稚内身体障害者相談員&地域相談員


 

平成26年4月1日から亀井は「稚内身体障害者相談員&地域相談員」になりました。

 

☆身体障害者相談員とは

身体障害者相談員は身体障害者が日常生活を送る上での様々な相談に応じ、更生に必用な援助を行う役割です。

日常生活用具の給付、ホームヘルパーの派遣、更生医の給付、デイサービスなど、必要としている福祉サービスを受けられるように援助して、福祉事務所などとのパイプ役になること、身体障害者の社会参加に関する地域活動や、行事の実行、身体障害者に対する地域住民の理解深める啓発活動、公的機関に必要な現場の情報を提供することなど様々な業務があります。身体障害の種類はさまざまにあり、その種類に応じた福祉サービスや施設があり、幅広い知識が必要とされます。

療育、就職、就学など相談内容も多岐にわたり、地域ボランティアとして、重要な役割を担っており、地域住民から頼りにされる存在です。

 

ひとりで悩まないで、ご相談下さい。

 

☆地域相談員とは

障がいのある方々にとって身近な相談窓口であるとともに、市町村における相談支援と地域づくり委員会とをつなぐ役割

 

地域で暮らすのに悩みがあったら相談下さい。

 

私の事を知っている方は、声をかけて下さいね!

 

※お問い合わせ先※

・稚内市役所 福祉課

.23-6453

・稚内市基幹相談支援センター

.23-6550


稚内身体障害者福祉協会


 

亀井は稚内身体障害者福祉協会の事務局長になりました。

 

☆稚内身体障害者福祉協会とは

市内に在住する身体障害者の福祉の向上、増進を図り、協会員相互の連携と、その援護に必要な事業を行い

自立と社会参加の促進に寄与しております。
また、福祉関係機関の事業協力や、健常者への理解を深めることを目的に活動する組織です。

 

協会会員になって盛り上げて行きましょうよ!