真冬のいきもの

水棲昆虫
真冬(まふゆ)になり、雪のふる日がやってきました。
こおりが、いちにちづつ厚く(あつく)なってきました。
ため池にすむいきものたちは、ほとんど動かずにじっと春をまっています。

真冬(まふゆ)のため池のようす
しゃしん-1 せつめい しゃしん-2 せつめい

真冬(まふゆ)のため池

ため池の表面(ひょうめん)

外のすいそうのようす(よこからみたところ)

サナエトンボのようちゅう(ヤゴ)

こおりづけのギンヤンマのヤゴ

こおりづけのギンヤンマのやゴ
氷(こおり)が張(は)るような水の中にもいろんな昆虫(こんちゅう)が
います。エサはすくなくなってきても、そのまますみかをかえないものや
タガメやコオイムシなどは近くの湿(しめ)った石やかれくさのしたなどへ
ばしょをいどうして冬をこします。

とうみんちゅうのタガメ

コオイムシ

ゲンゴロウ

タイコウチ
そのほかのいきもの

ドジョウ

アメリカザリガニ
ドジョウやフナなどはあまり動(うご)かず、水のそこやどろのなかにもぐって
います。アメリカザリガニはたんぼやみぞにあなをほってその中で春(はる)を
まちます。


その他 >>>>>
黒瀬川恋詩

ラプソディ〜

里山大学
Link 64-Prodactions Jinen-juku Satoyama.univ
Coment 昆虫プロダクション 黒瀬新吉の自然教室 里山について考えよう!

Copyright 2008 Roku-mushi Productions .



since.1996 ADリンク