おもしろ科学手品講座

メニューへ戻る

遠心力ハンガー回し ・・・

講座指導:諫早市多良見町 子ども科学てじな講師 田浦 和憲

 

【 材料 】 はりがねハンガー 10円玉 紙ヤスリ
 
【 つくり方 】 
   はりがねハンガーを縦(たて)方向に引き伸ばします。
 取っ手部分が下になるようにぶら下げたときに、10円玉が乗せられるように先端(せんたん)を水平にしておきましょう。
 乗りにくい場合は、取っ手の端のビニール部分をはがし、針金を表面に出して紙ヤスリで磨(みが)くと良いですよ。

【 あそび方 】 
 
   ハンガーの端に指を入れて、取っ手部分に10円玉を乗せます。
 ハンガーを整形しながら、全体を安定させましょう。
 これだけでもお友達はけっこう驚(おどろ)いてくれます。

 10円玉が確実に乗ったら、少しハンガーを左右に揺らしてみます。
 乗せただけの10円玉なのに揺らしても落ちないでしょう。
 揺れをだんだん大きくしていっても、10円玉はなかなか落ちません。

 
   これはジェットコースターなどで感じる「遠心力(回転する物体には中心から遠ざかる方向に力を感じる。)」が働くためなのです。
   自信がついてきたら、一気にハンガーをぐるぐると回転 させてみましょう。
 まさかそんな。落とさずに回すことなんて出来そうにありませんが、何度か練習してください。
 うまく遠心力を利用して、1回転に成功したときの感動は、やった人にしかわかりません。

 落とさずに何回転まで10円玉が持ちこたえるか、お友達と競争してください。


注意 10円玉が飛んでいっても大丈夫なように、広い場所で実験すること。

もっとくわしく知りたかったら 「かんたん不思議 100円グッズ実験&マジック」 第89ページ 福井広和 著 主婦の友社 \880

 

  手品メニューの一覧へもどる
069/081