花 の 不 思 議

 

 

       

       

 

夏の花はどうして情熱的なのでしょう。

日差しが強いからでしょうか。

それとも・・・

 わたしたちの気持ちを映しているからでしょうか。

旅の道端で見つけた「花宇宙」

そんな、不思議な身近な花の世界です。

 

■ ヒマワリ

 

やっぱり夏はこれですね。明野村にて。



■ ヒマワリ畑

 

夏雲の向こうは八ヶ岳です。



■ 花馬車

 

山盛りの花で花壇になってしまいました。

 

■ 

 

高原の強い日差しに映えるBlueです。



■ アザミ

 
ハイジ村の庭園にさりげなく咲いていました。



 

ハイジ村の花壇に咲いていた燃えるような花。ケイトウかサルビアの一種かな?



■ 清泉寮の庭

 

清泉寮のガーデン。爽やかな高原の風が吹いてきました。




■ 朝顔の蕾 

 

この蕾は明日の朝には大輪となって咲く。開花直前の蕾も美しい。




■ アサガオの雫

 

咲いたばかりの花びらに雫が落ちてきました。



■ アサガオ

 

蕾の時は赤紫だったのに、咲くと綺麗なブルーになりました。


■ 雨上がりのアサガオ

水滴の小粒が宝石のように光りだしました。

 

■ オニアザミ

妙高高原のアザミは鮮やかにみえます。空気が澄んでいるからでしょうか?

 

■オニアザミ

明日には花開くのでしょう。

 

■クローバー 1 

 

小さな可憐な花です。私が生まれて初めて見た花でした。

 

■クローバー 2 

6月半ばに咲いたクローバーの花に、お客様がやってきました。

 

■ビワ 

 

おいしそうな枇杷がたくさん!でも、よそのお宅です。残念!

 

■アジサイ 1  

6月下旬、終りに近い紫陽花に花が咲きました。

 

■アジサイ 2 

ちゃんと、雄しべと雌しべがあります。

 

■ブラックベリー 

 

梅雨が明ける頃には、赤い実も黒くなって食べごろになります。

 

■ヒマワリ 

 

この花が咲かないと、夏が始まりませんね。

 

■カルドン 

 

キク科のアザミによく似た拳ほどの大きさの花です。巨大なアザミといった印象です。