セントエルモの火 ジャンル:純文学・ファンタジー 原稿用紙184枚 2011年執筆

――人は、自殺を選択した時に、ある「光」と遭遇する。

  その光はその人間の「来世」の姿となって現れ、自殺者に転生を伝えていく。

  ここに十二回自殺を繰り返し、輪廻転生を繰り返し続けてきた少年がいる。
  



1    −アマミヤ−


2    −小晴−


3    −エピローグ−



あとがき