高城川

高城川は吉田川サイフォンから松島湾まで流れており、新しく河床を開削したり、既存の河巾拡張をした人工的な河川です。
現在の高城川の下流の一部の前身は自然に流れて松島湾に注いでいた川で浦川と呼ばれていたそうです。

元禄年間に品井沼からの排水を目的に北部上流は穴川という川を新しく排水路として開削し、南部下流は浦川に直結する
工事が行われました。
さらに
明治時代にも品井沼からの排水を目的に北部上流は高城川という川を新しく排水路として開削し、
南部下流は既存の穴川と浦川の合流点までの開削を行い、現在の河川フローは下図のようになっています。

高城川の河川概要は次の通りです。
      (出典: 高城川説明板(設置場所:明治潜穴穴尻広場)
      流路延長 7.4k m
      流域面積 29.8 ku
      河床勾配 1/4,000〜1/5,000

水系標柱写真説明図

高城川説明板
(設置場所:
明治潜穴穴尻広場)

河川法上の水系の呼び方では
高城川本流は2級河川高城川水系高城川と呼び、上流端は吉田川サイフォンの下流出口になります。
吉田川サイフォンの上流は高城川水系鶴田川、吉田川サイフォン出口の下流で分岐して支流となる
穴川は高城川水系穴川となっています。

一方
吉田川改修に際して、吉田川は鳴瀬川の支流として扱われ1級河川鳴瀬川水系吉田川となっております。
鶴田川は下図の「水系標柱写真説明図」の標柱(赤文字)の様に「鳴瀬川水系鶴田川」と記名された標柱が残っていることから
かって
吉田川改修当時は鶴田川の水系は現在の水系表示とは違っていたことが伺えます。

水系標柱写真説明図

河川フロー図

高城川左岸の桜並木道