木次線の三段式スイッチバック

広島県の備後落合駅から島根県の宍道駅までを結ぶ木次線の内、三井野原駅〜出雲坂根駅間に三段式スイッチバックがあります。

厳しい勾配を昇り降りするためのスイッチバックは、日本では、

(※勾配の途中に駅を設けてスイッチバック方式にしているものは除く。)

 

特に出雲坂根駅から三井野原駅間では、「三段式スイッチバック」以外にも、「延命の水」、「三井野大橋」、「奥出雲おろちループ橋」とみどころがたくさんあり、さらに「道の駅」でお土産を買ったり、出雲そばなども食べたりすることもできますので、行ける機会のある方には是非お勧めする場所です。

 

大阪方面からこの場所に来るには、次の方法が考えられます。 

1.山陽新幹線で岡山まで行き、次に伯備線に乗り換え新見まで行った後、さらに芸備線で備後落合まで行った後、木次線で三井野原まで行く。 

2.山陽新幹線で岡山まで行き、次に伯備線に乗り換え、米子を経由して宍道まで行った後、木次線で出雲坂根まで行く。 

3.阪急高速バス・中国高速バスで新見又は東城まで行き、芸備線で備後落合まで行った後、木次線で三井野原まで行く。 

4.自動車で中国縦貫道路で東城インターまで行き、国道314号線で備後落合を経由して、三井野原まで行く。 

 

三井野原〜出雲坂根間の線路の状況を示す図です。(出雲坂根駅構内に掲げられている案内板)

三井野原〜出雲坂根間は6.4kmの距離で、161mの高さを昇り降りします。

この案内板には「三井野大橋」、「奥出雲おろちループ橋」は紹介されていません。(橋が完成した平成4年以前のもののため)

 

スイッチバック下りのアニメーション(車庫付近から出雲坂根駅まで)

スイッチバック上りのアニメーション(出雲坂根駅から車庫付近まで)

(※アニメーションがうまく表示されない場合には、こちらから、木次線の三段式スイッチバック→アニメーションを選択してください。)

 

三井野原駅

三井野原駅は、中国山地のど真ん中(分水嶺)にあり、JR西日本で最も標高が高い駅で、標高726メートルの位置にあり、周りにはスキー場などもあります。

三井野原駅は無人駅になっており、列車の中で整理券を取って、運賃清算する方式になっています。

いま、三井野原から坂根駅に向かう列車は、臨時列車を含め1日4本しか出ていませんので、乗るのも大変です。(三井野原発、9:4212:5114:3218:05

乗車した列車は、備後落合発―出雲横田駅行の普通ディーゼル車(キハ120形気動車0番台(ロングシート座席仕様)1両編成)で、三井野原駅〜出雲坂根駅(6.4キロメートル)を乗車しました。

三井野原駅出発1449

発車して間もなく、「第八坂根トンネル」をくぐると進行方向左手は断崖絶壁で、その先には「三井野大橋」(長さ303メートル、高低差105メートル)という大きな赤い鉄橋が見えてきます。(進行方向左方を撮影)

 

続いて、「三井野大橋」の先に「奥出雲おろちループ橋」(二重ループ橋、全長2,360メートル、区間標高差105メートル)というコンクリート製のループ橋が見えてきます。ディーゼル車はこのループ橋の外周を回るように走っていきます。(進行方向左方を撮影)

 

多くのトンネル(計8こ:第一〜第八坂根トンネル)をくぐり、ディーゼル車は出雲坂根駅方向に進んでいきます。

やがて、左手下方(杉林の向こう側)に出雲坂根駅が見えてきます。ディーゼル車は出雲坂根駅を横下に見ながら、更に先に進んでいきます。(進行方向左下方を撮影)

 

車庫(1回目のスイッチバック箇所)

しばらく(約1kmぐらい)走っていくと前方に車庫が見えてきます。(進行方向前方を撮影)

 

ディーゼル車は、車庫をくぐり、くぐり抜けると停車します。前方を見ると線路がなくなっています。(進行方向前方を撮影)

 

1回目のスイッチバック

ここで運転手は運転席を後方側に変えます。そして、ディーゼル車は先程とは逆方向、つまり後方へ進行しはじめます。(進行方向前方を撮影)(1回目のスイッチバック)

 

ディーゼル車は車庫を再びくぐり、ポイントで下方向へ進み、出雲坂根駅方向に進みます。

 

出雲坂根駅着

しばらく(約1kmぐらい)走ると、やがて前方に「出雲坂根駅」が見えてきます。「出雲坂根駅」ホーム(2番ホーム)に到着そます。前方を見ると再び線路がなくなっています。

 

2回目のスイッチバック

2つめのスイッチバックは出雲坂根駅構内で行います。出雲坂根駅で運転手は再度運転席を後方に変え、逆方向に動き始め、八川駅方向に進んでいきます。1503

 

出雲坂根駅及びその周辺

出雲坂根駅は標高565メートルの位置にある駅で、周辺には「延命の水」が湧き出ています。多くの人がポリタンクを持って来て、この水を汲んでいます。

 

奥出雲おろち号(木次〜備後落合間運転)

出雲坂根駅構内及びその周辺には、「延命の水」という湧き水が出ています。

(おまけ)三井野大橋を展望台から撮影した風景。

三井野大橋から第八坂根トンネル付近を見た状況

三井野大橋から出雲坂根駅付近を見た状況

番外編