呪の海



 
足立 洋史木版画展会場風景
於:はやかわ創造空間『cocoroto』
平成25年8月3日〜8月25日





ご挨拶

本日は足立洋史木版画展「呪の海」に来場いただきまして、誠にありがとうございます。

 ここ数年、展覧会場での発表を続けるうち、自発的な製作である筈の作品が義務感による作成へと自分の中で意義の変換がなされてしまったような気がしていました。そんな気持ちを打ち捨てるため、今回は点数を絞り込み、自由で大きなエネルギ−を描きたいという思いのもとに5点の連作を作成いたしました。そんな思いが、作品に表れているかどうか、「絵の大きさ」といった、表面的なものを越えて、描ききれているかどうかをご鑑賞いただければと思います。単品「木花咲耶姫」はこの先1〜2念掛けて発送を膨らませ、一連の作品に仕立てようと思っています。乞うご期待。

 拙くはありますが、「百年経っても、百篇眺めても色褪せないもの」を目指して制作を続けてゆきたいと思います。

 ご意見等頂ければ幸せに存じます。

 

201383

足立 洋史




     





  


数多くの方に、また、遠方よりわざわざお越しいただきまして有難うございました。
皆さまのおかげをもちまして、無事会期を全うする事ができました。
貴重なご意見を作品の糧に、これからも制作を続けてゆきたいと思います。


E-MAIL

Topへ



●木版画ギャラリ−    ●流木人形ギャラリ−    ●その他の作品   ●想画集

はやかわ創造空間『cocoroto』のブログ