Counter
Bボートの漕ぎ方

漕ぐ動作を分けると、キャッチ、ストローク(ドライブ)、フィニッシュ、ハンズアウェイ、フォワードと分けられます。ボートの漕ぐ動作は単純なように見えますが、いかに水をうまくつかんで、抵抗となる無駄を減らし、艇を速く進めるかは、実は難しく、奥が深いのです。↓では、動きを詳しく説明していきます。↓

キャッチ   

ひざを曲げ、腕を伸ばした状態で、オールを水につける。できるだけ遠くの水をつかむようにする。でも前かがみになりすぎるのもダメ。深さはブレード1枚分くらいで深くなりすぎないようにする。


ストローク  
水につけたオールをキャッチのときの一定の深さのまま引く。

まず力のある脚をフルに使う。推進力の大部分は脚の力。だんだん速く加速する感覚をつかもう。このとき背筋に少し力をいれ、上半身の角度を一定に保つ。

脚で漕ぎきったら、上体、最後に腕を使って漕ぐ。
腕を使うころはかなり速くなっている。

フィニッシュ 

体の方まで引ききったオールを水からすばやく抜く。このときいちばんスピードが出ているので、スピードを殺さないようにする。


ハンズアウェイ 

脚は曲げず、腕、上体の順に、オールを前に戻す。フィニッシュから一連の動作ですばやく行う。


フォワード  

次のキャッチの位置までゆっくりひざを曲げて、前に戻る。オールは水につけず、宙を浮かすのがよいので、左右のバランスが難しい。


全体的には、それぞれの動作を滑らかにつなぎます。抵抗になる無駄な動作をできる限り少なくし、バランスを保ち、リズムが崩れないようにします。ボートを漕ぐにはリズムを合わせることも大切です。みんなで動作をあわせることにより、水にうまく力を伝えられます。


  Cボートの魅力           ボートとは?に戻る

戻る