花 の 不 思 議

 

 

      

         

 

道端で見つける草花は、誰も種をまいていないのに、毎年同じ場所で咲いています。

野草や雑草の花は、小さくて可憐な花ばかりです。

人が手を加えた花は大きく、色鮮やかな花びらを咲かせます。

道端で見つけた「花宇宙」

そんな、不思議な身近な花の世界です。

 

■ カタバミ

直径1cmみ満たない可憐な花びらが、葉をバックにまるで宙に浮いているようです。

迷惑モノの雑草もこうしてみると素敵な「花」ですね。



鮮やかなオレンジ色がまぶしいくらいです。



■ フゲンゾウ

葉化した雌しべが普賢菩薩が乗っていた「像」の鼻に似ていることから、

その名がつけられました。里桜の一種です。八重に重なる花びらが重たそうです。

 

■ フジ

「藤色」とはこんなに上品な色だったんですね。



■ ツバキ

花びらの重なりと紅の色合いが感動的です。



■ アブラナ

春真っ盛りには、もう菜種が膨らんでいました。ナノハナ・ナタネ・アブラナ。

アブラナが正式名だそうです。菜種が膨らんでくると、春も終わりです。



■ ノアザミ

春の畑の畦道で、今にも咲き出しそうな蕾をみつけました。



■ フジ

「たわわ」に咲いた藤の花。



■ ツツジ

「鮮やか」というより、「艶やか」という褒め言葉が似合いそうです。



■ ラン

 

淡く鮮やかな対比の調和が美しい花です。(切花)



■ カラスノエンドウ

 

こどもの頃に「シービービー」と呼んでいました。豆の鞘を口にくわえて吹くとそんな音がしました。



■ ヘビイチゴ

花の中心部にイチゴができかけています。



■ ヤマブキ

七重八重 花は咲けども 山吹の みのひとつだに 無きぞ悲しき。

と詠われた花です。これは一重の種類です。



■ レンギョウ

南国を思わせる、明るい黄色が春の到来を告げています。



■ コブシ

この花も、パッと咲いてパッと散ります。



■ サクラソウ

とっても春らしい花です。道端が明るくなります。

 

■ ソメイヨシノ

 

ほのかな桜色がさりげなく匂っています。

 

■ コデマリ

 

手毬のように丸く花をつけます。

 

 モッコウバラ

 

バラの仲間とは思えない花びらの形です。

 

■ タンポポ

 

カントウタンポポがセイヨウタンポポに侵略されています。

 

■ タンポポの綿毛

 

きれいな綿毛は今から旅立ちます。

 

■ アジサイ

 

この大きな花びら様のものは、ほんとうはガクヘンなのです。

 

■ アジサイの花

 

ガクの真ん中にかわいらしい小さな花が咲きました。

 

■ 白いアジサイ

 

珍しい白いアジサイを見つけました。

 

■ アジサイの芽吹き

 

かわいいアジサイの赤ちゃんが産まれました。

 

■ ナガミヒナゲシ

 

地中海原産のヒナゲシは、アルカリ性の舗装道路端が大好きです。

酸性の野原ではあまり見かけません。電信柱の傍に咲いています。

 

■ スズラン

 

その名のとおり小鈴が綺麗に並びました。

 

■ チューリップ

 

雌しべがとても太く力強い花ですね。

 

■ ネギボウズ

 

花ではありませんが・・・ 野菜もちゃんとオシベとメシベがあって受粉しています。

長ネギの花です。

 

■ ポピー

 

ぐるっと巻いた花びらが可憐ですね。

 

■ オオジシバリ

 

地面を縛るように広がる雑草です。

 

■ ヘラオオバコ

 

開いた雄しべが宇宙的です。

 

■ オオイヌノフグリ

  

かわいらしいコバルトブルーの花が野原一面に咲いています。

 

■ スイセン 1

暖かい陽差しで水仙も明るくなりました。

 

■ スイセン 2

奥の方に小さなメシベとオシベが見えています。

 

■ 早咲きのサクラ

3月23日。一足先に小さな木は満開です。

 

■ ツバキ 1

幾重にも重なった花びらが芸術的ですね。

 

■ ツバキ 2

春の陽に向かう椿の花。



■ ツバキ 3

開き始めたばかりの花弁からは、初々しさを感じとれます。 

 


■ バラ 1

娘が小学校の卒業式でいただいてきました。(切花)

 

■ バラ 2

春らしい色彩ですね。(切花)

 

■ ハクモクレン 1

鮮やかな白が春の空に溶け込んでいます。

 

■ ハクモクレン 2

白い花びらが天に向かっているようです。

 

■ サクラ 1

シダレザクラでしょうか?3月26日で満開です。

 

■ サクラ 2

少しよってみました。

 

 マダラモモ 1

「まだら桃」は、一本の木に白とピンクの花を咲かせます。

白い花びらにピンクが入っています。

 

 マダラモモ 2

「桃色」とはこの色なのです。

 

 マダラモモ 3

同じ枝に紅白の桃が咲きました。

 

 マダラモモ 4

全容を見て驚きました。一本の桃の木で二倍楽しめます。

 

 シダレザクラ

枝垂桜はとても繊細な桜です。

 

■ ナノハナ 1

春真っ盛りの日差しを受けて黄色が黄色に溶け込んでしまいそうです。

 

■ ナノハナ 2

 これから咲き始める小さな蕾・・・

 

■ ナノハナ 3

朝陽の逆光に向かって少し無理をして撮ってみました。

 

■ ナノハナ 4

近づいて見ると小さな花びらは独特の形をしています。

 

■ ナノハナ 5

菜の花が主演。助演も菜の花。菜の花畑は一面に黄色の世界を演出しています。

 

■ モモ

鮮やかな「桃色」を朝の光の中に見つけました。

 

■ ナノハナ 6

 黄色の中に溶け込む黄色です。

 

■ ナノハナ 7

菜の花って本当は野菜なんですよね。

野菜の花って素敵です。

 

■ ナノハナ 8

大きな画像サイズでお見せしたい菜の花です。

 

■ フジ 1

 藤棚にきれに並んだ、「下がり藤」です。

 

■ フジ 2

スイートピーと同じマメ科の植物です。

手を合わせたような花びらは、マメ科特有のものです。

 

■ フジ 3

きれいな「藤色」ですね。

 

■ ハナミズキ 1

朝の低い陽に照らされて花も葉も透きとおって見えます。

 

■ ハナミズキ 2

新緑の葉とかわいいピンクの花びらが爽やかですね。

 

■ タンポポ

田圃の用水路の土手で、たくさんの「綿毛」が旅立とうとしていました。