タイトル 32 御花畑
場所 チベット ギャンツェ郊外
コメント チベットの春?と言いたくなる様な御花畑が広がる。
タイトル 31 高原のソラ
場所 チベット ギャンツェ郊外
コメント チベットのソラはとにかく大きくて高い。
タイトル 30 鳥葬場
場所 チベット ギャンツェ郊外
コメント かつて鳥葬場として使われていた丘。蒼いソラが美しい。
タイトル 29 チベット僧3
場所 チベット ラサ郊外
コメント 同場所にて。
タイトル 28 チベット僧2
場所 チベット ラサ郊外
コメント 臙脂の法衣と緑の草原、青いソラ。
タイトル 27 チベット僧1
場所 チベット ラサ郊外
コメント コルラをするチベット僧。敬虔というよりも楽しげに散歩を楽しんでいた。
タイトル 26 ガンデン寺
場所 チベット ラサ郊外
コメント ラサ近郊のチベット寺院。標高4000m以上の高地にあり、天空の寺院。
タイトル 25 デプン寺
場所 チベット ラサ
コメント チベット仏教の寺院がチベットの青い空に映える。
タイトル 24 チベタン住宅
場所 チベット ラサ
コメント 都市に住むチベタンも伝統様式の飾りを屋根につける。
タイトル 23 路地裏
場所 チベット ラサ
コメント ラサの旧市街は細々した路地が今も残る。かつて遊牧民だったチベタンが都市生活を送る。
タイトル 22 マニ車と少年
場所 チベット ラサ
コメント チベットの少年もマニ車を回す。
タイトル 21 マニ車
場所 チベット ラサ
コメント チベット仏教の特色のひとつでもあるマニ車。中にお経が入っていて回すごとにそれを唱えたことになるというお手軽修行グッズ。
タイトル 20 朝のお参り
場所 チベット ラサ
コメント チベット仏教の総本山のひとつジョカン寺。朝からチベット人が熱心にお参り。体を地面に伏す五体投地を行っている。
タイトル 19 ポタラ宮近景
場所 チベット ラサ
コメント ポタラ宮を背後から撮影。どこから見ても画になる建物。
タイトル 18 ポタラ宮遠景
場所 チベット ラサ
コメント 秘境、チベット・ラサも今は昔。中国化と都市化が進んでいる。ちなみにこの大通りの名前は北京西路。

↓↓旅行記はこちら↓↓

タイトル 17 ポタラ宮
場所 チベット ラサ
コメント 主であるダライラマ14世のいないポタラ宮。内部は一般公開され博物館のよう。彼がここに戻れるのはいつの日か。
タイトル 33 自然と人と。
場所 チベット オールドティンリ
コメント チベットの自然は大きくて厳しいが、それと共存する人たちもいる。
タイトル 34 チョモランモ
場所 チベット エベレストBC
コメント チベット語ではチョモランモという。言わずと知れた世界最高峰。雲の衣を纏う。
タイトル 34 タルチョ1
場所 チベット オールドティンリ近郊
コメント 峠などの場所にチベタンは色とりどりの旗=タルチョをつける。地平線に伸びる鮮やかなタルチョ。
タイトル 34 タルチョ2
場所 チベット ネパール国境近郊
コメント チベット高原最後の峠。タルチョを見て、これからの旅の安全を祈願する。