHR
良かったです〜♪♪

★対選ネタ
教育番組のお兄さん
対戦ネタは教育番組のお兄さんでした
素敵すぎました。面白くないところがありませんでした☆ミあんまりこういう所で言いまくっても寒いのでやめますが(笑)

     

よしもと他劇場

stage
 

setstats