西日本最大級のシステム農場「花の海」は山陽小野田市埴生にあります。15,7ヘクタールの敷地の中には、サッカー場3面分の広さの温室.のなかでは有機肥料をメインに栽培した減農薬のイチゴが栽培されています。いちごやブルーベリー狩りもでき、夏には70万本のヒマワリが咲くひまわり畑が開園されます

  • ハウス型農場体験&交流施設

  • 苗売場・ブルーベリー農園への入口


施設内では、地元野菜の直売コーナー、売店、食堂&カフェスなどがあり、ガーデニング用品や雑貨なども販売

温室の中では、可愛い鉢植えの花が売られています


施設を出ると小さな牧場があり、海ちゃん、ベリーちゃんの2匹のヤギや黒豚がいました。ポーチュラカの花の後ろにはいちごハウスが広がります

  ブルーベリー狩り(6月中旬〜8月末まで)やいちご狩り(11月上旬〜5月下旬まで)のほかにオクラ、ナス、ピーマン、サツマイモ、ジャガイモなど季節野菜の
  収穫体験も出来るそうです

ひまわり畑の入口です。第一段のひまわりはもう咲き終わっていましたが第二段のひまわりはいま見ごろを迎えていました。入場は無料です


ひまわり畑の中には、人が入ることが出来るほどの小道があり、そこが撮影のポイントです


70万本のひまわりが一斉に咲けばすごい光景になることでしょう!広大な土地は手入れも大変でしょうが、もう少し雑草が少なければ・・・・もっと感動できたことでしょう。酷暑のなかでもたくさんの人が訪れていて、イタリアンカフェは大盛況ですごい行列でした  (2016年8月11日)