mar-pa fan site

資料募集中

 

message archive picture+data disc video schedule index pick up


松尾泰伸(Keyboard Compose.Tapes)
「あついオヤジ」と呼ばれながらもソフィスティケートされたメロディラインを生み出す、mar-paのリーダーにして最も重要なコンポーザーである。3歳の頃からオルガンを弾き初めて以来キーボード一筋。ガムラン・ミュージシャンや舞踏家等との交流も深く、邦楽器とのセッションも天下一品。1958年和歌山県生まれ堺市在住。大阪芸大音楽学科卒。

中村岳(Electronic&Acoustic Percussion)
デジタルエレクトロニクスを駆使した彼のサウンドはセカンドキーボードの域に達している。そのアイデアもさることながら、情感を唄うように叩き出す卓越したドラミングで聞くものを常に魅了させる優れた、そしてニュー・タイプのパーカッショニストである。現在CHUNK HILLS CHILDRENほか5つのバンドでも活動中。1958年京都生まれ枚方市在住。姫路工業大学卒。

吉田匡(Drums,Compose)
マーパのもう一人のコンポーザー。15歳で天才ジャズ・ドラマーと称された彼は、素晴らしいキーボードプレーヤーでもある。また、ベース、アコースティックギターも巧みに演奏し、ボーカルと作詞もこなすまさに多くの爪を隠した鷹。ジャンルにこだわらず、いいものなら自分ができる様々な手段を使って参加するという言葉にも一処に収まり切らない彼の才能のパワーが感じられる。1962年大阪生まれ豊中市在住。大阪芸術大学卒。

鍛治俊彰(Percussion)
アジアの理解に関しては他のメンバーの追随を許さないと言われる人物。カエルフェイスのマラカスから東南アジアや南米の民族楽器、そして西洋のオーソドックスな打楽器含め約18種類のナリモノを操る。快楽を自由に得ることができるようになるのが夢と語るエビキュリアン。昨年は朝日放送の「LIVE KING」で吉田氏と共に審査員も努めた。1963年宝塚市生まれ箕面市在住。近畿大学卒。

岡尚史(Bass,Cimball)
マーパの最も新しいメンバー。ベースへのこだわりは他の追随を許さず様々なタイプのベース研究に余念がない。そのこだわりが4・5・6弦と曲によってマルチフルにベースを使いこなし、さらにアップライトベースも難なくこなすマーパの屋台骨としての実力を生んでいる。現在、則竹裕之(T-SQUARE) BANDはじめ3つのバンドでも活躍中。1961年京都生まれ京都市在住。大阪芸術大学卒。